« 沢木耕太郎【月の少年】 | トップページ | おくやみ »

2012.07.09

橋本長道【サラの柔らかな香車】

サラの柔らかな香車

サラの柔らかな香車橋本 長道 著
税込価格: 1,260円
出版 : 集英社
ISBN : 978-4-08-771441-8
発行年月 : 2012/03
利用対象 : 一般

プロ棋士を目指して挫折した26歳の瀬尾は、自暴自棄に暮らす日々の中で、ブラジル生まれの美少女サラに出会う。コミュニケーションのとれないサラに瀬尾が将棋を教えると、彼女は徐々に強くなり…。「才能」のあり方を厳しく問う青春小説。


クルム伊達公子さんが糸井重里さんとの対談で

勝ってるほうが、危ないぞって思ってたり、
負けてるほうが、まだいけるって思ってたり。
そしてそれが(顔に)
出ないようにしたり、
相手も見せないようにしたり、
っていう駆け引きは、
お互いにすごくありますね。
という場面があったが、将棋もまさにその通り。

だが、このサラという少女は時にこれまでの常識とはちがう面を見せる。

物語は、サラと現在の女流との対戦場面と、関係者それぞれの過去とを行きつ戻りつ進んでいく。
この将棋の場面が面白かった。

しかし、読む前に想像していたサラの不思議さというのは、あまり感じられなかった。

本書も読後時間が経っているため、ちょっとして印象しか残っておらず、細部はほとんど忘れてしまった。


サラの柔らかな香車
タイトル

|

« 沢木耕太郎【月の少年】 | トップページ | おくやみ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/55156732

この記事へのトラックバック一覧です: 橋本長道【サラの柔らかな香車】:

« 沢木耕太郎【月の少年】 | トップページ | おくやみ »