« 内田康夫【天城峠殺人事件】 | トップページ | 京都市内一筆書き移動 »

2012.03.25

立川談四楼【声に出して笑える日本語】

声に出して笑える日本語

声に出して笑える日本語立川談四楼 著
税込価格: ¥740 (本体 : ¥705)
出版 : 光文社
ISBN : 978-4-334-78527-7 
発行年月 : 2008.9
利用対象 : 一般


いやー、外国人が使う日本語でなくても、充分笑えます。

本書のキーポイントの一つは、「シャレが通じるかどうか」にあると思うのだが。
ま それは於いて、「いいまつがい」が出てくる、出てくる。しかも間違えた方(かた)の実名まで。
であるからして、「安心して間違いましょう」というメッセージも込めている。あ、ATOK「めっっせーじ」をちゃんと「メッセージ」と変換したよ。

堂々と言い間違えよう、それもネタになる。
とは言いながら、やはり言葉のプロ。間違いではない、「おかしな日本語にはもの申す」の姿勢はお持ちだ。
『5千円からお預かりします」にクレームをつけ『消防署の方から来ました』に意義を申し立てる。
だが、『コーヒーの方、お代わりいかがですか』に『ほうほう、そうですか』と応じても相手は一向に動じないと、嘆いておられた。


声に出して笑える日本語
2009年4月20日初版第1刷発行


|

« 内田康夫【天城峠殺人事件】 | トップページ | 京都市内一筆書き移動 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/54304842

この記事へのトラックバック一覧です: 立川談四楼【声に出して笑える日本語】:

« 内田康夫【天城峠殺人事件】 | トップページ | 京都市内一筆書き移動 »