« 堂場瞬一【被匿】 | トップページ | 東野圭吾【怪しい人びと】 »

2012.08.22

小森羊仔【シリウスと繭 1】

シリウスと繭 1

シリウスと繭 1小森 羊仔 著
税込価格: 440円
出版 : 集英社
ISBN :978-4-08-846796-2
発行年月 : 2012.6
利用対象 : 一般

朝日新聞の書評欄で見つけて気になっていた。

何とも微笑ましく可愛い物語だ。
高校三年生の繭と友人のメグ、二人が憧れている同級生の晴。ストーリーはほぼこの三人とそれぞれの家族を中心に展開する。

受験を控え、メグの勧めで晴に勉強を見てもらうようになった繭。春の誘いで星を見に行ったりするようになる。
一方のメグは、晴に打ち明けるも受け入れてもらえない。

題名の「シリウス」というのは、晴に勉強を教えてもらっているときに出てきた星の名前。

シリウス:おおいぬ座の一等星で明るさは1,5等級。全天一明るく、該当がある場所でも観察出来る。意味は「焼きこがすもの」。

時間はあっという間に過ぎ、三人は卒業する。
繭は福祉の専門学校へ、晴は東京の大学へ行く。


プールサイドで晴が読んでいたのが、ヘッセの【車輪の下】だったのも、微笑ましかった。


晴は、将来プラネタリウムを作るのが目標だという。
冒頭で、幼い晴が父親に星の名前を教えてもらっているとき、「プラネタリウムがあれば、病院の外出許可を貰わなくても星が見える」と言う場面がある。

そして上京の前に、父の墓前に額づく晴の姿がある。

今後、この二人はどうなっていくのだろう?


シリウスと繭 1


|

« 堂場瞬一【被匿】 | トップページ | 東野圭吾【怪しい人びと】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/55469036

この記事へのトラックバック一覧です: 小森羊仔【シリウスと繭 1】:

« 堂場瞬一【被匿】 | トップページ | 東野圭吾【怪しい人びと】 »