« 映画の旅人 | トップページ | 高村薫【リヴィエラを撃て】 »

2014.01.09

アサダワタル【住み開き 家から始めるコミュニティ】

住み開き 家から始めるコミュニティ

住み開き 家から始めるコミュニティ
アサダ ワタル 著
税込価格:1,575円
出版 : 筑摩書房
ISBN :978-4-480-87849-6
発行年月 : 2012/03/29
利用対象 : 一般

若者たちの持続可能な自宅サロン、職住のボーダーを揺り動かす自宅カフェ、シニア世代のアートタウン…。31のユニークな実践を元に、個人宅をちょっと開くことで他人と繫がる「住み開き」のコツを伝授する。【「TRC MARC」の商品解説】

はて、何で知ったのだろう?>この本
多分Twitterのリンク先からなのだろうが、面白いなと思ったのだろう。

そして、結構な数(かどうかはまだ疑問?)の「住み開きの家」がある。
本書では、東京編・大阪編・各地編として、31の事例を紹介し、コラムや対談を配して繋いでいく。

大阪のど真ん中、谷町4丁目にあるビルの屋上。そこに庭園を設けて庭園畑にしていうというのは、新聞記事になっていたのではなかったか?
その「谷町空庭」では、庭園と6階のカフェが、週に二回は誰でも這入れるスペースになっている。誰もいない留守のときに、誰かが来てハーブティーを飲んでいったこともあったとか。

気になるセキュリティだが、本書掲載のどこも、これまで深刻なトラブルに見舞われたことはないという。
しかしこのご時世、これが一番気にかかる。

同じ大阪では、空堀商店街でも二件の「住み開き」の場所がある。
大阪市という所は、商店街がかなりある。
日本一長い「天六商店街」と、日本一短いを売りにしている「肥後橋商店街」など。
しかし「肥後橋商店街」は、このところ閉店している店が目立つようになった。

「住み開き」にせよ「商店街」にせよ、地域と来訪者があったこそ成り立つものだろう。


大好きな田中恒子さんと著者との対談も、面白かった。
田中家は、元祖「住み開き」だと思う。


無印良品でも、団地の活性化のような形で色々な住宅を提案している。昔の「長屋」とはまた違った、新しい形の地域コミュニケーションとして、こうした「住み開き」がもっと拡がればいいなと思う。

とは言っても、自分にとってはハードルが高く、「いいなぁ!」と外から眺めるしか出来ないが。


住み開き 家から始めるコミュニティ
2012年1月10日第1刷発行


|

« 映画の旅人 | トップページ | 高村薫【リヴィエラを撃て】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画の旅人 | トップページ | 高村薫【リヴィエラを撃て】 »