« 空振り | トップページ | 大阪の夜景 »

2010.09.18

寺山修司【時には母のない子のように】

この少女には負ける… 「時には母のない子のように」(asahi.com)

この歌が出来たのは、1968年だという。

カルメン・マキという歌手が歌っているということ以外は知らず、だが好きでよく口ずさんでいた。何故か似ていると感じていた【サマータイム】も、好きでよく歌っていたが。

当時は当然現職中?で、テレビをゆっくり見るゆとりはなかった。

今回の朝日新聞土曜版beの「うたの旅人」。asahi.comでは、「時には母のない子のように」秘話として扱っている。

その後のマキさんとこの歌の関係など、それこそ詳しいことは紙面でしか読めない。そういう話はさておいて、今も時折口をついて出る歌である。


紙面での最後の方に、「サマータイム」にも言及されていた。
素直に、嬉しかった。


|

« 空振り | トップページ | 大阪の夜景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最後の一行、「素直に、嬉しかった」。心底嬉しそうに聞こえた。
こちらは別のところでゾクッとし、勝手に嬉しかった。
土曜版be、《マイリード》で拡大読書。鳥肌。

「時には母のない子のように」というより寺山修司を、寺山:田中未知コンビを今も好きといった方が早い。
カルメン マキもカルメン マキ&OZのLPレコードも、その都度購入したもの、今も健在。子守唄集《MOON SONGS》(CD)が、カルメン マキ入手の最後。いや、相前後してDVDも入手。
貼り付けられていた(asahi.com)を覗くと《MOON SONGS》、すでに廃盤とある。もっと嬉しかった。こっそり優越感。

投稿: hiro | 2010.09.18 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/49484453

この記事へのトラックバック一覧です: 寺山修司【時には母のない子のように】:

« 空振り | トップページ | 大阪の夜景 »