« ScanSnap入れ直し | トップページ | 総会終了 »

2012.05.23

若竹七海【クール・キャンデー】

クール・キャンデー

クール・キャンデー若竹 七海 著
税込価格:400円
出版 : 祥伝社(祥伝社文庫)
ISBN : 4-396-32813-3
発行年月 : 2000.11
利用対象 : 一般


語り手は、女子中学生の渚。周りには、親友もいれば付き合っている男の子もいる。
家族は、母と二人。少し前までは父の先妻の子である兄も同居していた。が、結婚して別居している。
その兄嫁が、死んだ。渚の誕生日の前日、夏休みの前日でもある7月20日に。

物語は、夏休みイブのその夜から、7月末日までの10日間ほど。若干ネタバレあり。


しかし、怖い本である。
だが、被害者に同情は出来ない。ラスト近く、兄の言葉は、よく言ったねと思う。仕上げが必要だったのだけれど。
この家族三人が、何事もなかったように暮らしていってほしいものだと思う。

一番最後の一言は、なくても通じると思うけどな。「羽崎医大病院に行ってた」までで。


クール・キャンデー
平成12年11月10日初版第1刷発行


|

« ScanSnap入れ直し | トップページ | 総会終了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

研修帰り途中の新幹線で読むつもりが、ホテルで一気に読んでしまいました。渚が大人と子供の境目の中学生、というのがうまく活きている気がしました。確かに、最後の一行がなかったら、「ぞっと」感がさらに増したとおもいます。

投稿: のりこ | 2012.05.25 08:19

こんばんは、先日はお疲れさまでした。

この著者の作品は、【スクランブル】という卵を題材にした短編集を読んだのですが、内容はきれいさっぱり忘れています。
ホラーのような小説も書いていらっしゃるようです。

投稿: | 2012.05.25 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/54777825

この記事へのトラックバック一覧です: 若竹七海【クール・キャンデー】:

« ScanSnap入れ直し | トップページ | 総会終了 »