« アナスタシア | トップページ | 100年前の東京駅、いよいよ  »

2012.06.01

小説の中の死

ラポール横

昨日読んでいた本には、三人の死があった。
主人公の曾祖母と若き叔母、それに幼少期を共に過ごした血縁はない曾祖母。

推理小説などでは、いとも簡単に人が死ぬのだが、この小説では死に至る経過も描かれ、それによって影響を受ける主人公の心理の変化もあって、死が軽々に語られるべきことでないのがよく解る。

今のように火葬ではなく、土葬である。墓場までは村人が葬列を組んでいく。

葬列と言えば思い出すのが、山川方夫【夏の葬列】(11.02.08)で、この時も何かを読んでいて思い出したと書いている。

上記の本では、育て親の曾祖母が亡くなったことが、小説の一つの山場であり、一つの区切りだった。

それにしても、大正初期では70歳を過ぎると大往生と言われるのだなと、何か不思議な だが不思議でも何でもないような気もするのだった。

自分の祖母も、70代前半で亡くなったのではなかったか。


画像真ん中の奥の方には、淀川が流れている。



|

« アナスタシア | トップページ | 100年前の東京駅、いよいよ  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/54851363

この記事へのトラックバック一覧です: 小説の中の死:

« アナスタシア | トップページ | 100年前の東京駅、いよいよ  »