« 青空と杯 | トップページ | あいかわらず 雨 »

2010.07.02

原尞【さらば長き眠り】

さらば長き眠り

さらば長き眠り原 尞著
税込価格: ¥840 (本体 : ¥800)
出版 : 早川書房
ISBN : 4-15-030654-0
発行年月 : 2000.12
利用対象 : 一般


私立探偵沢崎シリーズ長編第三弾。5年の歳月をかけ、ついに完成。「そして夜は甦る」「私が殺した少女」の前二作で一世を風靡したハードボイルドの旗手が、長い沈黙を破り、世に問う渾身の一作。


1993年、本書の舞台となったこの年に、初めて外国人横綱が生まれた。ニューヨークの貿易ビルの地下で爆破事件があったのも、この年だ。このビルは8年後の9月、飛行機に突っ込まれるという運命をになうことになる。

実は、本書は2006年に一度エントリーしている。
本棚整理中に見つけて、痛む目を気にしながら再読。ストーリーだけを追っていた前回よりも、より楽しめた。しかし、主人公魚住のことをはじめ細かいことを覚えている割には、話の展開そのものはまったく忘れていることに愕然とする。またしてもざっと全編通して読んでしまった。

ハードボイルドは嫌いなのだが、何故かこの作家だけは大好きなのである。
しかし、著者は驚くほど寡作であり、もっと読みたいのに読めないというジレンマに悩むことになる。

著者自身触れておられるようにチャンドラーの影響は強く、それらはしゃれた文体や会話の随所に現れている。


寡作といえばコリンン・デクスターもそうだが、こちらは作家自らが幕を降ろしてしまった。
沢崎シリーズがそうならないことを、切に望むものである。


さらば長き眠り
タイトル


|

« 青空と杯 | トップページ | あいかわらず 雨 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/48775388

この記事へのトラックバック一覧です: 原尞【さらば長き眠り】:

« 青空と杯 | トップページ | あいかわらず 雨 »