« 春は名のみの…… | トップページ | asahi.comが終わるらしい »

2012.02.05

西炯子【娚の一生 第二巻】

娚の一生 第二巻

娚の一生 第二巻西 炯子 著
税込価格: ¥420 (本体 : ¥400)
出版 : 小学館
ISBN : 978-4-569-70039-7
発行年月 : 2009.10 
利用対象 : 一般



過去に手痛い失恋をして、恋いに臆病になっているつぐみ。祖母の住んでいた家に住んで、在宅で仕事をしている。
その離れには、祖母にあこがれていた大学教授が押しかけてきて住んでいる。
かれは、つぐみを好きである。

そこへ、当然のことながら「恋敵?」登場。彼の助手であり、勤務先の学園長の娘である西園寺が尋ねてきて、色々と世話を焼きたがる。
だが、海江田は冷たくあしらう。

また、ツグミの周りには、幼なじみの郵便配達員や議員二世もいる。

途中、母親に置き去りにされた ガキ 暗算が得意な幼児の話や、海江田が賞をもらったことによるドタバタなども絡む。

と、穏やかな中にも若干ハラハラさせる要素を入れて、今回もなかなか楽しめた。

しかし、この海江田というのは充分おじさんなのだが、(絵が)年相応に見えるときと、若者のように感じるときがある。

そして、やはり絵が薄くて判りにくかった。ま、どぎついよりはうんとマシではある。


娚の一生 第二巻
2009年10月14日初版第1刷発行
2011年6月20日第12刷発行


|

« 春は名のみの…… | トップページ | asahi.comが終わるらしい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/53909644

この記事へのトラックバック一覧です: 西炯子【娚の一生 第二巻】:

« 春は名のみの…… | トップページ | asahi.comが終わるらしい »