« 小津安二郎生誕110周年 | トップページ | 【エール! お仕事小説アンソロジー 3】 »

2013.12.13

【いろどり社会が日本を変える】

いろどり社会が日本を変える

Photo_3高木 智編著
税込価格: 1,575円
出版 : ポプラ社
ISBN : 978-4-591-13387-3
発行年月 : 2013/05/17
利用対象 : 一般

人は誰でも主役になれる! おばあちゃんたちが年収1000万円を稼ぎ出す、徳島県上勝町の葉っぱビジネス成功の秘訣を公開。その裏側にある「いろどり戦略」の考え方を他地域、他産業に応用する場合の手法なども紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

いつぞや新聞で読んで、関心を持っていた話。
昨年、映画にもなっている。

その上勝町の話だけかと思っていたのだが、そうではなかった。
それについて詳述してあるのは無論だが、上勝町の「いろどり」の影響を受けた全国の「いろどり」に付いても紹介してある。

原点を見つめ、成功の秘訣を探ることで、その応用について触れていく。

需要をつくる、すなわち「文化をつくり、産業を活性化」させていった例として、「お茶」「棚田」「カンコウ」を挙げている。

さらに、教育にまで踏み込み、「いろどり社会」のまちづくり教育として、「TOSS教師からの提案」というのも紹介している。
TOSSとは、子どもにとって価値ある教師(教え方のプロ)になるための、日本最大の教育研究組織だ。全国で700のサークルがあり、約1万2000人の小中学校の教師が活動しているという。
彼らは総務省と連携して「まちづくり教育」に取り組み、観光庁との連携で「観光立国教育」にも取り組んでいる。

しかし勿論、教育のプロである彼らが目指すのは、「誰もがわかる、出来るようになる授業」であろう。
幾つかの地域での例示もある。


上勝町の「いろどり」もTOSSも、可能性を引き出すということでは同じだろう。


いろどり社会が日本を変える
2013年5月16日第1刷発行


|

« 小津安二郎生誕110周年 | トップページ | 【エール! お仕事小説アンソロジー 3】 »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小津安二郎生誕110周年 | トップページ | 【エール! お仕事小説アンソロジー 3】 »