« アドレス取得など | トップページ | 荒川弘【銀の匙 1】 »

2012.07.30

堂場瞬一【血烙】

血烙

血烙堂場 瞬一 著
税込価格: 900円
出版 : 中央公論新社
ISBN :978-4-12-204812-6
発行年月 : 2007.2
利用対象 : 一般

NY市警で研修中の鳴沢の元にもたらされた凶報—勇樹がバスジャックに巻き込まれた。現場に駆けつけた鳴沢が見たのは射殺された犯人の遺体、そこに勇樹の姿はなかった。見え隠れするチャイニーズマフィアの大物マシンガン・トミーの影。勇樹の行方は。NY、アトランタ、マイアミ—かすかな手がかりを追い、鳴沢が爆走する。


研修とは言え、鳴沢了はニューヨークにいる。
どこかマクベインを思い出させる描写など、アメリカの警察を意識しているのだろう。
それにしても、言葉が汚い。

一種の「家族愛」も、テーマなのか?それが刑事であっても、マフィアであっても。
勇樹が誘拐された理由は判ってくるが、輸血のキャンペーン広告との関連については、気づかなかった。


ずっと一人のつもりだった。事件に取り組む時、組織の中で仕事をしていても、本質的には自分だけで動いている気でいたし、それでいいと思っていた。
それがとんでもない間違いだったことが、今は分かっている。様々な状況で、多くの人が私を支えてくれた。それを表に出す人も出さない人もいたが、無数の人の助力の上で私が踊っていただけなのは間違いない。

せっかくこういう心境になったのに、了はまだ家族の愛に包まれることはない。


3冊処分したら5冊入ってくるというような現状では、単純な算数でも増え続けることに変わりはない。
この辺の意識改革(おーげさ)が必要だな。

堂場瞬一作品
堂場瞬一【帰郷】(11.07.04)
堂場瞬一【雪虫】(11.07.28)
堂場瞬一【孤狼】(11.09.27)
堂場瞬一【破弾】(11.10.09)
堂場瞬一【讐雨】(12.03.27)
堂場瞬一【虚報】(12.05.16)
堂場瞬一【血烙】(12.07.30)
堂場瞬一【被匿】(12.08.21)
堂場瞬一【ラストダンス】(12.09.07)
堂場瞬一【長き雨の烙印】(12.09.16)
堂場瞬一【七つの証言】(12.09.27)
堂場瞬一【疑装】(12.11.24)
堂場瞬一【アナザーフェイス】(12.12.03)
堂場瞬一【約束の河】(12.12.05)
堂場瞬一【敗者の噓】(12.12.19)
堂場瞬一【断絶】(13.01.10)
堂場瞬一【逸脱】(13.01.22)
堂場瞬一【蝕罪】(13.02.10)


血烙


|

« アドレス取得など | トップページ | 荒川弘【銀の匙 1】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/55314278

この記事へのトラックバック一覧です: 堂場瞬一【血烙】:

« アドレス取得など | トップページ | 荒川弘【銀の匙 1】 »