« SonyReader .book(ドットブック)対応 | トップページ | iPhoneアプリ:Refills »

2011.07.09

紙の本と電子書籍

日付けが変わったので、BK1にアクセス。

このところ、トップ画面は北方謙三【楊令伝】だ。
ReaderStoreのトップ画面には、大きく【水滸伝】の文字が躍る。

BK1での【水滸伝】文庫は、630円。
BK1でも電子書籍版を出していて、こちらは449円である。これは、ReaderStoreでも同じだ。

BK1の場合は、「honto」という、これは書店なのかなぁ?ここから購入することになる。
対応端末は、PCやiPhone・iPad、それにドコモスマートフォン・ブックリーダーとやや幅広い?


ところで、講談社の本をReaderStoreで買うと、「ダウンロード期間は365日間だ」というメッセージがある。勿論一旦ダウンロードすればパソコン内には保存されるのだが、何だか釈然としない。
他の出版社の本は、そういうことがないからだ。
そういう契約をしているのだろうか?

伊坂(幸太郎)さんの本も、講談社のものは365日の縛りがあった。


森博嗣の【すべてはFになる】はじめS&M(犀川・萌絵)シリーズもReaderStoreに登場して、ちょっとビックリ。
これらは、いずれ少しずつ買っていこう。

こうした、一旦紙の本で購入して読んだ本もあらためて電子本で買えば、自炊する必要がなくなる。加えて、紙の本を傷めなくてすむ。



|

« SonyReader .book(ドットブック)対応 | トップページ | iPhoneアプリ:Refills »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/52157789

この記事へのトラックバック一覧です: 紙の本と電子書籍:

« SonyReader .book(ドットブック)対応 | トップページ | iPhoneアプリ:Refills »