« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011.05.31

万城目学【プリンセス・トヨトミ】

プリンセス・トヨトミ

プリンセス・トヨトミ万城目 学著
税込価格: ¥750 (本体 : ¥714)
出版 : 文藝春秋
ISBN : 978-4-16-778802-5
発行年月 : 2011.4
利用対象 : 一般般

このことは誰も知らない──四百年の長きにわたる歴史の封印を解いたのは、東京からやって来た会計検査院の調査官三人と、大阪下町の空堀(からほり)商店街で生まれ育った少年少女だった。


まず、登場人物の名前がふるっている。

東京からは、会計監査員の副長が、松平。

対して、大阪は空堀商店街でお好み焼き屋を営む、真田幸一。
彼の息子の幼なじみであり、幸一の幼なじみの娘である中学二年生の少女の名は、橋場茶子。

脇役として、私立中学の教師、長宗我部。

敵(かたき)役の、蜂須賀。


初めての作家である。

大阪出身で、京都や奈良を舞台にした小説を書いておられるという。


それはともかく、奇想天外な展開が素直に面白かった。


大阪人が全て太閤さん好きでも、常にボケやツッコミを入れたりしているわけでもない。
ましてや、大阪=吉本、なんかでは ない。

それやこれやを差し引いても、「まぁこんな話、あってもええんちゃうか」というところ。
ふざけすぎとの評価があるやもしれぬが、大阪流に許したってーな。


などと書いている自分は、正しくは大阪人ではない。


と、ここまでで物語の三分の二ほどなのだった。


で、ここからは一気に!


例の?大坂城炎上?からのハチャメチャな場面はぶっ飛ばすとして、しかしここでもまた登場人物の名前をば。

たとえば、前田・加藤清志・福島・宇喜多

たとえば、竹中丁兵衛・黒田孝一

たとえば、塙・小西・


そして、終盤。

予想範囲ではあるが、旭の意外な一面。

松平と父との関係。父の最後の希望あたりがやけに詳しいと感じたのだが、やはり伏線だったのか。


かなり笑える本書だが、サラリと大切な部分もある。別記事で触れてみたいとは思う。


プリンセス・トヨトミ
文藝春秋
2011/04/10 出版
2011/04/28 Reader™ Store発売
554ページ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.05.30

有川浩【ストーリー・セラー】

ストーリー・セラー

ストーリー・セラー有川 浩著
税込価格: ¥1,365 (本体 : ¥1,300)
出版 : 新潮社
ISBN : 978-4-10-301873-5
発行年月 : 2010.8
利用対象 : 一般

小説家の妻とその夫を襲った過酷な運命。彼女は物語を書き続けた。自分を支えてくれた彼のために…。アンソロジー「Story Seller」に発表したSide:Aに、書き下ろしSide:Bを加えた完全版。


元々「ストーリー・テラー」というアンソロジーの短編集(著者のものなどは中編だが)があって、その中の一篇を独立させて「SideA」とし、「SideB」を同じボリュームで加えての一冊らしい。

両方とも、一組の男女が織りなすストーリー。立場を変えても、女性が作家であるという設定は変わらない。

SideAでは、出会ったあたりの話が【県庁おもてなし課】を想起させるような展開だが、彼女の実家の話になると、やや過剰気味になる。

泣かせるし、現実の作家生活をも垣間見せながらの手法はさすがだが、あまり穏当でない書き方をすると、あざとい感触を受ける。


やはり、同じ作家を読み続けるのはよそう。
しばらく離れて、また違うもので再開しようと思う。


ストーリー・セラー
タイトル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.29

奥田英朗【家日和】

家日和

家日和奥田 英朗著
税込価格: ¥500 (本体 : ¥476)
出版 : 集英社
ISBN : 978-4-08-746552-5
発行年月 : 2010.5
利用対象 : 一般

【柴田錬三郎賞(第20回)】ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな「在宅」小説。


殆どが、なんということはない夫婦の物語。

子どもたちに手がかからなくなり、夫は仕事で忙しい。
そんな時、妻がネットオークションを始めた。しだいに生き生きとしてくる妻。

【サニーデイ】とは、その妻のハンドルである。


【ここが青山】は、会社が倒産し、妻が働きに出る夫婦。専業主夫になって料理も上達していく夫。それも案外いいものだと思い始めるが……

まさに、『人間至る所青山あり』、いい響きの言葉だ。


面白かったのが、妻が出て行ってがらんとした家を、しだいに自分好みにしていく夫を描いた【家においでよ】。若い頃からの趣味のオーディオセットまで揃えてしまう。
同じような環境の同僚が集まり、彼の家はさながら「男の隠れ家」になっていく。

最後は妻が遊びに来るのだが、この夫婦は元の鞘に収まるのかな?


夫と妻。いずれかがではなく、双方がちょっと我慢をしあっている日常。
その日常こそがかけがえのないものだと、あらためて思ったことであった。


家日和
集英社
2010/05/20 出版
2011/01/28 Reader™ Store発売
264ページ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.28

映画【プリンセス トヨトミ】

大同生命大阪本社ビル

今日からロードショーらしいが、またも?女性と男性が入れ替わっている。

松平役の堤真一は、いい感じではないだろうか。

だが、少しずれている鳥居が女性で、扮するのは綾瀬はるか。
反対に、クールな女性検査官旭が、岡田将生というキャスティング。

で、キャラとしては原作のままなのかなぁ。
だとしたら、最後の方での旭の位置は、どう描かれているのだろう?

大阪の女性たちについて明かすのは、やはり旭の役目ではないのか?


ちょっとネタバレっぽいが、原作者がイメージしていたお好み焼き屋は、「あおによし鹿男」(だっけ?)で、登場人物二人が入ったお好み焼き屋そのものだったという。


画像は、本日出かけたところの向かい側。

直接関係ないが、淀屋橋から北浜にかけては、古いビルが今も現役で活躍しているようだ。原作で出てくる辰野金吾設計のビルもある。
近辺まではよく行くのだから、少しは歩いてみたいものだ。

そしてもう一つ、空堀通りの写真も欲しいな。
またしても連鎖反応。桜井京介も、辰野金吾のことを調べていたなぁ。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.27

三谷幸喜と小林聡美 離婚

靱公園


三谷幸喜と小林聡美 17年も訳なく離婚(asahi.com)というニュースを見たのが、23日。

昨日(26日)の三谷幸喜の朝日夕刊コラム「三谷幸喜のありふれた生活」では、連載に彼女が登場したが、それを彼女は嫌がっていたこと。でも本人は、それを書くのが面白いエッセイになると思っていた。

確かに、連載が始まって犬のトビが家族の一員になった頃は、よく登場していた。
いや、この連載を通じて、奥さんが小林聡美だと知ったのだった。


週刊誌には、「ネコが原因」と書かれているようだと、つれあいが言っていた。

その、犬やネコたちは、どうなるのだろう?
動物たちにとっても、家族の離散は悲しい出来事だろう。


昨日梅雨入りして、今日も午後から雨になった。憂鬱な雨なので、先週見てきたバラの画像を。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.26

佐藤多佳子【聖夜】

聖夜

聖夜佐藤 多佳子著
税込価格: ¥1,450 (本体 : ¥1,381)
出版 : 文藝春秋
ISBN : 978-4-16-329790-3
発行年月 : 2010.12
利用対象 : 一般

罪深き母、常に正しい父、オルガンと夏の匂い…。聖書に嚙みつき、ロックに心奪われ、メシアンの難曲と格闘する眩しい少年期の終わりを描く。


舞台は、著者の出身校「青山学院高等部。
時代は、1980年代。

やはり、佐藤多佳子は好きだ。

陸上競技に青春をかける高校生を描いた【一瞬の風になれ】で、ファンになったのだが、今回は音楽と宗教をからませて、同じく高校生の成長を描く。

多感で、一件反抗的に見えても実は素直な心を失っていない彼らに、拍手を送りたい。


聖夜


とうとう、「FC2ブログの書き込み制限」についての記事が隠れてしまった。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.05.25

「プリンセス トヨトミ」「阪急電車」 

靱公園


朝日新聞夕刊一面の左上に、堤真一・岡田将生・綾瀬はるかの三人が、空堀商店街を歩いている写真が掲載されていた。
asahi.com↓記事のリンク先には、その写真はない。

「プリンセス トヨトミ」「阪急電車」 関西撮影次々

空堀商店街は、以前はよく通った。といっても谷町筋から西側だけだが。
学校も、あったような気がする。
だが、どうも東側の方が面白そうだ。

奇想天外な話だが、いかにも大阪的な気がする。。


大阪市内には、こうした商店街が幾つか残っている。府内の町からは、商店街が消えたところが多いのに。
一つには、市内にはいわゆる郊外型のスーパーが建ちにくいからというのも、あるのかな?


阪急電車今津線にも乗りに行かなければいけないし、上記空堀界隈にも行ってみる必要?がある。(かな?)
もうすぐ5月も終わりやしー(謎)。


画像は、昨日とほぼ同じだが反対側。
実は、昨日の記事をiPhoneから見たときに、写真が表示されていなかった。あれ?と思ってその下までスクロールしてみると、浪速の朝も、ぽっかりと空白なのだった。

上の写真は、表示されている。

なぜだろう?なぜかしら?
iPhoneからという方はあまりいらっしゃらないだろうから、ま、いっか。(そればっかり)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.05.24

電子版「朝日新聞」

うつぼ公園

朝日新聞が電子版「朝日新聞デジタル」 7月末まで無料(asahi.com)

 購読料は、月3800円。現在紙版を購読している場合は、プラス千円で購読できる。但し、決済はそれぞれ別でするようだ。

 産経新聞は、無料で毎朝配信してくれている。だが、保存は出来ないし、過去記事を読むことも無理かな?


 どういった電子版にしろ、読む側のハード面が問題だ。


 画像は、先週末とある公園にて。
 大人も子どもも、水が好き!


総会準備、ようやく完了。やっほーい!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.23

エコパ(ECOPA)

エコパ(ECOPA)

エコパ(ECOPA)は、「電池式屋内用センサーライト」のこと。
暗いところでも。人の気配で明るくなる。

Ecopa_2

階段や、玄関の靴箱の上、部屋の一隅(ピアノの上とかDKの境目等)に置いておくと、結構便利だ。


上の画像は、昨夜撮ったもの。部屋の電気は消している。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.22

PJ会議終了

title=

とある本作りのためのプロジェクト。実は三年越しの作業で、かなり期待されているのだが……。今回はこれまでとメンバー一新で、いい集まりだった。
一応責任者というか、まとめ役としての参加。


で、女子だけなので夕食は和食で。時折ランチで利用する店だが、夜は初めてなのだ。
はるばる海を越えて?参加した人が、
「ハモは二度目ですが、前回は生臭くて嫌だと思ったのです。
今日のは、おいしかったです。」
と言ってくれた。


画像は、そのハモの鍋。「お食事」前の最後の料理。


ちょうど娘と同い年の、彼女(向かい側にチラッと)。可愛い。仕事の上で、一番いいころだなぁ。しっかり後を継いで頂きたいものだ。


はい、料理はおいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.21

本日の ランチ

玄三庵


って、もう夕方やん (^^;;




| | コメント (2) | トラックバック (0)

浪速の朝

ホテルから

って、もう午後やん (^^;;



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.20

Evernoteのノートが消えた

Evernote


あらゆるものを「Evernote」にメモするだけ
と 最近どこでも勧められるのだが、この3月中旬から4月にかけてのノートが消えている。

最初は、単に同期がまだなのかソートがうまくいっていないのかとも思ったのだが、いっこうに回復しない。
他のサイトでも同じようなことを書いていらっしゃる方があったので、そういうこともあるのだなと納得。

あらゆることに、万全なんてないのかもしれない。
幸い、メモ程度のものしか入れていないので、被害はなかったとも言えるが。

一旦覚え書きとして、放り込む。
これに特化したソフト?として使い続けるしかないかな。

というわけで、プレミアム会員へのアップは、しばし見送り。


画像は、Evernoteのサイトから拝借。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.19

松本清張【十万分の一の偶然】

十万分の一の偶然

十万分の一の偶然松本 清張著
松本清張記念館監修
税込価格: ¥680 (本体 : ¥648)
出版 : 文藝春秋
ISBN : 978-4-16-769727-3
発行年月 : 2009.12
利用対象 : 一般

玉突き衝突事故で、激しく燃えあがる3台の車。死者6名、重傷3名。A新聞の「読者のニュース写真年間最高賞」に輝いたのは、東名高速での凄惨な自動車事故を写した1枚の写真だった。


この写真に対して、読者からは不快感を表す投稿があった。しかし、審査委員長も新聞社の写真部長も、この「十万分の一の偶然」を運転者への新たな警鐘として捉えて欲しいと、取り合わなかった。

それにしても、なぜ先頭車の運転手は突然ブレーキを踏んだのか?現場検証は細かく行われたが、結局何も見つからなかった。それは謎のまま、事故は収束した。

だが、数ヶ月後、犠牲者の内の一人の身内のものが現れる。姉とその同行者(男)だが、事故現場へ案内された男の方の慟哭に、何かを感じる。
彼は現場近くの写真を何枚も撮る。

購入してから日が経っていたので、紹介文を忘れてしまっていた。
従って この時点で、あってほしくない結末が予想され、ドキドキしてしまった。

彼の丁寧な調査で浮かび上がってくる真相。
そして復讐へと進んでいく。


恐ろしい、物語である。


十万分の一の偶然
文藝春秋
2009/12/10 出版
2011/04/01 Reader™ Store発売
412ページ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.18

映画【岳-ガク-】

岳-ガク-

岳-ガク-石塚 真一原作
涌井 学著
税込価格: ¥540 (本体 : ¥514)
出版 : 小学館
ISBN : 978-4-09-408597-6
発行年月 : 2011.3
利用対象 : 一般

2011年5月7日全国公開映画の完全ノベライズ!


あのナオタの父が死ぬエピソードは、原作の方がいい。
原作では、母親は出て行ったのではなく死別で、いつも天国から二人を見守っている。最後に「かぁちゃーん」と呼んだ声を救助隊が聞きつけて助けるのだ。

ノベライズだから、当然映像とは違う。
美しい山も空も、観ることは出来ない。
その上、声も聞けない。

だが、そうした状態で映画を楽しむことは可能か?
答えはある意味、「イエス」である。

敢えてそうしているわけではないが、こうした鑑賞の仕方もあるということで……

岳-ガク-
涌井学(著) , 石塚真一(原作)
小学館
2011/03/09 出版
2011/05/06 Reader™ Store発売


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.17

FC2ブログの書き込み制限

カーネーション


以前にも書いたが、FC2ブログで「書き込み制限」を受けている。
更新があると必ず訪れて、共感することも多いブログでの話だ。いや、お会いしたいとも思っている。

コメントが欲しいとの記事があったので、前回の書き込み制限から年数も経っているのでもう大丈夫かと書いてみたが、ダメだった。
昨日もテストコメントを書いてみたが、やはり受け付けてもらえず。

おそらくAuthorはご存じなかろうと思われる。当方へもまれにご訪問がある模様だが、前回の書き込み制限については、残念ながらお目にとまらなかったようだ。(他にもネコについて言及したこともあるが……)


メールでお伝えするという気にもなれず、運良くお目にとまればと思いつつ、今書いている。


持ちの良いカーネーションも、水やりに気を遣う頃となった。枯れない内にというのが、今日の画像。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

勧誘電話

「はい」
「もしもしー、お忙しいところ失礼いたします。」(若い女性)
「はい」(忙しい最中だよ)
「わたくし、@なんちゃらの誰某と申します。今日は光回線をお使いの方にプロバイダーのご紹介を云々。
パソコンをお使いの方は、お電話に出ておられる【奥様】でしょうか」
「わたくし、【おくさま】という人ではないので失礼いたします。」

偶然横に来ていたつれあいが、大笑いしていた。
こういうところからの電話だという話をしながら、「光回線が……というのはおかしいね」という話になった。
(途中で、「プロバイダって何や」とかいう会話はカット)

「NTTから、漏れているのかねぇ」
「どこで光のことを知ったか、聞いたらよかったのに」
「最初チラッとそう思ったのだけど、奥様で方針急転換」

どちらにしても、普通は姓を確認してくるのが、もしかしたら知らなかったのかな?
そして、FTTH利用者の番号だけをどこかで入手して電話をしてきたのだろうか?

そうそう、ソニーでも顧客情報大量流出なんてあったっけ!



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.05.16

石塚真一【岳 1】

岳 1

岳  1石塚 真一著
税込価格: ¥550 (本体 : ¥524)
出版 : 小学館
ISBN : 4-09-187571-8
発行年月 : 2005.6
利用対象 : 一般

【マンガ大賞(第1回)】【小学館漫画賞(第54回)】


上映中の【岳】の原作マンガ。

主人公は、一歩二歩三歩の、「三歩」という。山岳救助ボランティアである。
これに、なぜか長野県警山岳救助隊の久美という女の子がからむ。実際にこうした女性の救助者がいるのかどうかは知らないが、過酷な現場である。

その久美の、成長物語でもある。


岳 1
2005年6月1日初版第1刷発行
2011年4月26日第31刷発行

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.15

ドイツのふきんBLITZ(ブリッツ)

ドイツのふきんBLITZ(ブリッツ)というのがある。
説明によると、「環境に優しいセルロースを綿繊維でしっかりと補強。
吸水性バツグン!繊維が残らない!洗って何度も使える!天然繊維100%とある。

実際使い始めてかなり経つが、重宝している。
パルコープで企画がある都度求めて、最初は台所用、順次風呂洗い用、最後は雑巾として使っている。


ドイツのふきんBLITZ(ブリッツ)


台所では、主に台ふきとして使う。おろすまえはカチッとした一枚の板?だが、濡らすと布のようにしんなりする。洗濯機オーケー。だが汚れを拭き取っても、即手洗いすればキレイになる。
煮沸消毒も、可能だ。
乾けば、元のようにシャキッとするし、清潔である(と思う)。


これを使い始めてから、雑巾を使わなくなった。勿論何枚かは常備しているが、たとえば雨でぬれた足を拭くときは、タオルを使えばいい。
使い捨てタオルを併用すれば、このフキンだけで間に合ってしまうのである。


ドット模様や、色も何色かあるようだが、パルコープでは今のところ三色入りの企画しかない。
その三色セットを用途毎に使い分ければいいので、不便ではない。


画像は、販売サイトのもの。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.05.14

目には青葉

上本町六丁目

これも、カーラジオの話し。
数日前の夕方の番組だ。アジア各国からのさまざまなニュースを伝える中で、それぞれに今回の日本の震災への応援について語られているのに驚いた。

韓国で、台湾で、ベトナムで。
とてもありがたいと、思った。

こうしたお気持ち・支援に応えられるだけのことを、してきただろうか。
いや、しっかりと復興させることが、そうした好意に応えることになるだろう。

チャンス到来とばかりに、内輪もめなどしている時ではなかろうに……


画像は、大阪市内にて。きれいな青空が広がっていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.13

内田康夫【神戸殺人事件】

神戸殺人事件

神戸殺人事件内田 康夫著
税込価格: ¥680 (本体 : ¥648)
出版 : 中央公論新社
ISBN : 978-4-12-204898-0
発行年月 : 2007.8
利用対象 : 一般

芦屋の海運会社社長邸を訪ねた東京の画廊社員が殺害され呑吐ダムで発見された。彼と最後に会話した令嬢・小野田亜希は、信じていた一家の幸せもが崩れていくのを予感するのだった……。同じ頃、神戸取材中の浅見光彦は、郷土史家の元船長と意気投合するが、翌日彼は死体で発見され、殺害嫌疑が浅見にかかる。神戸の闇に事件が交差する……!!


神戸と言えば、百万ドルの夜景や風見鶏、最近?はルミナリエなどの観光地や、灘の生一本などの名声が高いかと思うが、マイナスイメージを持つものもあるのだ。

本書は、その全国的に有名なではないが、そうした裏の面も覗かせながらの事件。
著者あとがきによると、ご自身の取材中に出会った白い犬のことから、作品全体の発想の原点を得られたという。
例によって関係のなさそうな逸話を並べつつ、それらをうまくミックスしてまとめてある。
上記解説によると、いろんな要素を出しつつ、どう集結するかは著者もわからないながら筆を走らせる(ではない、ワープロをたたき続ける)のだという。

そういえば、浅見青年は取材旅行にもワープロを必ず持参して仕事をするが、さすがに今はノートパソコンだろうな。


義妹の母上は、毎朝六甲へ登るのを日課にしておられた。そうした市民は、多いという。


神戸殺人事件
2010/08/07 出版
2010/12/10 Reader™ Store発売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.12

新川二郎さん

♪ あーめのがーいえん よーぎりのひびやー
昨日、カーラジオから聞こえてきた歌。

つれあいが、
「よく聞くけど、何という歌だ?」
と言う。
「待って、歌詞に出てくるから」
と言っている内に思い出した。

「そうだ、東京の灯よいつまでも」
「あ、あかりという字!」
「そう」

澄んだ高音の、この人の歌が 好きだった。
語りの部分は、よく聞こえない。そのうち、また新川さんの歌になる。

しばらくして、気づいた。どうも、午後の番組にご当人がゲストで出ていらっしゃったようなのだ。
そりゃ、声も変わるよなぁ。昭和39年(1964年)、22歳の頃の歌だものな。


というわけで、画像はレトロなカーネーション??
いえ、単に夜撮したもの。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.11

さえずり 導入

前菜


以前にも書いたが、ツイッターのアプリの一つに「Saezuri」というのがある。
持ち歩き用ノートに入れて使っていたのだが、なぜかこちら(メインPC)には導入できなかった。
それが、ごく最近うまく入った。

シンプルで、使いやすい。縦に帯状に並んでくる。
起動しているときには、新規ツイートがパッパッと現れてくる。これは場合によっては、邪魔になることもあるが。

設定によって、新規ツイートへジャンプするようにも出来るのだが、そうではなく前回最後を表示する方にしている。

ところが、二カ所で見ていると、都度前回の続きになるので、片方は最新を表示にした方がいいのかもしれない。


画像は、昨日の前菜。屋内で食べ物を撮るのは、やはり難しい。ま、メモだからいいっさ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.10

【ダ・ヴィンチ 2011−6】

ダ・ヴィンチ 2011−6

ダ・ヴィンチ  2011−6税込価格: ¥490 (本体 : ¥467)
雑誌コード : 05947-6
出版 : メディアファクトリー
発売日 : 2011.05.06
刊行頻度 : 毎月6日
利用対象 : 一般


特集が、「東野圭吾キャラクターズ」だったので購入したもの。

加賀恭一郎vs湯川学、あなたはどちら派?というのがキャッチフレーズだ。
これは、映像化された阿部寛と福山雅治の魅力とも相まって、いい勝負だろう。

どちらも魅力的だが、【卒業】でぞっこん惚れ込んだ加賀さんにポイントを!
高校・大学と趣味の茶道や剣道クラブでも一緒だった、相原沙都子も好感の持てる女性だったが。彼女は卒業するとさっさと東京で就職して、その後登場していない。
【眠りの森】のプリマドンナには、加賀は好意以上のものを抱いたとされるが、それ以上は進まない。

湯川は一件朴念仁のようだが、友人である刑事草薙や【容疑者Xの献身】の石神の恋心に気づくなど、意外な面も見せる。

加賀に対しては、父親との確執や、従兄弟の登場など、周りの人物の描写もかなり細かいところもある。
湯川の私生活は、殆どわからない。


この両者の比較意外にも、色々作品によるキャラクターランキングが楽しい。


特集以外でも、5月の新刊紹介など、目に毒な記事が多い。


ダ・ヴィンチ 2011−6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.09

【日経パソコン2011年5月9日号】

日経パソコン9月13日号

特集は三つ、いずれも興味深い。

・ 無線LAN導入のすすめ
・ Androidスマートフォンを支える技術
・ Gmail完全活用術

無線LANについては、少し前にも特集していたような気がするが。
随分高性能なルーターも、色々出ている。そろそろ、買いかえるかな。

Androidについては、自分では使っていないので正直よく解らない面も多い。iPhoneと同じくらいアプリが増えたら、考えるかも。但し、それには二つばかり条件をクリアする必要がある(笑)。


Gmailは、現在使っている。幾つか面白い使い方があるようだ。


4月に引き続き、「Evernoteで情報整理」も。これも、自分の使い方を確認しながら今少し活用していきたい。


同じく4月号から始まっている、「希望ジャーナル」。
これは、何か一つに特化した特集ではなく、

 一日でも早い復興に向けて、震災関連のニュース、被災者や被災企業を支援するサービス、日常生活やビジネスの正常化に役立つITの活用ノウハウなど、さまざまな情報を提供していきます。
という姿勢での情報発信だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.08

増殖する「〜の方」

めがね屋の看板

最近気になっているのが、「~の方」という言い方だ。
本来、二つ以上を比べての「こちらの方」といった意味合いで使うのではなかったのか?
それが、単独での言葉にもよく使われているような気がするのだ。

プロの作家さんで多用する方がいらっしゃって、「方ばっかりやなぁ」と思うのは自分だけだろうか?

おそらく、(断定しないという意味で)柔らかい表現になるから、だんだん市民権を得てきたのだろう。そのうち、慣れるかな?


画像は、先日京都市内で見かけたお店の看板。店の名前も、右からになっている。
トラックなどでは先頭から読めるように、車体の右側は右から書きになっているが、普通の看板などで見ることはなくなったと思っていたが。

さすが 京都!



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.05.07

小山香織【iPod touch】

iPod touch The Friendly Manual 2011 イランカラプテ

iPod touch小山 香織著
税込価格: ¥1,344 (本体 : ¥1,280)
bk1ポイント倶楽部: 12ポイント(1%進呈)
国内送料無料でお届けできます
出版 : ラトルズ
サイズ : 23cm / 191p
ISBN : 978-4-89977-278-1
発行年月 : 2010.12
利用対象 : 一般

多彩な機能のモバイル端末「iPod touch」の基本操作&活用法を徹底ガイド。文字入力や写真・ビデオの使い方などの基礎と、パソコンとのデータの同期、ビデオ編集などの応用を紹介。iOS 4.2/第4世代対応。


今のところ自分にとっては縁がないが、iPhoneとの親和性もあって、多少は関係してきそうだ。


iPodtouchは、起動すると即[mixi][twitter][facebook]のアカウントを聞いてくる。
今や、これらを使うのが「ふつー」のことになっているのだろうか。
EvernoteやDropbox.の活用方法や、Gmailとの同期などにも触れてある。


昨日は、帰宅したら文章部分を追記しようと思っていたのに……


本は購入した時点で、ブクログやMediaMarkerに登録すること!
読み始めたら、即エントリーを作って、途中でも感じたことを書いていくこと!
そして、書いたら片っ端から整理(断捨離?)していこう!

これらをキチンとしておかないと、何がなにやらワケワカメ状態になりそうだ。
(いつものこと?)

iPod touch
2010年12月20日第1刷発行


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.06

京大病院

京大病院


「今日 京大病院へ行ってきた」
と言ったらつれあいがビックリしたのだが、いえお見舞いに。

入院なさってから、すでに一月経過。
先週にはお電話も頂いていたので、そろそろいいかなと出かけていった。

短時間で済ますつもりだったのに、こうした話?が出来る人としばらくお会いになっていないようで、話はなかなか尽きないのだった。

順個室ということで、相部屋では会っても隣との仕切りには障子がはめてある。チェストやロッカーも木で出来ているし、チェストの上はデスクになっている。
枕元の、何て言ったっけ?、それも木だ。

なかなか住み心地はいいそうで、食と水回りを除けば、充分住める広さ(狭さ)だ。
「方丈の住まい」のようで、究極これだけのスペースでいいのかもしれない、等とも話したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.05

大倉崇裕【福家警部補の挨拶】

福家警部補の挨拶

福家警部補の挨拶大倉 崇裕著
税込価格: ¥819 (本体 : ¥780)
出版 : 東京創元社
ISBN : 978-4-488-47002-9
発行年月 : 2008.12
利用対象 : 一般

現場を検分し鑑識の報告を受けて聞き込みを始める頃には、事件の真相が見えている? おなじみ刑事コロンボ、古畑任三郎の手法で畳みかける、4編収録のシリーズ第1弾。福家警部補は今日も徹夜で捜査する


いわゆる「倒叙物」の一つ。コロンボや古畑任三郎も、それに当たる。
犯人の心理を先に出し、読者に犯行を知らしめる。

大抵は日が変わって、刑事たちの出動。
そこへ遅れて、探偵(刑事)登場。

本書の刑事さんは、小柄な女性である。
コロンボがおんぼろプジョーを揶揄されるように、女子大生のようなということで最初は警部とは見られない。


【最後の一冊】
【オッカムの剃刀】
【愛情のシナリオ】
【月の雫】
の四編からなっている。

本を何より愛している女性館長が登場する【最後の一冊】。先代のオーナーもまた愛書家で、彼女は尊敬していた。だが、後を継いだ息子は、図書館を閉鎖してもっと効率のいい商売を考える。
ここでの犯人の心情は、非常によく解る。
だが、福家が彼女を犯人だと判るのが、やや説得力に欠けるような気がする。


【オッカムの剃刀】は、福家のいわば上司にあたる元科研主任で今は大学教授が犯人。
しつこく追いかける福家に、『動機を探せ』と迫る。
低姿勢で応じた福家は、地道な調査でそれを突き止める。


やはり著者は、刑事コロンボが好きなのだという。
その分、少々パクリっぽい気がしないでもないが……
【最後の一冊】は、コロンボ【黄金のバックル】の美術館を図書館に置き換えたもの?というのは言いすぎかな。


【愛情のシナリオ】の被害者、「楽々クッキング」に出演している柿沼恵美って、「上沼恵美子のことでは?彼女も、何かクッキング番組をしていたのではなかったっけ?


連休中に、あれもこれも片付けておこうと思ってはいたのだが、いざ始まったら殆ど進んでいない。
うーん、困った。
本は一杯読んだが、これを書き留めるのがまた大変だ。いや、とにかく記録だけでもしておかなくては。


福家警部補の挨拶
東京創元社
2010/12/10 Reader™ Store発売
348ページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.04

ロボットのおつむ

オランダ屋


毎日がんばってお掃除をしてくれる「ルンバ」君だが、ロボットの優劣というのはやはりあるのだろう。


アイボが欲しいなぁと以前から思っているのだが、どんどん進化して持っているのよりいいのが出たときに、かなり複雑な思いになるような気がするのだ。

普通のモノよりも、今もっているのをポイと捨てて買い換えることが出来るだろうか?(勿論価格的な問題は別にしての話だが)

可愛がっていればいるほど、それは辛いことだと思う。かといって、やはり賢いロボットを欲しくなるだろう。


さてルンバだが、まさに「四角い部屋を丸く掃く」を地で行っている。元々丸い体だし、チョコッと腕を出して隅っこを掃くふりをしているが、それ以外にも取りこぼしはある。そのくせ、「終わったもーん」とばかりお仕事を止めてしまう。

だが、それすらも何となく愛らしく、取りこぼし分は充電式の小型掃除機でフォローしている保護者なのだ。


話が二転三転して買い換えのことになるが、パソコンや家電にしても、それまで一生懸命がんばってくれたモノを買い換えるのは何となく不憫だ。
かといって、やはり性能のいいものが出れば欲しくなるし、これは永遠に続くジレンマではある。


画像は、昨日の帰途寄ったベーカリー。郡山以南に行ったときにはいつも寄っているのだが、昨日は これまでになく混んでいた。


翌日追記

単語の間違いというのを、しょっちゅうしでかす。
今回も何となく違和感はあったのだが、手が動いていた。
「なんのこっちゃ」と思われた方、ゴメンナサイ m(_ _)m



| | コメント (4) | トラックバック (0)

阪神クリーンアップ3連発

阪神クリーンアップ3連発 伝説の1985年以来(asahi.com)

 阪神のクリーンアップ3連発は、1985年のバース、掛布、岡田による伝説のバックスクリーン3連発以来とあって、真弓監督も「ちょっと思いだすね」と感慨深げ。

阪神は、毎年連休の頃は元気だなぁ!


便乗して、エントリー三連発?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.03

某 美術館

1304393512240.jpg

踊り場の窓から


個人蒐集の小さな美術館だが、梅原龍三郎・岸田劉生・安井曾太郎などの作品もある。
祝日でどこもすごい人出だったが、ここは静かで知る人だけがやって来るというところなのだろうか?

池を挟んで向かい側には、有名な美術館がある。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【日本国憲法/あたらしい憲法のはなし】

日本国憲法/あたらしい憲法のはなし

日本国憲法/あたらしい憲法のはなし
税込価格: ¥1,365 (本体 : ¥1,300)
マイカ編集(編)

日本の未来に不安を感じている人に。「日本国憲法」には、日本をよりよい国にするための叡智がつまっている。


日本国憲法/あたらしい憲法のはなし
マイカ編集(編)
マイカ
2010/12/10 Reader™ Store発売
158円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.02

ウインドウズセブン 事始め2

実はセブンは初めてではなく、年末に購入していたのだった(届いたのは、今年1月11日)。


今使っている[R8]の後継機で、画面は同じ10.1型。
ところが、やってきたのは横長スタイルだった。↓(但し購入したものは J9)

Img_05
(画像は公式サイトより)

SSDやしー、おつむはインテル Core i7やしー、WiMAX使えるし-、でもあまりにも小さい。

やはりRから乗り換えを考えた達人は、現物をご覧になってこのシリーズをあきらめ、Sを購入されていた。
もったいないし使わなければと思いつつ、何となく二月ごろからほっぽらかしになっていた。

ところが、今日見つけたフォロワーのツイート。
『迷いに迷いながら、ヨドバシでレッツノートJ10SSD仕様を購入しました。』とある。
さては……とばかり
『もしかしたら、刺激した?』
とツイートする。

先日、委員会後にお茶をしながら、この使っていないJの話しをしていたのだった。

返信を書いてから、ひょっとしたら今日はお休みかもしれないと、ケータイに電話をする。そこで又話をして、あげく可愛い替えカバーがあることを知る。

現金なもので、改めて出してみる。
ま、スタイリッシュだし性能はいいし、もしかしたら「とあるソフト」を使わない時にはいいかな?などと思い始めているのだった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.01

小路幸也【シー・ラブズ・ユー】

東京バンドワゴン

シー・ラブズ・ユー小路 幸也著
税込価格: ¥580 (本体 : ¥552)
出版 : 集英社
ISBN : 978-4-08-746424-5
発行年月 : 2009.4
利用対象 : 一般

四世代のワケあり大家族が営む古書店「東京バンドワゴン」。赤ちゃん置き去り騒動、売った本を一冊ずつ買っていくおじいさん…。古本と共に舞い込んだおかしな謎をラブ&ピースに解決する、涙と笑いの下町ホームドラマ。


東京バンドワゴン第二弾。
今回は、前作(11.04.14)の最後、青とすずみの結婚式から少し経った、クリスマスの朝から始まる。

このシリーズはたくさんの登場人物の起こす騒ぎ?がメインなのだが、食事風景がまたなかなかいいのだ。
食事というとテレビのホームドラマでも必ず出てくるが、ここはちゃんと手前にも座っている人がいる。

さてこのクリスマスの朝の献立は

焼魚にだし巻き卵にワカメと胡瓜の酢の物、おみおつけはお揚げに葱にさつまいもに人参たまねぎと具だくさんににして、焼海苔と冷奴。

毎回そんなに変化があるわけではないが、これくらいのボリュームはある。

そして、その食卓で飛び交う会話が、にぎやかなのだ。台詞だけでつないでいくのだが、ちょうどチャットで会話が入り組んでいる、そんな印象。


年が明け、春が来て学校は新しい年度になり、花陽と研人はそれぞれ進学・進級する。
そう、サザエさんのようにいつまでも同じ年ではないのだ。

関連記事
【東京バンドワゴン】登場人物(11.04.07)
東京バンドワゴン
小路幸也(著)
集英社
2009/04/17 出版
2011/01/28 Reader™ Store発売
336ページ

http://ebookstore.sony.jp/item/BT000011352300200201/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »