« 外向き始動 | トップページ | Siriを使ってみた »

2012.04.04

【婦人之友3月号】

婦人之友

婦人之友特集「つなぐ・つながる」での
こども図書館「ちいさいおうち」が誕生
が、よかった。
陸前高田市の市立図書館は、昨年3月11日の津波で廃墟となり職員も全員亡くなったという。
盛岡市でこども図書室を開いているタカハシ美知子さんは、何とかこどもたちが本を読める場所をと思い、トレーラーハウスでのこども図書館開設にこぎつける。
応援してくれたのは東京子ども図書館で、選任司書を一人派遣してくれた。
この東京子ども図書館は、絵本の翻訳家松岡享子さんも理事をしておられる。

「つなぐ・つながる」のもう一例は、千葉県我孫子市にある「コミュニティが育つ大規模マンション」だ。
朝市やサークル活動など、独自の取り組みが面白い。
ここでの基本は、お互いが見守ることだろうか。


一方で、なだいなだ氏の「絆とセキュリティ」という一文も興味深かった。


本の紹介
【子どもと哲学を】は、2,415円。高いなあ。


婦人之友

|

« 外向き始動 | トップページ | Siriを使ってみた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/54379692

この記事へのトラックバック一覧です: 【婦人之友3月号】:

« 外向き始動 | トップページ | Siriを使ってみた »