« アホ鉄のつぶやき | トップページ | いいお天気 »

2010.05.26

高い技術を

今日聞いた点字利用者の話で、心に残ったこと。

ボランティアが作る点字の質の悪さに困っているという話だ。

中身が、間違いが多く本心ではもう要らない。しかし、「せっかくボランティアで製作して下さったもの」だから、捨てるわけにはいかないというのだ。
点字本は、かさばる。そのスペースを空ければ、(点字)楽譜が何冊か入るのにと、なげいていた。


「捨てる技術」的に言えば、高価だったもの、思い出のもの、誰かにもらったものは、処分しにくい。
しかし、頂き物は「頂いた」その時点で役割を終えている。
と、バッサリと切って捨てるのが、コツだろう。

しかし、ボランティアが一生懸命作ってくれたものはそうはいかない、というのも理解は出来る。


そこで、関連して。

よく被災地や難民へと、古い衣類を寄付する方がいらっしゃる。
最近では、古着お断りというところも多いようだが。

古着は、選別して、場合によってはクリーニングをする必要がある。また、現地へ送るための送料もかかる。

自分が処分できないものを、他人に押しつけるものではない。


いや、話が逸れた。

いわゆる技術ボラには、高いスキルが必要だということを言いたかったのだが。




|

« アホ鉄のつぶやき | トップページ | いいお天気 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/48466428

この記事へのトラックバック一覧です: 高い技術を:

« アホ鉄のつぶやき | トップページ | いいお天気 »