« パソ通体験サービス「NIFTY-Serve」が1年間限定で登場 | トップページ | 【リボンの騎士】 »

2012.05.26

作家の口福

夏みかん丸漬け


朝日新聞土曜版「be」に、「作家の口福」というコラムがある。文字通り作家がほぼ一ヶ月交替で「食」について書いているものだ。
今月は、芥川賞作家の 円城塔さん。

今日は「料理 するのだけれど、工作だなあ」という題で、「料理」と「工作」について語っておられた。

料理は身構えるが、工作は楽しめると言っては言い過ぎだろうか。

いつも必ずダシをひくわけでもなく化学調味料も使うよとか、カップラーメンも平気で食べる。
そう毎度手作りもしていられないだろうと開き直り、「兼ね合い」が大事だと説く。

カップラーメンだって、「3分間蓋をして待」たなくても、仕上がりは大して違わないだろうというのも 面白かった。

スープを入れる順番を変えると味や色が大きく変わるカップラーメンがあっても面白かろう、「やっぱり工作だなあ」というのも。


そうそう、「しりしり」という常備菜を作ろうと思って忘れていた。あしたは、必ずニンジンを買ってこよう。


次回からは、田中慎弥さんだ。楽しみだなあ!


常備菜(5月12日)
料理(5月26日)


画像は、先日山口のお土産で頂いた「夏みかん丸漬け」。萩の「たけなか」というお店のもの。
長崎のザボン漬けのようだが、あんなに甘すぎず、おいしかった。

のりこさん、ごちそうさまでした。


|

« パソ通体験サービス「NIFTY-Serve」が1年間限定で登場 | トップページ | 【リボンの騎士】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/54804730

この記事へのトラックバック一覧です: 作家の口福:

« パソ通体験サービス「NIFTY-Serve」が1年間限定で登場 | トップページ | 【リボンの騎士】 »