« 蛇蔵&海野凪子【日本人の知らない日本語3】 | トップページ | 立川談四楼【声に出して笑える日本語】 »

2012.03.24

内田康夫【天城峠殺人事件】

天城峠殺人事件

天城峠殺人事件内田 康夫 著
税込価格: ¥540 (本体 : ¥514)
出版 : PHP研究所
ISBN : 978-4-334-76364-0
発行年月 : 2012.2
利用対象 : 一般

旧天城峠の崖下で老人男性の死体が発見された。事件に巻き込まれた浅見光彦が捜査を始めた直後、かつてインタビューして意気投合したアイドル・桜井夕紀が心中。光彦はやがて2つの事件の意外な接点に気付く。


当初はタイトル通り 天城地方が舞台のように思えた。確かにそうなのだが、途中から少し様子が違ってくる。
比較的早い時点で事件関与者は判る。

また、いつもと違って アイドル?が被害者側の関係者というより むしろ加害者側の文字通りアイドルであること。途中でいなくなってしまうのだが、浅見の気持ちの中には常に引っかかりがある。


そして舞台は陸前高田へ。最初に書かれたのが1985年とのことで、あの松も登場する。
読んでいて辛くなる。

「千社札」というのは、今でも貼って歩く人がいるのかな?


椿またぽとりと地べたをいろどつた 種田山頭火
天城峠と 椿の花と。本書のキーワードでもある。


天城峠殺人事件
2012年2月20日初版第1刷発行

|

« 蛇蔵&海野凪子【日本人の知らない日本語3】 | トップページ | 立川談四楼【声に出して笑える日本語】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>「千社札」というのは、今でも貼って歩く人がいるのかな?

記憶によれば、随分前から「千社札禁止」をうたう寺社が多いようではあります。
ゆえに、うっかり貼ると器物損壊罪に問われることになりかねないのかもしれませぬ(^^;

投稿: ムムリク | 2012.03.24 12:20

ムムリクさん こんばんは

この本では、ひっそりと目立たぬところに貼っていたというのも、ヒントの一つになっていました。

投稿: | 2012.03.25 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/54246607

この記事へのトラックバック一覧です: 内田康夫【天城峠殺人事件】:

« 蛇蔵&海野凪子【日本人の知らない日本語3】 | トップページ | 立川談四楼【声に出して笑える日本語】 »