« もろもろ | トップページ | EPUB3 »

2012.02.24

【ハティのはてしない空】

ハティのはてしない空

ハティのはてしない空カービー・ラーソン 著 杉田 七重 訳
税込価格: ¥1,680 (本体 : ¥1,600)
出版 : 鈴木出版
ISBN : 978-4-7902-3246-9
発行年月 : 2011.7
利用対象 : 一般

【ニューベリー賞オナーブック(2007年)】【モンタナブック賞(2006年)】20世紀初頭、アメリカ北西部のモンタナで、両親のいない16歳の少女ハティは、おじの遺言をうけ、たったひとり、土地の開拓に挑む。厳しい暮らしのなかの、あたたかな心のふれあいを描いた物語。


時は第一次世界大戦の頃。アメリカからも多くの男が兵士としてヨーロッパへ渡っている。ハティの元同級生チャーリーも、志願して戦争に行った。彼に出す手紙と、彼から来る手紙からも、戦争が刻一刻ひどくなっていく様子がわかる。
銃後?でも、きな臭いにおいがしてくる。

ハティを駅まで迎えに来てくれた隣に住む夫妻の夫カールは、ドイツ人だ。彼らは様々な嫌がらせを受ける。その嫌がらせは、カールを友達だというハティにまで及ぶ。

家畜小屋を焼かれ、牛を失ったカール夫妻にハティが牛を譲って、生まれてくる赤ん坊のために二人でキルトを作り始めた頃の描写。

生きていくうちには、土地を自分のものにするよりも大きなことがあるのだと、気づきはじめてきた。わたしはいま自分の人生を自分の手でつかもうとしているのだ。


ハティ自身も、平原の隣人たちも、否応なく戦争に巻き込まれていく。ただ正直に国民として過ごしているだけで。

それにしても、何と過酷な生活だろう。せっかく刈り取った亜麻や小麦を、雹ががたたきのめしていく。「白い死神」によってもたらされた、「夢の 葬儀」。残ったのは、どう計算しても返せない 借金。


ふりかえればモンタナは約束を守ってくれた。大平原で過ごしたあいだに、わたしは自分の居場所を見つけたのだ。自分の心のなかに。そして、出会った人々の心のなかに。


著者は最後の「覚え書き」で書いている。

この本を書き出した時期は、イラク戦争が勃発した時期とほぼ重なっていました。1918年には商店が「ザウアクラウト」を「リバティ・キャベツ」と呼ぶようになったという記述を呼んだのが、2003年。ちょうどそのころ、イラクへの即時攻撃に異を唱えたフランスに対して、レストランでは「フレンチフライ」を「フリーダム・フライ」と呼ぶようになったというニュースが流れました。1918年の生活をくわしく知れば知るほど、現在の状況と似ていると思えてきました。


録音図書製作中です。コンテンツアップも見越して。


ハティのはてしない空
2011年7月21日初版第1刷発行


|

« もろもろ | トップページ | EPUB3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/54063705

この記事へのトラックバック一覧です: 【ハティのはてしない空】:

« もろもろ | トップページ | EPUB3 »