« 報道被害 | トップページ | 「パソコンことはじめ」 の前に »

2010.09.27

森絵都【永遠の出口】

永遠の出口

永遠の出口森 絵都著
税込価格: ¥580 (本体 : ¥552)
出版 : 集英社
ISBN : 4-08-746011-8
発行年月 : 2006.2
利用対象 : 一般

悩んだり、迷ったり…。それでも少女は大人への入り口に近づいていく。「カラフル」の著者が描く、きらきら素敵な大人への物語。十代の想い出がいっぱい。『小説すばる』掲載の作品をまとめる。


初めての、作家。

10歳の紀子が過ごしたほぼ10年を、その時々の出来事と思い出で綴っている。
あまりにも劇的な10代だったと言えるかも知れないが、思い起こせばこの中の幾つかは、誰もが経験してきたことだろう。

周りは自分たちとほぼ同じだと思っていた10歳、4年生。違う環境の友もいることに驚く。
かなりデフォルメされているとはいえ、こういう教師もいるのではと思わせる5年生。

誰もが不安を抱く中学生活は、家庭での葛藤も持つ紀子にとっては辛い日々もあった。

高校生になって、少しだけ社会を学んだアルバイト経験。
背伸びして失敗してしまった、本当の初恋。


恐らく30代になった「現在」の紀子は、自分の10代を思い返している。
たおきんトリオに夢中だった、小学校の頃。ホテルニュージャパンの事故の翌年が中学3年生。というから、それこそ今の紀子はアラフォーであろうか。


収録されているのは
第一章永遠の出口
第二章黒い魔法とコッペパン
第三章春のあなぼこ
第四章DREAD RED WINE
第五章遠い瞳
第六章時の雨
第七章放課後の巣
第八章
第九章卒業
エピローグ

解説北上次郎


永遠の出口
2006年2月25日第1刷
2010年6月6日第6刷


|

« 報道被害 | トップページ | 「パソコンことはじめ」 の前に »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/49567684

この記事へのトラックバック一覧です: 森絵都【永遠の出口】:

« 報道被害 | トップページ | 「パソコンことはじめ」 の前に »