« 初詣 | トップページ | おしょうがつ »

2010.01.01

叔父の賀状

新しい年が明けた。

身の引き締まるような、清々しい元旦である。


今年も、たくさんの年賀状を頂いた。

手で描いたのかと思われるような、いいタッチのものがある。
長くお会いしていない友人からは、近況を報せて下さるものが多い。


中で、叔父の年賀状には、少し心細さを覚えた。

やや生成りの、官製でないハガキが使ってある。
上四分の一ほどに、赤字に黄色い張り子の虎が描いてある。
下六分は、達筆で近況が書かれており、落款があった。いつもの叔父の手は少しも衰えてはいないが、「私共も齢を重ねて、(中略)遠出は、もう出来ません」とあった。

「年よりも老化が早いのよ」と、叔母が電話で話したことがある。


母の弟であるこの叔父には、幼い頃より随分と可愛がってもらった。叔父と同じ仕事を選んだのも、大好きだったあこがれの人に近づきたかった思いからだ。

「本が好きになったのは、お兄ちゃんのおかげ」
いつぞや訪れたときに話したら、叔父も叔母も非常に喜んでくれたっけ。
夏休みに祖父母の家に行くたびに、町(郡上八幡)へ出て本を買ってきてくれた叔父であった。

やや感傷的になってしまった、新年の朝である。



|

« 初詣 | トップページ | おしょうがつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/47174163

この記事へのトラックバック一覧です: 叔父の賀状:

« 初詣 | トップページ | おしょうがつ »