« 茂木健一郎【脳を鍛える読書のしかた。】 | トップページ | 三越伊勢丹にナニワの洗礼 »

2012.05.01

俳句の「春」いつまで?

藤の花

俳句の「春」いつまで? 四季に二つの基準

もうすぐ立夏。今は晩春ということになる。

ところが金子兜太氏を名誉会長とする現代俳句協会が編んだ【現代俳句歳時記】では、春は3月から5月としている。

金子兜太名誉会長は「現行の太陽暦に培われた生活実感とのズレを解消した」と序文で書く。
とある。これを、新感覚派と呼ぶらしい。

一方の伝統派は、最近出版した【日本の歳時記】(小学館)で。「春」は「立春(2月4日ごろ)から立夏まで」。とする。

両者には約1ヶ月のずれがある。

寒さのまっただ中で「雨水」や「春めく」は感覚的には受け付けないかもしれない。しかし、まさに「春めく」という言葉通り、春を待つ気持ちが表れていると見ることも出来る。

スイカは伝統派では秋の季語だが、夏真っ盛りに食すものではある。だが、朝夕涼しさを感じる頃にどことなく秋の到来を感じないでもない。
もっとも、食べ物から季節感が無くなってしまっている昨今ではある。


藤は、春の季語である。


|

« 茂木健一郎【脳を鍛える読書のしかた。】 | トップページ | 三越伊勢丹にナニワの洗礼 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/54603490

この記事へのトラックバック一覧です: 俳句の「春」いつまで?:

« 茂木健一郎【脳を鍛える読書のしかた。】 | トップページ | 三越伊勢丹にナニワの洗礼 »