« 台風4号 | トップページ | iPadアプリ:日本のニュース »

2012.06.20

内田康夫【「須磨明石」殺人事件】

「須磨明石」殺人事件

「須磨明石」殺人事件内田 康夫 著
税込価格: ¥540 (本体 : ¥514)
出版 : 角川書店
発売 : 角川グループパブリッシング
ISBN : 978-4-04-160775-6
発行年月 : 2010.4

浅見光彦は憤っていた。若い女性ジャーナリストの輝かしい未来を打ち砕いた者に対して、心の奥底から怒りがこみあげていた−。事件の真相を求めて、須磨〜明石を巡る浅見。辿り着いた意外な結末とは?【「

初版は1992年で、まだ瀬戸大橋も工事中、バブルに入ろうとする時期の話だ。この年、浅見光彦は33歳の居候である。お手伝いの須美ちゃんは、まだ初々しい。

何となく出てきた本で、読んでいるのだと思うが内容はまったく覚えていなかった。

帯は、辰巳琢郎が浅見を演じるドラマの写真が載っている。ドラマの一部分ではなく、スチール写真?のようなものか。3月27日放映って、一体いつの話だろう?和服の男性は兄かな?老けて見える。
みんなニコニコしていて、何となく違和感あり。こわーいお母様は、加藤、エッと名前は何だったっけ?「雲」の劇団員の旦那さんが、これまた思い出せない。


浅見光彦役では、水谷豊が一番好きだったけど(火サス?)、服装に著者のクレームがついたらしい。


と、本とはまったく関係ないことばかり書いてしまった。


当日追記
おかあさまは、加藤治子さんだった。旦那さんは、高橋昌也さん(字、合ってるかな?)。離婚したんだっけ?
お兄さんは、だめだなあ。
加藤治子さんといえば、「阿修羅のごとく」が印象に残っている。
『もう少し(お化粧を)ちゃんとなさったら……』みたいなセリフを、誰か(八千草薫?)の旦那の浮気相手に言ってた記憶が。
この時の旦那役が、緒形拳さん?
風吹ジュンとか、いしだあゆみとかも出ていたなあ。

八千草薫の名前が、なかなか出てこなかった。二三日前の新聞広告で見て、キレイだけど年取ったなとか思った記憶があるのに。
いしだあゆみとは、心斎橋の楽器店で出会ったことがある。「ブルーライトヨコハマ」の頃。

と、話はますます混沌の世界へ (-_-;) 回想療法なので、許してね!


「須磨明石」殺人事件
2000年3月15日発刷


|

« 台風4号 | トップページ | iPadアプリ:日本のニュース »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

辰巳琢郎というと兄役はえーっと、やはり名前がでてきません。顔は浮かぶのですが。

#出てはいけない文字列が。(というかまぎれるはずもないというかですが)

投稿: ムムリク | 2012.06.20 17:54

ムムリクさん

色々思い出しました。それでも思い出せない名前もあります。

投稿: | 2012.06.20 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/55010648

この記事へのトラックバック一覧です: 内田康夫【「須磨明石」殺人事件】:

« 台風4号 | トップページ | iPadアプリ:日本のニュース »