« 「しまねっこ号」ご縁結ぶにゃ | トップページ | 半沢直樹の反応 »

2013.09.24

【旅と鉄道 2013−11】

旅と鉄道 2013−11 国鉄時代を旅する

旅と鉄道 2013−11税込価格: 980円
出版 : 天夢人
発行年月 : 2013/09/21
利用対象 : 一般


表紙絵でわかるように、酒井順子さんが「よしまつ」という駅のベンチに腰掛けている。ここから、枕崎まで行くのだ。
特集は、「国鉄時代にタイムトリップ気分」。
小倉から枕崎まで、国鉄時代の電車に乗って行くという企画。

もう一つは、「稚内から大阪へ」。
しかしこれは、青森までは電車だったが、そこからは「トワイライトエクスプレス」を使っている。ちょっと惜しい。

他に、長距離普通列車の旅だとか、食堂車の話だとか、「いい旅チャレンジ2万キロ」だとか、鉄道遺産を残している第三セクターの話題とか。

盛りだくさんで、ドライヤーで髪を乾かしながらニヤニヤと眺めるのにうってつけ。
しばらく楽しめそうだ。

旅と鉄道 2013−11 国鉄時代を旅する

|

« 「しまねっこ号」ご縁結ぶにゃ | トップページ | 半沢直樹の反応 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「しまねっこ号」ご縁結ぶにゃ | トップページ | 半沢直樹の反応 »