« 子役はかわいい | トップページ | 「立つペンケース」に新色登場  »

2013.01.07

光原百合【星月夜の夢がたり】

星月夜の夢がたり

星月夜の夢がたり 光原 百合 著
税込価格: 770円
出版 : 文藝春秋
ISBN : 978-4-16-771734-6
発行年月 :2007.7
利用対象 : 一般

遠い昔の思い出や、幼い頃に聞いたお伽噺、切ない恋の記憶…。夢のかけらのような32篇の小さな物語を、ファンタジックなイラストで彩った、宝石箱のような絵本。ミステリーの書き手としても注目される著者の原点である、詩人、童話作家としての素顔の垣間見える作品集。【「BOOK」データベースの商品解説】

紹介文どおり、まさに宝石箱のような絵本。
しかし全てがファンタジーのような内容かというと、そうではない。いや、どちらかというと切なく悲しい物語が多い。

息子が行方不明になり、ひたすら待っている内に山姥になってしまった「三枚のお札異聞」は、恐ろしいとされている山姥の悲しい母性が切ない。

かぐや姫は月世界に帰ってからも、意識のどこかに地上で愛してくれた人びとのことを覚えており、満地球を見る度に何故か物思いに沈んでしまうという「かぐや姫の憂い」。「竹取物語」に

ふと天の羽衣うち着せたてまつりつれば、翁をいとほしく、かなしと思しつる事も失せぬ。
といった一文があるのだった。地上は穢れていて、心地悪いだろうなどともある。

他にも「絵姿女房その後」といった昔話のアレンジも。

現代物にしても、数少ない登場人物以外は存在すらしないかのような印象を受ける。

ファンタジーというのは、実はこわーい物語なのかもしれない。


星月夜の夢がたり
2007年7月10日第1刷

|

« 子役はかわいい | トップページ | 「立つペンケース」に新色登場  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子役はかわいい | トップページ | 「立つペンケース」に新色登場  »