« ココログと全文検索 | トップページ | iPhoneアップデートとココログ広場のことなど »

2010.06.22

落合恵子【崖っぷちに立つあなたへ】

崖っぷちに立つあなたへ

崖っぷちに立つあなたへ落合 恵子著
税込価格: ¥777 (本体 : ¥740)
出版 : 岩波書店
ISBN : 978-4-00-500592-5
発行年月 : 2008.4
利用対象 : 中学生 高校生

生い立ちゆえにいじめや無視とたたかう日々のなかで、私を支えたのは母の温かな眼差しだった−。未婚の子として生まれ育った著者が、自身の体験をふまえながら、今を必死に生きる若者たちに「生きいそがないで」と語りかける。


落合恵子さんといっても、児童書専門店「クレヨンハウス」の主宰であるとしか、知らなかった。大阪にも店があり、いつか訪れたいとは、思っていた。若い頃、ラジオ局に勤めていらっしゃったとか、かなり派手な噂があったとかいったことは、本書を読んで判ったことだ。

土曜日の朝刊に、その落合恵子さんのエッセイが掲載されている。
季節の花々のことやニュースを見て思ったことなどが、何気ないがしっかりとした筆致で書かれており、好きなコラムだ。

とりわけ、今はもう鬼籍には入られた母上のことに触れた文章は、何かなつかしく心にしみる。

そんな時、本書を見つけた。内容紹介に、心惹かれた。

岩波ジュニア新書であり、対象は中高生とある。
イジメによる自殺が後を絶たない日々。いわゆる「私生児」と呼ばれて育った著者をいつも支えてくれたのが、母上だったという。
「今度は自分が誰かを支える番」という気持ちが、本書の刊行を決意させたとのことだ。


著者のメッセージが、若い人たちに伝わればいいのだが。
おなじ世代を生きてきたものとして、あとがきにある

もし、あなたが友だちづきあいで悩んでいるなら、これだけは言える。人はいくつになっても、親友と呼べるひとに出会えるのだ。出会いは学生時代かもしれないし、もっとずっと後かもしれない。ずっと後にあるかもしれないその機会を、そこにたどり着く前に早々に摘み取ってしまうのはやはり惜しい、と最近とみに思う。
を、自分もまた若い世代に伝えたいと思う。


生き急いでは、なりません!


崖っぷちに立つあなたへ
2008年4月22日第1刷発行
2008年5月7日第3刷発行


|

« ココログと全文検索 | トップページ | iPhoneアップデートとココログ広場のことなど »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

岩波ジュニア新書に限らず、若い世代向けのシリーズは大人に向けてもなかなかお薦めのものがありますね。

わたしにとってのこの手の本は、多分「自分らしく生きる」「人生を励ます言葉」(中野孝次、講談社現代新書)あたりでしょうか。

投稿: ムムリク | 2010.06.23 10:43

ムムリクさん

岩波ジュニア文庫も、好きですね。新書よりも、長く読み継がれて残ってきた本。というか、自分が懐かしいのかもしれません。

中野孝次さんの「人生を励ます言葉」は、BK1では取り扱っていませんでした。
「自分らしく生きる」は、何故か古い方の講談社現代新書 のものはありましたが、+α文庫版は もう取り扱っていませんでした。

BK1って、結構早めに「ありません」宣言してしまいますね。

投稿: | 2010.06.23 19:09

そうでしたか。どちらも古い本になってしまいました。出版事情の一端が見えているのかもしれませんね。

よろしければ、ブックオフオンラインなどご利用くださいませ。

#岩波少年文庫、フォア文庫、ポプラ社文庫などなど、よいですよね。

投稿: ムムリク | 2010.06.24 11:06

ムムリクさん

∥出版事情の一端が見えているのかもしれませんね。

最近は、すぐ絶版になってしまいます。
だから、本をなかなか処分できないのかもしれません。

投稿: | 2010.06.24 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/48695276

この記事へのトラックバック一覧です: 落合恵子【崖っぷちに立つあなたへ】:

« ココログと全文検索 | トップページ | iPhoneアップデートとココログ広場のことなど »