« メインのPCを替えた | トップページ | セブン導入:困ったこと »

2011.03.29

清水義範【青春小説】

青春小説

青春小説清水 義範著
税込価格: ¥620 (本体 : ¥590)
出版 : 中央公論新社
ISBN : 4-12-204263-1
発行年月 : 2003.9
利用対象 : 一般

三億件事件の現場にタイムスリップた男たちを描く「三億の郷愁」、地方からおっかなびっくりに上京してきた青年を描く自伝的作品「灰色のノートから」収録。青春の愚かしさと喜劇性を巧みに描く。


清水義範【イマジン】で、著者はタイムスリップを使って、断絶しかかった父子関係を見事に修復させた。

今回は、何と あの「三億円事件」である。

犯人が挙がっていないことに目を付け、奇想天外な(しかし、もしかしたら「ありかな」という)物語を展開する。
いや、タイムスリップそのものがあり得ないのだから、奇想天外もなにも関係ないのだが。


二人が生きていた昭和55年も、タイムスリップ先の昭和39年も、共に懐かしい。

【イマジン】とは違って、現在を知っているが故の優位性から過去(昭和39年)をうまく切り抜ける、浅井と江藤の二人。
最後は、宮部みゆきの【蒲生邸事件】ともやや似通っていて、ほのぼのとした印象を受ける。


あと二編は、著者の自伝的作品だというが、これまた当時の青年の勇ましさと小心さが出ていて、懐かしく感じた。

青春小説
中央公論新社
2010/09/03 出版
2010/12/10 Reader™ Store発売
241ページ


|

« メインのPCを替えた | トップページ | セブン導入:困ったこと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/51238172

この記事へのトラックバック一覧です: 清水義範【青春小説】:

« メインのPCを替えた | トップページ | セブン導入:困ったこと »