« 焦るシンデレラ | トップページ | 京阪特急 »

2012.09.30

大沼紀子【ばら色タイムカプセル】

ばら色タイムカプセル

ばら色タイムカプセル大沼 紀子 著
税込価格: 693円
出版 : ポプラ社
ISBN : 978-4-591-12914-2
発行年月 : 2012.4
利用対象 : 一般

13歳の家出少女・奏が流れ着いた場所は、海が見える町にある不思議な老人ホーム「ラヴィアンローズ」だった。咲き誇る薔薇が自慢のこの施設で、年齢を詐称して働きはじめた奏は、薔薇園に隠されたある噂を知ることに…。

冒頭で、大きな伏線がある。

奏(かなえ)の父母は離婚している。父は再婚し、その相手が自分の家庭教師だったために、奏は新しく母親となった人になじめず、家出をした。
実母は一緒に暮らそうと言ってくれるが、それもうまくいくかどうか自信が無い。

という奏が、ちょっと変わった老人ホームで過ごした一夏。
そこには、色んな人がいた。
ホームの経営者と、その妹で実際の采配をふるっている遙。
元気な三人のおばあさまたち。
その彼女たちから「海老さま」と呼ばれているイケメンのコック。

そして、近くの中学生山崎和臣。


「桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる」と言ったのは梶井基次郎だったが、ホームの庭中を埋め尽くしている薔薇の樹の下には、何があるのか?

応えはあっけない結末で、コックとの復讐劇は終わったのだった。

しかし、薔薇の香りが馥郁と香ってくるようで、決して後味が悪いものではなかった。


もう一篇。
和臣の視点で描かれた【ボーイズ オン ザ ライン】も収録。


ばら色タイムカプセル
2012年4月5日第1刷発行


|

« 焦るシンデレラ | トップページ | 京阪特急 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/55319168

この記事へのトラックバック一覧です: 大沼紀子【ばら色タイムカプセル】:

« 焦るシンデレラ | トップページ | 京阪特急 »