« 森村誠一【棟居刑事の悪の器】 | トップページ | 大阪880万人訓練 »

2013.09.05

吉本浩二【さんてつ】

さんてつ 日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道 大震災の記録 (BUNCH COMICS)

さんてつ吉本 浩二 著
税込価格: 580円
出版 : 新潮社
ISBN : 978-4-10-771652-1
発行年月 : 2012.3
利用対象 : 一般

「あまちゃん」の9月2日放映に関連して見つけたコミック。

丁寧に1人1人に取材している様子がわかる。
また、同行した編集者が、取材日の著者の様子を伝えている。
被災者でも出身者でもない著者は、自分がこの漫画を書いていいのかどうか、悩む。
その悩みは、取材する毎に深くなる。だが、色々な人と関わるうちに、


最後の方で登場する、切符を1000枚買ったのが【鉄道ひとつばなし】を書いた原武史さんだったという話が嬉しかった。この方は、明治学院大学国際学部の教授である。

三陸鉄道復旧にかかる費用で、高速道路を通した方がいいという人もいる。
だが原氏は、高速道路には(三鉄復旧に必要な108億より)もっと予算が必要だという。バスの場合、輸送量が少ない。渋滞に巻き込まれたり雪などの影響も受けやすい。

列車の場合は、一度に多くの客を定時に運べる。風景も楽しめるので、観光客も呼べる。
ヨーロッパでは、今路面電車が復活している話や、富山のライトレール・九州の肥薩鉄道の話なども熱心に語る。

確かに、廃線が相次いだ北海道では、その廃線沿線は寂れてしまっている。これは、現に訪れてそういう印象を持った。


本書が出来るまでの様子も描いて、終わる。


さんてつ
Kindle価格:420円
honto価格:


|

« 森村誠一【棟居刑事の悪の器】 | トップページ | 大阪880万人訓練 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 森村誠一【棟居刑事の悪の器】 | トップページ | 大阪880万人訓練 »