« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.31

高峰秀子さん逝く

高峰秀子さん死去86歳、「浮雲」「二十四の瞳」主演

やはり、「二十四の瞳」と「喜びも悲しみも幾歳月」かなぁ。

松竹だったから、比較的よく観ている。
「二十四の瞳」では、後に夫君となる松山善三氏とのロマンス?が芽生えている。いや、松山氏からの申し込みを受けたということか。

「喜びも悲しみも幾歳月」では、佐田啓二と新婚で赴任地である灯台に着いたところから映画が始まったと思う。


斉藤明美さんが、ここ何年か「婦人画報」に連載記事を書いていたが、秋頃急に終わったのでおかしいなとは思っていた。


関連記事
斎藤明美【高峰秀子の捨てられない荷物】(07.04.26)

高峰秀子【台所のオーケストラ】(07.05.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツイートな一年

iPhoneゲット以来、こまめにTLをみるようになった、Twitter。


自分のツイートを遡ってみると、09年9月5日に、「Twitterに登録しました」とあった。
しばらくは、ケータイからよくつぶやいていた。「イマココ」機能を使っていることが多い。

登録したのはもっと後だと思っていたので、意外だった。そういえば、11月には横浜で章仁さんとニアミスしていたのだった。

そのうち、ケータイでTLを追うのがしんどくなり、ついに2月24日にiPhone購入とはあいなったのだが。当時は、必死でそのことを隠していた。
そして、iPhoneから投稿してもしらばくれていたのだが、TLには「iPhoneから」としっかり出ていたことには気づいていなかったのだった。

ま、そんなこんなではあったが、今年を代表する大きなことを、twitter経由で知ったのは驚きだった。


別件(かな?)だが、今月はとにもかくにも毎日更新したよ!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.30

幸田フミ【手帳なんていらない】

手帳なんていらない

手帳なんていらない幸田 フミ著
税込価格: ¥1,470 (本体 : ¥1,400)
出版 : かんき出版
ISBN : 978-4-7612-6722-3
発行年月 : 2010.12
利用対象 : 一般

手のひら1か所に集めた情報をストレスフリーに使いこなす! 「スマートフォン」と、Googleサービスなど「クラウドコンピューティングサービス」を使った簡単なIT活用術を紹介。


この手の本は 何冊か読んだが、女性起業家の書いた本ということで関心を持った。

冒頭(プロローグ)でいきなり、

みなさんは、手帳で夢が叶いましたか?
とあったり、衝撃的なタイトルから連想できるほど、中身はさして新鮮味はない。

手帳jを持たなくても大丈夫そうだというのは解るが、本書をiPhone初心者が読んでも、今ひとつピンとこないだろう。

紹介されているのは、
・ Googleの色々な機能
・ Evernote
・ Skype
・ Twitter
・ Facebppkなど。

だが、いずれも幾ばくかの知識がないと、著者のいう便利さが判らないと思う。


と言う意味で、「iPhoneを使い始めたので何か本を」という方には、お薦めできない。


紙の手帳との比較でいえば、楽しさの種類が違うのではと思う。


紙にせよスマートフォンにせよ、業務用だけを考えてのことではなく、そこには使う楽しさもなくては、それこそ取引相手との話題も共有出来ないだろう。


手帳なんていらない
2010年12月9日 第1刷発行


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.29

iPhoneアプリ:はやぶさツールBOX

NHKエンタープライズからの、無料アプリ。

【はやぶさの軌跡】のDVDをPRするためらしいが、なかなか良いアプリだ。

カレンダーは、壁紙もきれいだし、見ていて楽しい。

おや、ちゃんとGoogleCalendarと同期しているではないか!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.28

iPhoneですること・しないこと

iPhoneを手にして、ほぼ10ヶ月。

購入の動機はtwitterをするためだったのだが、今やあれこれと手を出しすぎた感がある。
試してみるのは決して悪いことではないが、アプリもたくさんありすぎてどれを使いたいのか混乱している状態だ。

同じようなものもあるし、もう少し整理していこうと思う。

関連本も、片っ端から読んできた。全部書いてはいないが、自分でも苦笑ものである。
それらに振り回されることなく、自分がストレスなく使う方法を作り上げていきたい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.27

【死人に口無し】

死人に口無し

死人に口無し日本推理作家協会編
税込価格: ¥680 (本体 : ¥648)
出版 : 徳間書店
ISBN : 978-4-19-893073-8
発行年月 : 2009.11
利用対象 : 一般


風野 真知雄、小杉 健治著、翔田 寛著、戸板 康二、仁木 悦子、松本 清張、宮部 みゆき、結城 昌治といったいずれ劣らぬ手練れによる短編時代物。

いずれも、物言わぬ死人が教えてくれる、人の業。

風野 真知雄【首切りの鐘】

小杉 健治【形見】

翔田 寛
戸板 康二
仁木 悦子

松本 清張【穴の中の護符】

清張得意の時代物短編。

宮部 みゆき【迷い鳩」

お初ちゃんものの一つかな?しばらく宮部さんから遠ざかっているので、あのお初ちゃんと一緒かどうか地震がない。
本作に限らないが、江戸のお店(たな)の奉公人というのは、なかなかに哀れだ。

結城 昌治著

翔田 寛【影踏み鬼】

人の業を描いて秀逸だった。
また、最後にどんでん返し的なからくり絵解きがあったのも、興味深かった。


残念ながら、仁木悦子のものがやや彼女らしくないような気がしたが。


書きかけながら、事情があってアップ。必ず追記すること!


こうして、一つずつつぶしていかないと、積ん読もだが読みっぱなしも増えるばかりだ。
とはいっても、読了後日が経ってしまうと、ざっとでも読み返さなければ中身をほとんど忘れているというていたらく。

来年からは、読んだらすぐにメモ的にでもアップしよう。いや、いつになれば、既読を消化できるのだろう?


死人に口無し
2009年11月15日初版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.26

iPhoneアプリ:Pocket Informant

これまでも幾つかカレンダーを試してみたが、これは「toodledo」との同期が可能とのことで、導入。

設定画面は色々綺麗なのだが、肝心のカレンダー画面が今ひとつの感がある。
月表示にすると、その日に予定があることはわかるのだが、単にそれだけであって、中身は表示されない。

これまでのCCalやCalenGooが、シンプルながらくっきりと表示されていたので、見劣りする。

また、Todoリストも表示されるのは便利かと思ったのだが、ややゴチャゴチャしていて却って判りにくくなった。

しばらくは様子を見るが、メインにはならないだろうな。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.25

東川 篤哉【謎解きはディナーのあとで】

謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで東川 篤哉著
税込価格: ¥1,575 (本体 : ¥1,500)
出版 : 小学館
ISBN : 978-4-09-386280-6
発行年月 : 2010.9
利用対象 : 一般

「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」 令嬢刑事と毒舌執事が難事件に挑戦! 「殺人現場では靴をお脱ぎください」「殺しのワインはいかがでしょう」など、ユーモアたっぷりの本格ミステリ6話を収録。


「帯と表紙は秀逸」というレビューがあったが、まさにその通り。これに惹かれて購入したが、失敗だった。
お嬢様と執事ということから、(森博嗣氏の)萌絵シリーズを思い浮かべたが、まったく違った。
このこっそりとリムジンで警察に通う(某巨大グループの総帥の)お嬢様と 上司である警部(某社の社長御曹司)に、まったく品がない。

六話からなる短編集で、初出が書いて無いから書き下ろしかと思うのだが、それにしては毎回キャラについての説明がくどい。

その六話ともよく似た展開である。令嬢刑事麗子の話を聞いて執事が推理するのだが、これもこの執事でなくても解けてしまう事件ばかりだ。

そのうち執事の謎が判るかと思って最後まで読んだが、それもなかった。


ま、コミックを文章化したものと思えば、腹も立たないか?


うーん、半月で2刷りがでているとは……


2011年4月12日追記
今年の「本屋大賞」に選ばれました。
おめでとうございます。


謎解きはディナーのあとで
2010年9月7日初版第1刷発行
2010年9月22日第2刷発行

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.24

クリスマス

警察音楽隊

駅を出たところで、にぎやかな音楽が。
クリスマスソングを奏でながら、お巡りさんたちが歳末警戒のお話しを。

前へ廻る時間はなかったので、そのまま行きすぎた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.23

iPhoneアプリ:CalenGoo

これも、なかなか優れものだ。

当然のことながら、Googleカレンダーと同期できる。
他に、iPhone側からも、時間は決まっていないがその日にするのを忘れてはいけないことなど、書いておける。

もちろん「ToDoリスト」を見ればいいのだが、予定を確認した時に思い出せるのはいい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.22

頓挫

製作用ソフトのバージョンアップがうまくいかず、同じところをグルグル廻っている。

こういうことがあると、「パソコン嫌いや-」となる。
というわけで、疲労困憊中。


それはそれとして、パソコンの要件も判ったことだし、今から講習会の案内文を完成させます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.21

思い出

先日読み終えた本の主人公が同世代だったので、小学校時代のことを思い出した。

本の中の子は不思議な力を持っていて、あまり周囲と交わらなかった。そのためか、少々浮いていて、土地の有力者の子にいじめられてもいた。


自分の小学時代は、二度転校した。

最初の学校は、三年生の一学期まで。
二度目は三学期の途中までだったから、あまり覚えていない。

三度目が、17歳まで暮らすことになるところである。

三年生の担任は、なんと同じ町内の方だった。
四年生ではクラスは変わらず、担任だけが替わった。

家は駅から学校までの間にあり、先生方も家の前を通っておられた。
なぜか、帰途寄られる方も多く、母との会話を聞くともなく聞いていた。
これまた不思議なのだが、先生方の話というのが、どなたも、学校では想像できない事が多かったのだ。

そして、どなたも、当然子ども(つまり 涼)の耳に達していることを承知していたということだ。
そうなると、逆にこれは絶対外で(つまり友だちには)話してはいけないことだという意識が働く。
どうやら、大人たちはこの少女はその辺は大丈夫だと、勝手に決めていた節がある。

この四年生の担任は、家では姑との関係に悩まされていると訴えておられた。


と書き始めたのだが、今日は色々パソコン関連のトラブルがあって、時間を取られた。
夜は時間がないし、一旦ここで終了。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.20

あずま きよひこ【よつばと!1】

よつばと!1

よつばと!1あずま きよひこ著
税込価格: ¥630 (本体 : ¥600)
出版 : メディアワークス
発売 : 角川書店
ISBN : 4-8402-2466-8
発行年月 : 2003.9
利用対象 : 一般

ちょっと変わった5歳の女の子「よつば」が、日常の中で体験する様々な「初めて」や「感動」を描く。(wikipediaより)


「よつばと」ではない、「よつば&」と言う意味。いや、知っている人には当たり前のことなのだろうが。
最近10巻目が完成し、10冊合わせての販売もある。

第1話は、ひまわり咲く夏休みの前の日。よつばが とーちゃんと引っ越してくるところから始まる。
超してきたところに家や店が一杯ある事に驚く、よつば。ブランコも知らない。

と、この少女は何者なのだと思わせておいて、物語は進んで行く。

とーちゃんと、その友だちらしい「ジャンボ」。新しい家の隣家にすむ母親と娘三人がよつばを暖かく見守っていく。
とーちゃんの仕事は翻訳家らしい。
かーちゃんはいないのか?以前はどこに住んでいたのか?

といった疑問が次々と出てくる。


終盤近く、よつばはとーちゃんに拾われた子らしいということが判ったところで、一巻目終了。


wikipediaによると、本作品は

現在13カ国語に翻訳されている。文化庁が2006年に発表した日本のメディア芸術100選で『あずまんが大王』と共に選出され、同年12月15日には、文化庁メディア芸術祭マンガ部門においても優秀賞を受賞した。
宝島社「このマンガがすごい!」2008年度版オトコ編3位。
だという。


よつばと!1
2003年9月15日初版発行
2010年11月15日23刷発行


| | コメント (2) | トラックバック (0)

家計簿二本立て?

昨日書いたiPhoneアプリ:マネー手帳だが、既にパソコンソフトで家計管理をしている方には物足りないと思う。

ただ、家計簿で自分のお小遣い(婦人乃友社の場合は「職業費)を、家計簿には明細を付けず、その部分をこちらで管理するなどという方法もありかなとは思う。

ま、色別にしたり、カテゴリーの記号を変えたりと、楽しいアプリではある。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.19

中村明【日本語語感の辞典】

日本語語感の辞典

日本語語感の辞典中村 明著
税込価格: ¥3,150 (本体 : ¥3,000)
出版 : 岩波書店
ISBN : 978-4-00-080313-7
発行年月 : 2010.11
利用対象 : 一般

「国語辞典」では分からない、ことばの感触、意味・用法の微妙な違い(ニュアンス)をわかりやすく解説。最適かつ多彩な言葉を探りながら、日本語の生きた知識が身に付く、薀蓄満載の読める辞典。


最近よく、「ちょっとニュアンス違うなあ」という表現に出会う。
意味としては間違いとは言えないが、その場?にふさわしくない表現というか。

そう思っている時に、本書に出会った。
自分が感じた疑問を解消したい時に、繙いてみたい。

関連して。新聞は「繙いて(紐解いて)」読むものではない。


辞書として使えるだけでなく、気の向くままページを繰って眺めるもよし。
紙の辞書のいいところは、ピンポイントでの解決だけでなく、その周辺の語が目に入ってくることだ。
調べていた語のすぐ隣に、ずっと頭の中で引っかかっていた語が出てくるということは、よくある。


そういう意味でも、箱から出して手の手どくところに常時置いておきたい。


リンク
『日本語 語感の辞典』特設ページ


日本語語感の辞典
2010年11月15日初版発行


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.18

iPhoneアプリ:マネー手帳

ごく単純な家計簿。

しかし、一応予算も立てられるし(但し費目毎には出来ない)、日毎・月毎に使った割合のグラフも出来る。
また、買ったものの写真も添付できるので、どんなものを買ったかあとで判るのもいい。

カラフルで楽しいが、それだけ。と書いたが、お小遣い帳としては充分だ。

一月の予算額と使った額から、次の日に使える金額が判るので、使いすぎないようにできる(はず??)


ずっと婦人乃友社の家計簿を使っていたので、それと比較すると自由度(注)が高く、かなり無責任というか、家計管理的には物足りないだろう。

(注)あまり予算にこだわらず使っていいということ (^_^;)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.17

iPhoneアプリ:乗り鉄プラス

わお、これたのしーい!

JRだけでなく、全国の私鉄もある。


鉄道会社→路線と選んでいって、開始駅・終了駅を選択する。
ゲームではなく実際に乗った路線の記録だから、楽しさもいや増すというものだ。


全部踏破したいなー


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.16

音葉哲【iPhoneでライフログ】

iPhoneでライフログ

iPhoneでライフログ音葉 哲著
税込価格: ¥1,470 (本体 : ¥1,400)
出版 : 辰巳出版
ISBN : 978-4-7778-0827-4
発行年月 : 2010.11
利用対象 : 一般

ライフログとは、日々の生活や行動を記録したもの。「ライフログが生活を向上させる!」をコンセプトに、通信回線やカメラ、GPSなど、iPhoneの機能をフル活用してあらゆる情報を記録するノウハウを紹介する。


奥野宣之【人生は1冊のノートにまとめなさい】がアナログのライフログを薦めているのに対して、デジタルでのライフログ推奨本。

しかし、お薦めとはいっても、上に挙げた本とは、幾分趣を異にしている。単に、使ってみて良かったと思うアプリを薦めているといったもの。
その分、押しつけられ感はないし、関心を持ったところを試してみようかという程度に軽く読める。

「ワインをより楽しむための記録術」といったものや、「釣りの成果を記録して楽しむ」ためのアプリなど、趣味の領域にも触れている。
また、体重管理のためのアプリやトレーニングの効果を倍増させる記録術といったものの紹介まで、至れり尽くせりである。


幾つかは、すでに導入済みだが、こんど購入するとしたら、【乗り鉄プラス】というアプリだろうか?


即追記
【乗り鉄プラス】購入。
こんな楽しいアプリを紹介して頂いて、本書の好感度大いにアップ!


iPhoneでライフログ
2010年11月5日初版第1刷発行


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.15

iPhone:キャプチャー

iPhoneでも、プリントスクリーン(キャプチャー)が出来るのだった。

方法は、起動ボタンを長押ししながら、電源ボタンを押すだけ。
カシャッと音がして、あら不思議!
ちゃんとカメラロールに保存出来ていた。、



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.14

体験会 終わり

ティータイム

ごちそうさまでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テスト

ただいま iPhone 体験会開催?中


| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneアプリ:minipiano

ホントに弾けちゃうんです

余興程度だが、見せびらかし用には面白いかもしれない。
和音も、ばっちり!?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.13

奥野宣之【人生は1冊のノートにまとめなさい】

人生は1冊のノートにまとめなさい

人生は1冊のノートにまとめなさい奥野 宣之著
税込価格: ¥1,365 (本体 : ¥1,300)
国内送料無料でお届けできます
出版 : ダイヤモンド社
ISBN : 978-4-478-01411-0
発行年月 : 2010.11
利用対象 : 一般

デジタルでは残せない、世界でただひとつの体験記「ライフログノート」の作り方を紹介。ライフログノートのメリットと基本のやり方、作り込んでいくためのさまざまなテクニック、「読み返し」の効果と具体的な方法などを解説。


本書はこれまでの【情報は1冊のノートにまとめなさい】【読書は1冊のノートにまとめなさい】とは、やや趣を異にしている。

まず形から言えば、ノートの大きさがA6からA5になったこと。これで、ポケットに入る軽便性が失われた。著者ご自身も、鞄を持ち歩くようになったと仰っている。

実は本書のような使い方は、ほぼ日手帳の利用者の多くがしていることだ。特にカズンでの利用は、こうした使い方も多いだろう。
ただし、ほぼ日手帳との違いは、あらかじめ日付を入れておかないことと、携帯性にある。ほぼ日手帳カズンを携帯する人は、少数派ではなかろうか。通常版でさえ重くて持ち歩きに向かないという声も多い。

そういう意味では、市販のノートを使うというのは理にかなっている。


また、様々な文具類を使ったかなりビジュアルな装飾も、「いつでもどこでも」さっと使うという点からすると、-ポイントと言える。
これも、ほぼ日カズンでは定番の使い方なのだ。
そして、なにより楽しいのである。


ということで、かなり辛辣な書き方をしたが、これはこれで面白いノートの使い方だと思う。(持ち歩くことに)ゆとり?のある人は、文具も持ち歩いて楽しむことが出来るだろう。

紹介されている文具のうち、「シールメーカー」というのがよさそうだったので購入することに。
とそれに合わせて、またもや文具買い込み病に……

人生は1冊のノートにまとめなさい
タイトル

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.12

オンライン付箋サービス「lino」

定番の付箋サービスのようだが

登録すると、自分用のキャンバス(貼り付ける場所)をいくつも作ることが出来る。
「貼って」「はがして」をそのまま使える、普通の付箋だ。

だが、設定したメールから送ったものも付箋として貼れるのは、ちょっと面白い。
ただし、オンラインでないと見られない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.11

【昭和の鐵道と旅】

昭和の鐵道と旅AERA Mook

昭和の鐵道と旅アエラ編集部
税込価格: ¥1,680 (本体 : ¥1,600)
国内送料無料でお届けできます
出版 : 朝日新聞出版
ISBN : 978-4-02-274430-2
発行年月 : 2010.12
利用対象 : 一般

1枚の切符で東京からヨーロッパまで行けた大列車時代を振り返るほか、昭和の鉄道記事復刻10連発、松本清張が誘う昭和の鉄道などを収録。昭和17年発行『科学朝日』復刻、鐵道院所属線路図、カレンダー等綴じ込み付録つき。


全186ページというかなり大部のムック本。

「東京発巴里行き」大列車時代
ようこそ「鉄博」奥の間の実力
梅小路の奇跡
東京駅「2枚の大観」初対面
発掘ヤンキー・リミテッドの「遺跡」と時刻表
昭和史の証人「東京駅」

といった内容だが、圧巻は
松本清張が誘う昭和の鉄道追跡の旅路
だろう

【砂の器:】【ゼロの焦点】【遭難】【点と線】と列挙して、各作品に登場する全駅・全列車のリストがある。

また、編集部が選ぶ「おすすめ」清張10路線としては
一位が「宗谷本線」(金環食)でいかにも旅情を誘うが、
二位に近鉄大阪線(時間の習俗)が来ている。


また、週間朝日に掲載された記事も復刻?
「羽島騒動」(タンボの中の政治駅)など、今も長良川を渡る度に思い出す。

眺めて楽しい本である


昭和の鐵道と旅


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.10

誰ぞ彼は

黄昏

あっという間に過ぎる 黄昏時、そして日没へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牽牛子塚の隣で古墳発見牽牛子塚の隣で古墳発見―奈良・明日香村

牽牛子塚の隣で古墳発見=日本書紀と一致、大田皇女墓か―奈良・明日香村(asahi.com)

山本藤枝さんの【飛鳥はふぶき】という本が好きだ。
この記事に出てくる大田皇女の子どもたち、大伯皇女(おおくのひめみこ)と大津皇子の物語だ。


大伯皇女の歌を二首

わが背子を大和に遣るとさ夜深けて 暁(あかとき)露にわが立ち濡れし
うつそみの人にあるわれや明日よりは 二上山を弟背(いろせ)とわが見む

甘樫丘から二上山を望むと、いつも二人のことに想いが行く。

敗者はいつも、美しく見える。


さて、そろそろ出かける支度をしなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.09

別冊宝島【電子書籍の正体】

電子書籍の正体出版界に黒船は本当にやってきたのか!?

電子書籍の正体税込価格: ¥680 (本体 : ¥648)
出版 : 宝島社:別冊宝島
ISBN : 978-4-7966-7966-4
発行年月 : 2010.12

利用対象 : 一般

本当に電子書籍は定着するのか? 大きな注目を集めた、2010年版電子書籍ブームだが、電子出版に取り組んだ先駆者たちからは「やっぱり儲からない」という声が次々と上がっている。その現状を多角的に検討する。


儲かるか儲からないかには関心がないが、利用する上でどう便利なのかは気になるところだ。

しかし本書は、上記「儲かるかどうか」をはじめとして、概ね大歓迎していないような雰囲気を感じる。

まだまだ未知の領域だけに、多くの人に受け入れられるのには時間がかかるだろう。

出版側からは、電子書籍をだした京極夏彦氏と、積極的には慣れないという宮部みゆき氏に取材している。
このお二人にもう一人大沢在昌氏を加えて、「大極宮」という三人共同の公式ホームページの運営者だ。

だが、どちらかというと否定的な宮部さんも、「あんじゅう」は電子書籍で出している。これはゲーム感覚のしかけがあって、楽しめるのだという。ゲーム好きの宮部さん、それに惹かれたかな?
それは冗談としても、全体的には懐疑的だという。

一方、新刊書(「死ねばいいのに」)を電子書籍で出した京極氏だが、まだビジネスにはならないとも、「電子化できない本」も企画中だとも言う。


一方、教育界ではどうか。ここは一層、懐疑的だろう。
学校では、おいてあるものがなくなるのは、よくあることだ。高価なものだけに、慎重にならざるを得ないという現実がある。
そしてもっと課題なのが、扱える教師がどれだけいるかということだ。


それでも再度、「しかし」と言う。

これは活字を読めない人たちにとっては、まさに黒船になる可能性を秘めている。
iPhoneで、デイジー図書が読める。iPadだと、マルチメディアデイジーがより綺麗に読める。
その可能性をさらに延ばせるよう、望むところ大である。


電子書籍の正体
2010年12月13日発行


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.08

阿川大樹【D列車で行こう】

D列車(ドリームトレイン)で行こう

D列車(ドリームトレイン)で行こう阿川 大樹著
税込価格: ¥660 (本体 : ¥629)
出版 : 徳間書店
ISBN : 978-4-19-893183-4
発行年月 : 2010.7
利用対象 : 一般

MBA取得の才色兼備銀行ウーマン。町工場相手に良心的融資を実践する銀行支店長。鉄道マニアのリタイア官僚。廃線が決定したローカル鉄道を救うため、3人が株式会社ドリームトレインを興した。ロマンチックビジネス小説。


大人のメルヘン。いや、「ダイヤモンド経済小説大賞優秀賞」を受賞したビジネス小説だ。


理系出身の河原崎慎平は、55歳の銀行マン。
田中博。国家公務員を退職し、妻を亡くしてからは撮鉄になっている。

出世コースから外れてはいるが、支店長になり、地道なやり方で地元からも信頼されている慎平は、関連企業への出向を打診される。
天下りを重ねて2億円という退職金を手にした田中と、広島の山花鉄道と言うところで知り合う。

山花鉄道は、地方の典型的な赤字路線。企業努力を重ねても、年間「たった」3,000万円の赤字を解消できず、あと3年で廃線になる。

この二人と、慎平の部下だった深田由希が、『ドリームトレイン(D列車)という会社を興して、山花鉄道を再建しようというものだ。


すぐに、銚子鉄道の「濡れせんべいを買ってください」を想起させられるが、もっと幅の広い方法で、夢列車は実現していく。
当然順調にはいかず、様々な障害のある中、こんな風な再建も可能だったのかと、全国の多くの廃線を想う。


終盤、とんとん拍子に行き過ぎるような感もあるが、それも許容範囲だろう。


読んでいる途中で、由希に重ねることの出来る女性を思い出した。昨日会議で出会ったその方は、やはり輝いていた。鉄道が嫌いではないという彼女に、本書をプレゼント。


もう一つ

音声化するに当たって、いつもきちんとした読みをする某女子に、そのお役をプレゼント?


D列車(ドリームトレイン)で行こう
2010年7月15日初刷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

官報に出ました

著作権法37条3項施設指定の文化庁告示

官報に、出ました。

ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.07

iPhoneアプリ:瞬間日記

なかなか面白いアプリだ。

メモを、時刻と一緒に記録してくれる。

その時々でしたこと、忘れてはいけないこと、買い物したことなどを、素早く入力して保存する。
ちょうどつぶやき(twitter)感覚での記録だ。

自分は起床・就寝といったことや、投薬した時に書いている。
他にも、電車に乗った瞬間や何かの会場に着いた時など。思いついたことを書くのにも、歩きながら出来て便利だ。

また、エクスポート機能があって、リストアも出来る。一日の記録を自分宛にメールをして残すことも出来る。

SHOPがあったりするのだが、他の機能はまだまだ使いこなしていない。
だが、シンプルにメモることだけに特化しても、優れものだと思う。


しかも、無料である。
一度試してごらんになっては、いかがだろう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.06

研修会

4B63FD03-4595-459C-8B67-23E023C66A02

高次脳機能障害について

ただいま、関連したマンガに取り組み中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.05

大蔵流狂言師の2世茂山千之丞さん死去

大蔵流狂言師の2世茂山千之丞さん死去(asahi.com)

千之丞さんを知ったのは、テレビドラマだった。
タイトルも中身もほとんど忘れてしまったが、そのドラマの中でどこからか「家訓」という言葉が聞こえてきていたように覚えている。

茂山家の「お豆腐家訓」は有名だが、それを意識して作られたものであったかどうかは、不明だ。
京都伏見の造り酒屋の話だったか?

その頃から、なぜか兄の千作さんよりも応援していた。

逸平君のテレビデビューとなる「京、ふたり」にも、出ていらっしゃったと思うが、記憶違いかな?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.04

【ブックビジネス2.0】

ブックビジネス2.0

ブックビジネス2.0岡本 真編著 仲俣 暁生編著
金 正勲執筆津田 大介執筆
長尾 真執筆 野口 祐子執筆
橋本 大也執筆 渡辺 智暁執筆
税込価格: ¥1,995 (本体 : ¥1,900)
出版 : 実業之日本社発行年月 : 2010.7
ISBN : 978-4-408-10853-7

iPadやKindleだけが「本の未来」ではない! ジャーナリストや起業家、プロデューサー、若手研究者、専門家など、この先にある「本」のかたちをめぐる俊英たちからの提案集。


電子版も同時に発売されているのだが、iTunesStoreからダウンロード出来るのは、無料のお試し版?なのだろう。
といっても、まえがき全文と、電子版のみの対談が読める。

その対談で、装丁に凝ったとう話があったので紙版のことかと思ったのだが、やはり電子版のことのようだ。確かに、起動するとやや変わったもくじ?が現れる。

肝心の本文については、全部買うもよし、気になる著者のものだけ買うのもオーケーだ。
価格は、全部まとめた場合が、1,400円。七人の編著者のコンテンツをばらばらに買うと、一つ?230円だ。少しずつ全部買っていっても、紙版の1,995円より安い勘定になる。


ちなみに書いているのは、津田大介氏や橋本大也氏、野口祐子氏に国立国会図書館の長尾真もいらっしゃる。


未購入だが、bk1には「あとで買う」のところに入っている。

色々比較するのはやはり紙版が優れているし、さて、どちらを買おうかなというところで、未読本の紹介でした m(_ _)m

ブックビジネス2.0
タイトル


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.03

【ビジネスEVERNOTE】

ビジネスEVERNOTE

Evernote税込価格: ¥1,260 (本体 : ¥1,200)
出版 : 日経BP社
発売 : 日経BPマーケティング
ISBN : 978-4-8222-6765-0
発行年月 : 2011.1
利用対象 : 一般

EVERNOTEをビジネスに導入して劇的に成果を上げる! 成果を上げた9つの事例や、Windowsクライアントのバージョン4に対応した基本から応用までの操作法などを紹介する。


一つ一つの事例が、かなり使える。

特集1の
Evernote導入で「劇的に」成果を上げた!九つの事例
は、楽しく読める。単に達人の使い方紹介だけでなく、商品を紹介してその使い方まで指南してくれる。
ScanSnapS1500は使っているが、今回やはりポメラが欲しくなった。

Evernoteに直結する話ではないが、
電子ペーパーの研究者である東海大学の面谷氏の30年間で大学ノート529冊にまとめられたノートというのが、楽しかった。

もう一つ、Evernoteのシンボルマークであるゾウさんについての話も、気持ちを和ませてくれる。

ここまでが前半で、後半の特集2で
基本から応用まで 操作Tips50
を、紹介。

ここで初めて、導入方法などが出てくる。
既に使っているものもあるが、面白そうな使い方もあるので、おいおい試してみよう。

Evernoteをこれから使おうという人にとっては、後半部分だけを解説した本の方がいいだろう。類書は色々ある。
だが、もう使っている方が関連本を読んでみようかなという場合には、お薦めかもしれない。

ビジネスEVERNOTE


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.02

研修会

玉水記念館

風は少しあるが、いいお天気だ。
さ、今日も一日 がんばろう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.01

古川武士【30日で人生を変える「続ける」習慣】

30日で人生を変える「続ける」習慣

30日で人生を変える「続ける」習慣古川 武士著
税込価格: ¥1,365 (本体 : ¥1,300)
出版 : 日本実業出版社
ISBN : 978-4-534-04770-0
発行年月 : 2010.11
利用対象 : 一般

反抗期(やめたくなる)・不安定期(振り回される)・倦怠期(飽きてくる)の3ステップに合わせた対策で、3日坊主に別れを告げよう! あらゆることを「習慣化」する力を身につけるための技術を伝授する。ワークシート付き。


先月末には、何故か毎日のように本が届き、30日だけで6冊届くという事態に。
終わっていない処理事項もあり、多分そのストレスからむやみに注文したものと見える。要するに、在宅で出来る「ストレス解消お買い物」というわけだ。
だが、当然今読むどころではなく、ストレスはますます増える?

しかし、せっかく月が変わったのだし、記録だけはしておこう。


こういう本を読むということは、これまで何かと継続しなかった挫折感を持った人が多いのだろうか?自分の場合でいえば、「熱しやすく冷めやすい」を地でいく性格である。何かをはじめても、長続きしたためしがない。

しかし、これも定番だが、本書では目標を高く掲げすぎないことを薦めて、継続するための様々なノウハウを提供している。

まずChapter1で
なぜ、あなたは続かないのか?
と問いかけて自己分析させ、

Chapter2で
これでうまくいく「続ける」習慣3ステップ
を呈示する。

ここではやめたくなる「反発期」や、振り回される「不安定期」、飽きてくる「倦怠期」の乗り越え方を具体的に指南することによって、継続へのモチベーションを持ち続けられるよう具体例を示す。

そしてChapter3では
12の継続スイッチがあなたを挫折から救う
として、継続のツボに合わせたスイッチを用意。

最後のChapter4
私たちでも続けられた6つの成功物語
では、「片づけ」「英語学習」「節約」「ダイエット」「早起き」「禁煙」と、いずれも挫折しやすいことを乗り越えた「成功物語」を提供して応援する。


何かをはじめるのは年始が多いだろうが、日常と違う日から始めるより、この一ヶ月をお試し期間とするのも、案外続けるためのコツかも知れない。


実は密かに「続けよう」と思っていることを書き出して、今日から実践する予定。
と、一応宣言しておこう。


本書の編集者も、30日続けることに成功なさったようだ。
そして、3刷も決まったとか。
おめでとうございます!


30日で人生を変える「続ける」習慣
2010年11月20日初版発行


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »