« 川本三郎【小説を、映画を、鉄道が走る】 | トップページ | 西炯子【娚の一生 第二巻】 »

2012.02.04

春は名のみの……

春は名のみの……

立春の今日、風は冷たい。だが、昨日までの寒さがほんの少し緩んだように思うのは気のせいか。

これまでにも記事にしている

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず(早春賦)
だが、その寒さの中にも希望がわいてくるような気がして、好きな歌である。


節分の頃はやはり毎年寒さが厳しいようで、過去記事を見ると2008年には雪が降っている。2009年も、寒さが戻ったと書いている。


小腹がすいた夕刻、食したのは「立春大福」ではなく、その名も「雪の宿」(という サラダせんべい)だった。


画像は、本日の出勤地?反応よく、面白かった。


|

« 川本三郎【小説を、映画を、鉄道が走る】 | トップページ | 西炯子【娚の一生 第二巻】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/53901405

この記事へのトラックバック一覧です: 春は名のみの……:

« 川本三郎【小説を、映画を、鉄道が走る】 | トップページ | 西炯子【娚の一生 第二巻】 »