« 京都市内一筆書き移動 | トップページ | Evernoteに送れない不具合 »

2012.03.27

堂場瞬一【讐雨】

讐雨

讐雨堂場瞬一 著
税込価格: ¥900 (本体 : ¥857)
出版 : 中央公論新社
ISBN : 4-12-204699-8
発行年月 : 2006.6
利用対象 : 一般

「間島を釈放しろ。さもないと、爆発は続く」連続少女誘拐殺人事件の犯人・間島を逮捕し、解散が目前に迫った捜査本部。最後の裏付け捜査を担当した鳴沢は、相棒と帰還途中、車の爆破事件に巻き込まれる。怪我を押して署に戻った二人を待つ犯行声明。そして第二の爆破事件。犯人の目的は? 見えない動機を追う鳴沢だが――!?

「讐雨」の「しゅう」は、「復讐」の「しゅう」だ。そのタイトル通り、どの場面にも、復讐を求める雨が降る。
何のための復讐か?これでもか これでもかと、雨が降る。雨は最後まで止まない。

爆発物の犯人と、少女殺人事件の犯人。一見結びつきがないこれらが、最後まで緊張を強いる。
ではあっても、少しずつ解決には近づいていくわけで、途中何度か「真の犯人」というか共感者の存在が浮かび上がってくる。

最後は、今回もアクション。
鳴沢は、よほど高低差のある活劇が好きと見える。


途中、アメリカへ渡っている恋人 とその息子が登場する。
このあと、鳴沢はアメリカへ渡るようだ。


堂場瞬一作品
堂場瞬一【帰郷】(11.07.04)
堂場瞬一【雪虫】(11.07.28)
堂場瞬一【孤狼】(11.09.27)
堂場瞬一【破弾】(11.10.09)
堂場瞬一【讐雨】(12.03.27)
堂場瞬一【虚報】(12.05.16)
堂場瞬一【血烙】(12.07.30)
堂場瞬一【被匿】(12.08.21)
堂場瞬一【ラストダンス】(12.09.07)
堂場瞬一【長き雨の烙印】(12.09.16)
堂場瞬一【七つの証言】(12.09.27)
堂場瞬一【疑装】(12.11.24)
堂場瞬一【アナザーフェイス】(12.12.03)
堂場瞬一【約束の河】(12.12.05)
堂場瞬一【敗者の噓】(12.12.19)
堂場瞬一【断絶】(13.01.10)
堂場瞬一【逸脱】(13.01.22)
堂場瞬一【蝕罪】(13.02.10)


讐雨
2006年6月25日初版発行


|

« 京都市内一筆書き移動 | トップページ | Evernoteに送れない不具合 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/54268630

この記事へのトラックバック一覧です: 堂場瞬一【讐雨】:

« 京都市内一筆書き移動 | トップページ | Evernoteに送れない不具合 »