« 【リボンの騎士】 | トップページ | ニンジン料理「しりしり(シリシリ)」 »

2012.05.28

道尾秀介【片眼の猿】

片眼の猿

片眼の猿道尾 秀介 著
税込価格:540円
出版 : 新潮社(新潮文庫)
ISBN : :978-4-10-135552-8
発行年月 : 2009.7
利用対象 : 一般

盗聴専門の探偵、それが俺の職業だ。目下の仕事は産業スパイを洗い出すこと。楽器メーカーからの依頼でライバル社の調査を続けるうちに、冬絵の存在を知った。同業者だった彼女をスカウトし、チームプレイで核心に迫ろうとしていた矢先に殺人事件が起きる。俺たちは否応なしに、その渦中に巻き込まれていった。謎、そして…。ソウルと技巧が絶妙なハーモニーを奏でる長編ミステリ。

なんとなくホラー作家のような印象があって避けていたのだが、【ソロモンの犬】(10.06.12)で道尾ファンになった。

本書は、それを上回る秀作だと思う。

それぞれに、身体や心にハンディを持った人たちが登場する。しかし、そうしたハンディは 彼らの自尊心までも奪うことは出来ない。

伏線と言うのとは違うだろうが、彼らの特徴はちょっとしたセリフや描写でわかる。

双子の小学生が、とてもいい。


「片眼の猿」とは、99匹の片眼の猿の中にいた たった一匹の両眼のある猿が、みんなからからかわれて片眼をつぶすところから来ている。

ハンディって、何だろう。

片眼の猿
平成21年7月1日発行


|

« 【リボンの騎士】 | トップページ | ニンジン料理「しりしり(シリシリ)」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/54821886

この記事へのトラックバック一覧です: 道尾秀介【片眼の猿】:

« 【リボンの騎士】 | トップページ | ニンジン料理「しりしり(シリシリ)」 »