« らじる★らじる | トップページ | 【ほぼ日手帳 公式ガイドブック2012】 »

2011.09.05

樋口一葉【十三夜】から

昨日らじる★らじるが丁度朗読の時間で、樋口一葉の【十三夜】をしていたと書いた。

そこで思い出して、【十三夜】を青空文庫で読み直してみた。やはり、泣ける。
女性の自立などあり得ない時代の哀しい話しだが、これは確か、昔三部作で映画になっていたのだったと、思い出した。

【にごりえ】【おおつごもり】との三作である。

【にごりえ】は淡島千景で、あと久我美子はどちらに出ていたのだったか?
【おおつごもり】は、舞台でもあったような気がする。新派だろうなあ。


一葉の小説は、もはや古典の部類に入るのかもしれない。

【たけくらべ】も、話しそのものは判りやすくても、文体はやはり少々取っつきにくいかもしれぬ。流麗で美しい文章だけれど。

これは 映画では、みどりをひばりが演じていた。姉はたしか岸惠子だった。信如は、新人だったと思うが、名前を忘れた。ひばりの相手役になると出世?出来たような気がしていたが(注)、彼はどうだったのだろう?
(注)中村錦之助→後の万屋錦之助fなど


|

« らじる★らじる | トップページ | 【ほぼ日手帳 公式ガイドブック2012】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「十三夜」で川上宗薫を思い出してしまったわたしです(^^;・・・

投稿: ムムリク | 2011.09.05 09:47

ムムリクさん

そのお名前からすると……

投稿: | 2011.09.05 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/52649916

この記事へのトラックバック一覧です: 樋口一葉【十三夜】から:

« らじる★らじる | トップページ | 【ほぼ日手帳 公式ガイドブック2012】 »