« 煮抜き、なんば、かしわ | トップページ | 朝青龍 引退 »

2010.02.03

「食の関西ことば」を守ろう

昨日書いた、煮抜き、なんば、かしわ関連で。

この10個の言葉のうち、今もよく使っているのは「ミンチ」くらいだろうか。

言葉としては、いずれも知っている。ただ、
「なんば」というのは、自分では使ったことがない。
「ごんぼ」も、京都に住んでいた子どもの頃に聞いていた。

「ばらずし」「かしわ」「かぶら」なども、いつの間にか使われなくなっていたような。

第一、スーパーやコンビニをはじめとして店の食品表示は、

[ゆでたまご・ごぼう・ちらし寿司・鶏肉・さしみ・かぶ]だから。

「もみない」というのは、奈良の友人が使っていた。
「あじない」というのは、京都の頃は当然のように使っていたが、大阪へ来てからはあまり聞かなかったような。単に「まずい」というのとは違う、文字どおり「味がない」感じ。

ミンチについては、新聞記事のように今でもあまり挽肉とは言わないだろう。

関東炊きは、子どもたちの通っていた学校で、これと引っかけたお祭りがあった(今もある)ので、そういうものかと通っている子どもたちは思っているだろう。

意識して使っていくというのも、面白いかもしれない。



|

« 煮抜き、なんば、かしわ | トップページ | 朝青龍 引退 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/47470949

この記事へのトラックバック一覧です: 「食の関西ことば」を守ろう:

« 煮抜き、なんば、かしわ | トップページ | 朝青龍 引退 »