« 真白き富士の嶺 | トップページ | 惜別の歌 ふたたび »

2012.04.10

願わくは花の下にて……

カントリー

最近、志遂げることなく亡くなった青年の話や、余命を宣告された人の話を読むことが多い。好んでそうしているというのではなく、物語の方から飛び込んでくるのだ。


この八日、一人の友を喪った。
転移した癌は、あっさりと彼の命を奪っていった。この日は望月ではなく十六夜(いざよい)ではあったが、そして如月ではなく弥生ではあるが、何故か西行の歌を思い出す。

ねがはくは 花のしたにて 春死なん そのきさらぎの 望月の頃

飽くことなき読書人であり、「50を過ぎて太宰デビュー」と楽しげに語っていたこともあった。

年々歳々花あい似たり
再々年々 人同じからず


4月は 気持ちのふさぐ日が多い。


|

« 真白き富士の嶺 | トップページ | 惜別の歌 ふたたび »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/54439425

この記事へのトラックバック一覧です: 願わくは花の下にて……:

« 真白き富士の嶺 | トップページ | 惜別の歌 ふたたび »