« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014.04.30

Win8.1奮戦記 4

20140423_161352


まだまだ続く、「奮戦記」(苦笑)。
と書いたものの、メモは残っていない。色々あったはずなのに…。

そうそう、ある編集ソフトを入れたら、「マイクロソフトのなんちゃらと合っていない」みたいな警告が出た。「スルー」して使っていたら、ある時ソフトが起動しなくなった。
困った。まだあまり使っていないので中のデータは大丈夫なのだが(元々バックアップからの使用)、使えないのは困る。
で、PCを再起動したら、例の警告は出るものの、何とか使えている。


それから、サピエでローマ字入力が出来なくなった。
これについては、確か掲示板に何か書いてあったことを思い出した。8.1とIE11との相性が原因らしい。
対処法もあったので、それで解決。


もう一つ、先週のお泊まり大阪出張でもハプニングがあったのだった。


画像は、ご近所の藤。
どこか、お花を見に行きたいなぁ。


| | コメント (0)

2014.04.29

休日の公園

公園


今日は朝から雨で薄ら寒い。せっかくの祝日だが、観光地の人出はどうだろう?

画像は、日曜日。
買い物帰りに立ち寄った緑地帯で。ここの下は、高速道路になっている。
道路が出来るまでは空き地で、地域の盆踊り会場にもなっていた。

子どもたちが自転車に乗ってグルグル廻っている。

公園

すれ違うと、「こんにちは」と声をかけていく。気持ちのいい子どもたちだ。

ご多分に漏れず少子高齢化はどこの地域にも及んでいるようだが、少しずつ住民が入れ替わり、子どもたちの声も聞こえるようになった。


| | コメント (0)

2014.04.28

【EVERNOTE基本&活用ワザ完全ガイド】

EVERNOTE基本&活用ワザ完全ガイド

EVERNOTE基本&活用ワザ完全ガイドコグレ マサト (著), いしたに まさき (著), 堀 正岳 (著), できるシリーズ編集部 (著)
税込価格:1,080円
出版:インプレスジャパン
ISBN:978-4-8443-3577-1
発行年月::2014/04/24
利用対象:一般

Evernoteを使いこなすためのガイドブック。操作方法の基本から、アプリの中だけにとどまらない、仕事や日常生活のさまざまなシーンでの活用法までを解説。【「TRC MARC」の商品解説】より

今更感はあるのだが…。

しかし、Evernoteに何でもかんでも突っ込んでいるので、やはり整理する必要はある。
検索機能は優れていて、それで必要な物を見つけることは可能なのだが。

現在プレミアム会員だが、無料会員に戻ってもいいかなという状況でもある。
最初は自炊した本を入れるのに、無料会員では一度にアップできる要領に制限があったのでプレミアム会員になった。
だが、まだまだ不十分だとはいえ電書がかなり出回ってきたので、自炊の必要性が減ったことも確かだ。それに、いくらプレミアムだといっても、容量の大きな本はアップできなかった。

この「無料アカウントへの戻り方」があるだけでも、本書の値打ちがある(??)。


もう一つ、やたら「ノートブック」を作った時期もあって、それの整理をする必要もあるなと思い始めたから。


と、なにやらいいわけがましく本書購入の動機を書き連ねているが、新たな気持ちでEvernoteに向き合おうかと思った次第。

プレミアムだとオフラインでも使えるから、そちらを充実させていくのも一つの方法かとも思う。

というわけで、この手の本ではあるが、拾い読みではなく一つずつクリアしていこう。


EVERNOTE基本&活用ワザ完全ガイド
2014年5月1日初版発行


| | コメント (0)

2014.04.27

クオバディス回帰

クオバディス

一旦は止めようと思ったクオバディスのダイアリーだが、昨年度から復帰している。

やはり、このサイズ(16cm×16cm)は、書きやすい。
A4サイズだと縦が長すぎるし、A5サイズではやや小さい。

リフィルには二通りあって、左ページに4日分。右ページに三日分とノート分(自由欄)というのが一般的(?)だ。だがもっと自由欄がほしい向きには、もう一つのスタイルがある。
左ページに5日分を詰め込んで、右ページは土日分をページの5分の1にして、残り4日分を自由欄に使えるのだ。
一日分の横幅が狭いのは少々窮屈だが、自由欄の広いのは嬉しい。

しかしこれだけでは会議録などは出来ない。だが後ろに横罫のノートを挟み込めるのだ。これがあるとないとでは、採用(?)に大きく響く。

カバーを張り込みたいのが、今の願い。


クオバディスでは、スケジュール手帳の「プレイン」も愛用。こちらはコードバン(だと思う)のいいカバーを使っている。服装も含め、持っている物の中でこの小さなカバーが一番お高いという日もあったりする。

クオバディス関係では、過去に書きも書いたり。30件近くあった。

クオバディスのダイアリー(2004.08.29)

過去記事では文具関係もよく書いているが、「断捨離」して今はないものも多い。


| | コメント (0)

2014.04.26

Win8.1奮戦記 3

中之島


備忘録をかねて、Win8,1奮戦記 2の続きをば。


↑で書いたように、一太郎を入れてShurikenのリストアをして(いや、逆だったかも)、メール環境も出来た。
iTunesをダウンロードして、中身を前のPCからコピー。お、出来た!
また、iPhoneも同期する。

IEのお気に入りについては、はじめて前の環境を引き継ぐことにする。ついでに、Chromeも入れて、二つのブラウザを使い分けることにする。Operaは、どうしようかな?


その後は、PrsPROとProducerのインストール。
これで、お仕事環境も整ったことになる。

PrsPROで使うデータ(音源)については、大きいのでHDDへバックアップしておいたのを、順次入れていくこととする。
Producerはある意味やっかいで、「作業領域」というのがそのPCにしか残されず、いちいちデータをzipでエクスポートしておかなければならない。
しかしそれ(zipエクスポート)さえしておけば、DropBoxのおかげでそのまま使える。
だがしかし、この後で問題点が出てくる。

「作業領域」については元のデータが入っているフォルダ(Programの中だが)からコピーして持ってきてもだめだった。

と、順調にいくはずが、先日のお泊まり付き出張中に困ったことが起きたのだった。


画像は晴天の中之島。
散策したら気持ちいいだろうな。


| | コメント (0)

2014.04.25

リニア、自民が一気に東京―大阪開業案 JR東海は難色

Photo

リニア、自民が一気に東京―大阪開業案 JR東海は難色

まったく無関係だと思っていたのに、もしかしたら ちょっとくらい関係してくるかな?
でも、あまり乗りたいとは思わない。トンネルばっかりなんて、面白くないし。

肝心のJR東海は難色を示しているということで、実現するかどうかは未定のようだ。


当日追記

続報が出た

リニア全線同時開業「難しい」 JR東海副社長が明言


| | コメント (0)

2014.04.24

Win8,1奮戦記 2

フェスティバルタワー


Win8,1奮戦記(14.04.19)で

ここまでお読み下さって、恐らくははーんとお判りになった方もいらっしゃると思うのだが。
と書いたように、とんでもないことがおこっていた。

色々いじくっているうちに、画面に変なメッセージが出てくる。最初のセットアップでそんなことが起きるはずがない。
やはり、やはり、であった。

仕方ないので、リカバリーをする。
これは案外すんなりといく。
しかし、オフィスとウイルスバスターは、再度インストールしなければならないのだった。

んん?オフィスのDVDがない?だが、オフィスの場合は、プロダクトキーを入力するだけでいいらしい。

その後は、シコシコと前日の作業終わりのところまで。つまり、DropBoxを入れたり、WiMAXの設定をしたり。
そう、そのWiMAXだが、最初のように業者を選んで設定をしなくても、そのまま繋がっている。うーん、これはマシンが覚えてくれているのか?


そして、一太郎を入れたり、Shurikenのリストアをしたり。
ようやく、こちらでメールが使える。

IEのお気に入りをインポートしたり、iTunesの中身をコピーしたり。
なんだか疲れるなぁ。


| | コメント (0)

2014.04.23

浪速の朝






| | コメント (0)

2014.04.22

フェスティバルタワー




二日間の、はじまり はじまりー!


| | コメント (0)

2014.04.21

食洗機買い換え

Nptr7 Nptr72

15年目になる食洗機の調子がおかしくなった。水漏れがしている。
99年の秋、購入したものだった。
上っかわが少しつかえるので、やや小ぶりなのにしたのだったが。
勿論たくさんは、入らない。しかしその分、工夫のしがいがあった。


さて、新しくやってきたのは、5月1日発売という新製品。
はっきり言って、使い勝手が悪い。
「バイオ除菌」だとか「エコナビ」だとかが売りのようだが、そんなことより何より、食器を入れにくい。いや、洗剤も投入しにくい。これは、パナソニックの洗剤を使うと、スプーンがこの製品に合ったような形状をしていることでも解る。つまり、市販の(食洗機用洗剤)付属のスプーンではうまく洗剤が入らないということ。

食器の並べ方も、チマチマと仕切りというか入れる物が決まっていて、何だか小部屋が多いマンションみたいだ。
以前のは小さいながらも、ある程度自由裁量が効いたというか。

それでも、

新設計「セットナビカゴ」で、食器のセット時間が約30%短縮
と謳っているところを見ると、この15年間で「入れにくさ」は増していたのか?勿論そんなことではないだろうが。

そう言えば、「食洗機にセットの仕方を考えている時間に洗える」という揶揄を、以前聞いたことがある。


と、散々悪口を並べてきたが、勿論最新機種だけにいいところはいっぱいある。
中は広いし、かごを外して使うことも可能だ。
また、鍋類やまな板を乾かすのにもいい。
それに、慣れの問題も大きいと思う。


これから購入あるいは買い換えをご検討中の方!
上記のようなことも参考になさりながら、ということで…。
ただし、使い勝手云々についてはあくまでも涼の勝手な感想ゆえ、そのあたりもご理解のほどを。


しかし、お役御免になった食洗機。モーター系で毎日しっかり働いて、15年もよくがんばったなぁ。


画像はサイトからの拝借。はい、しっかり広報もしていますことよ!


| | コメント (0)

2014.04.20

置くだけ空間除菌、効果の根拠は?

空間除菌

(ニュースQ3)置くだけ空間除菌、効果の根拠は?

何だか消費者庁も乗り出して、大変そうだ。

同庁は3月27日、景品表示法に基づき宣伝表示の是正などを求める措置命令を出した。

その後で大幸薬品が出した広告に、消費者庁からは『命令違反になれば刑事罰がかかる』という警告が出たとか。

↓は、さらに強烈だ。

インフル&花粉対策…空間除菌商品は効果なし?誇大広告横行、人体や衣服を傷める危険


うーん、過日エアマスクというのを書いているが、当然これも対象品だろうな。

このあと東京で同席者に、「試供品を貰ったけど危ないと聞いて捨てた」という話を聞いている。

あの時の赤ちゃん、大丈夫かなぁ。


| | コメント (0)

2014.04.19

Win8,1奮戦記

20140410_163627


昨日、パソコンが来た。え?去年買ったばかりじゃないの?という突っ込みはおいて……。
8.1である。もう安定したのかな?

新しいパソコンでワクワクするかというと、あまりそういう気分でもない。発注してから日が経っているというのもあるが。

いつも通りのセットアップ。随分簡単になったとはいえ、面倒な作業だ。
途中、自動でWi-Fi検出もあって、そのまま選べばいいので、これはありがたい。

最初にしたのが、DropBoxのダウンロード。
次に、Shuriken2012を入れる。なぜ2013ではなくて2012なのかというと、これまた色々あって……。
途中、あらかじめ頼んであってウイルスバスターの登録をする。

メールとDropBoxが入れば、あとは当座のことは出来る。

そうそう、WiMAXの設定で、戸惑う。去年乗り換えの時は、ニフティに電話をかけて聞いたのだった。やり方を覚えてはいないが何となく要領はつかんでいたので、とりかかる。
何をしたかもう忘れたが、ちゃんとブラウザ上に会社を選ぶ画面が現れて、あとはニフティへ入って設定終わり。
これで外で使えるかどうかちょっと心配だったが、Wi-Fiをオフにしてもネット接続は大丈夫そうだったのでよしとしよう。
そのWi-Fiだが、どんな風にしてオフにしたのか、早速忘れている。ほぼ直前の作業なのに。

その後、見え方のカスタマイズや輝度の設定などもしたのだった。

で、諸々の作業に3時間近くかかった。

このあと、一太郎や普段使うソフトを順次入れて行けばいいはずだったのだが……。
と、ここでとんでもないハプニングが。
ここまでお読み下さって、恐らくははーんとお判りになった方もいらっしゃると思うのだが。


| | コメント (0)

2014.04.18

坂木司【ホテルジューシー】

ホテルジューシー

ホテルジューシー坂木 司 著
税込価格:637円
出版:角川書店
ISBN:978-4-04-394384-5
発行年月:2010.9
利用対象:一般

大家族の長女に生まれた天下無敵のしっかり娘ヒロちゃん。ところがバイトにやってきた那覇のゲストハウス・ホテルジューシーはいつもと相当勝手が違う。【「BOOK」データベースの商品解説】より

久しぶりの、坂木作品。あまり続けて読むと、この手の本は食傷気味になるからか、しばらく遠ざかっていた。

冒頭、二人の女子大生が夏休みのアルバイト先を探している場面では、本書がと対の本だとは、気がつかなかった。サキちゃんというのもちゃんと出ていたのだが、主人公の名前などすっかり忘れていた。

サキちゃんが、歯医者での諸々を「沖縄でバイトしているヒロちゃん」に語る(メールだったっけ?)のだが、患者のことをベラベラしゃべっているのに違和感があったのだった。
今回は、ヒロちゃんがサキちゃんに色々報告している。

で本書だが、いつもの坂木ワールド全開。
埋め込まれた伏線(とも言えないが)は、比較的単純。「あっ、あれね」と解りやすい。

養蜂家にしても、詐欺師にしても。
もう少し、裏切られ感があってもいいような。


何故か図書館に予約していて、それを受け取ってから出先でKindle本をポチッと。案外、いい方法かもしれない。KindleのReaderはWi-Fiつきではないので、iPhoneからのテザリング。これも、自分ではいい選択だったと思っている。


ホテルジューシー
Kindle価格:537円→今見たら 406円になっていた
honto価格:626円


| | コメント (0)

2014.04.17

【汚れた腸が病気をつくる】

汚れた腸が病気をつくる

汚れた腸が病気をつくるバーナード・ジェンセン著 月村澄江 訳
税込価格:1,296円
出版:ダイナミックセラーズ
ISBN:978-4-88493-277-0
発行年月:2009.7
利用対象:一般

腸の機能不全は万病のもと。ため込んだ汚れを一掃して正常でキレイな腸に戻してやれば、多くの病気は驚くほど回復する。【「TRC MARC」の商品解説】より

日曜日の朝刊だったかで見た広告に、本書があった。即注文した。
少々無関係でもないと思ったのだが、これは主に大腸の話だ。欲しいのはむしろ、小腸関係の本だったのだが。

だが、一応参考になるかもと読んでみる。
これまでも「宿便」という言葉は、聞いていた。それを完全に排出するには、絶食がいいとも。「「プチ絶食」というのもあって、週に一度くらい絶食する方法だ。
これについては、過去に書いている。

本書でも、断食を説いている。それも、かなり長期間の断食だ。そこから元へ戻すのも、なかなか大変そうだ。
宿泊して断食を含めたメニューをこなすところもあったが。これについても、過去に書いた。たしか伊豆の方だったと思う。
しかし、せっかく「旅行気分」で出かけて、おいしいものが食べられないのはちょっと淋しい。いや、養生に行くのであって行楽ではないのだよ。


さて本書に戻って
お勧めの体操や食事についても書いてあるが、こうしたことが長続きしたことがない。
だめだなぁ。

具体的な、かなり気持ちの悪い写真などもある。体内浄化されていく様子がよくわかる写真ではあるが。

週一断食、またやってみようかな。でも、家庭にあって、しかも調理担当者としては、なかなか実践しにくいのも確か。

と、通読したのではない本書について、何となく記録にしておこう。

汚れた腸が病気をつくる
1998年12月8日第1刷発行
2007年3月24日第15刷発行
2009年7月8日新装改訂初版
2013年6月27日改訂第14刷発行


| | コメント (0)

2014.04.16

関西伝統「木の葉丼」、なか卯が全国発売

木の葉丼


関西伝統「木の葉丼」、なか卯が全国発売

この記事を見て、オヤっと思った。

ごぼう入りのさつま揚げを薄く切り、油揚げと一緒に卵でとじた。肉が苦手な女性などにおすすめという。
とある。

えーっ?木の葉どんぶりってさつま揚げを入れてたっけ?と思ったのだ。
Wikipediaによると、

鶏肉の代わりに薄く切った蒲鉾、もしくは薩摩揚げを鶏卵で綴じた丼物である。
とある。『油揚げを入れる』とも。

そうそう、あっさり目で好きだったのだが、こちらの方が普通じゃないかなぁ。
でも、木の葉どんぶりって、関西風だったんだ。


あー、食べたくなったな-。



| | コメント (0)

2014.04.15

(へぇな会社)大里綜合管理 地域活動、公私混同の勧め

Photo

(へぇな会社)大里綜合管理 地域活動、公私混同の勧め

この(へぇな会社)というのは面白いコラムだが、今回もまた「へぇー」だった。


 仕事中のあなたの目の前に川があり、おぼれかかっている人がいます。あなたは見捨てますか? 仕事なんかほっぽり出して、川に飛び込んだり、警察や消防に電話したりするはずです。
というのが、出発点?

ただし「等身大」でというのがミソ。

話がまとまって開催するミニコンサートの会場が会社だったり、空いている会議室は地域の人が使えたり。

なかなかユニークなところだが、本業は不動産業。

管理している土地は殆どが不在地主なので、草刈りや見回りをしながら、毎年5株ずつスイセンの球根を植えているという。
一気にやらないというのが、またいい。


何でもありだが、個人的な「婚活」の相談には応じられないと、これはちょっと脱線した同時掲載の漫画の話。


| | コメント (0)

iPhoneアプリ:AR長岡京

20140412_211900


長岡宮をスマホでトリップ 桓武天皇と記念撮影も

AR長岡京


ただし、体験できるのは現地でのみ。
実際に行かないと、リンク先のような映像を見ることは出来ない。

しかし、面白い試みだと思う。
これは絶対、訪れてみるべきだ。


ながく、この地の光明寺へ行ってないなぁ。ここの紅葉は、とてもきれいなのだ。勤めていた頃の方が、よく行ってたような。
何故か、秋の夕暮れ。何となく侘しい情景しか思い出せないのだが。実際には、人出は結構あったと思う。


| | コメント (0)

2014.04.13

池田邦彦【でんしゃ通り一丁目】

でんしゃ通り一丁目

でんしゃ通り一丁目池田 邦彦 著
税込価格:637円
出版:日本文芸社
ISBN:978-4-537-13139-0
発行年月:2014/02/26
利用対象:一般

昭和30年代、まだ都内のあちこちに都電が走っていた頃の東京23区が舞台の1話8ページのショートスリーリー。【Wikipediaより】

いつも訪問している鉄道系のブログで紹介されていたもの。
【三丁目の夕日】と重なる部分もあろうか、昭和30年代の都電が都民の足であった頃の話。

主人公の田口則子は、福島から東京の叔父の家に、行儀見習いにやってきた。
上京そうそう悪質な白タク(こんなのもあったっけ)に被害に遭ったのを、偶々通りかかった都電に乗務中の車掌、もう一人の主人公 野村正義に声をかけられたことで、彼に好意を抱く。

則子のそうした思いと、様々な小さな出来事を一話完結の形で描いていく。
昭和二桁始まりの頃に生まれた方には、ご自身の青春時代とダブってくるのではないか。
また、時代は下るはずなのに、姫野カオルコ【昭和の犬】とも、似通った感がある。

二人が関わる色々な人との交流が、何とも微笑ましくて良い。勿論、いい人ばかりではないのだが。


でんしゃ通り一丁目
Kindle価格:280円
honto価格:432円


| | コメント (0)

2014.04.12

大丸心斎橋店、建て替えへ 築81年「大正モダン建築」

大丸心斎橋店

大丸心斎橋店、建て替えへ 築81年「大正モダン建築」

近代の大阪を代表する歴史的建造物のひとつだが、老朽化に加え、周辺の百貨店が次々と増床・改装しており、対抗が必要になった。
とのこと。


百貨店といえば、大丸・そごうだった。
隣通しなので、両方廻って気に入ったものを探し、「心ブラ(心斎橋筋をぶらつくこと)」をするのが楽しみだったものだ。
その「そごう」は、大丸に吸収されてしまった。何年前のことだったろう?

最近では、元そごうで開催される落語会に行くくらいになっていた。いや、これは「そごう」時代かな?
なんか色々なものが目まぐるしくて、何がいつ変わったのやら、覚えていられなくなった。


大丸は、大阪駅前店の方が、当地からは便利で馴染みになったせいもある。


| | コメント (0)

2014.04.11

富士通、ニフティを売却へ 会員減少で業績低迷

20140401_093357


富士通、ニフティを売却へ 会員減少で業績低迷

ひゃー、ついに来たか!
「ココログ」は、どうなるのだろう?

いつでもサッサとサービスを移れるようにしておかないと、あたふたしなければならないかも。
とは言っても、違うことをするのがだんだん億劫になって来つつもある。


↓なニュースも
hontoがYahoo! JAPAN IDでログイン可能に、便利なサービスも追加

こちらは、YahooのIDでもログインできるということのようだが、ポイントなどは当然引き継がれないよね。


さらに、
Twitterのデザインがリニューアル―プロフィールはFacebook的になり、背景画像は廃止
に関しては、順次導入されるんだっけ?
まだ影響は受けていないが……。


業務連絡
↓で書いた件で
ドコモ、通話料金大幅値下げ 国内初の定額制導入へ

お見舞いには、伺わないように!
ご本人とご家族の希望です。


| | コメント (0)

2014.04.10

【男の隠れ家 5月号】

男の隠れ家男の隠れ家5月号
定価:700円
2014/03/27
出版社:三栄書房


特集は
本に出会う 空間、
honto過ごす 時間。

で、全編これオール本の話題(ちとオーバー)。

PART1は「店主・店員が厳選した本が並ぶ セレクトブックストア20」

PART2は「関東・関西のブックカフェ 珈琲と本が奏でる空間」

PART3 「会社は小さくても 大きなこだわり 今、地方出版が面白い!」

どの本屋さんも、行きたいところばかり。


仙台の荒蝦夷は、伊坂(幸太郎)さんの本を出版しているところではなかったかな。
やはり、そうだ。
【仙台ぐらし】について触れてある。


さてと!
東京と、京都・大阪の本屋は、つぶして歩きたいな。
おっ、一軒知ってる。神保町の「Viva神保町」。ここは大活字本の店で、仕事の打ち合わせで行ったのだった。

各店主や店員のお勧め本を見るのも楽しい。


最後に、「大人の読書向きチェア 読書グッズ」というのが、これまた欲しくなるものばかりだった。


電書を読むのは何となくKindleで落ち着いてしまって、何となく物足りなさを感じていただけに、紙本に関するこの手の本(雑誌)の誘惑は、何と魅力あることだろう


| | コメント (0)

2014.04.09

ドコモ、通話料金大幅値下げ 国内初の定額制導入へ

夜桜


ドコモ、通話料金大幅値下げ 国内初の定額制導入へ

現在面倒なので二台持ちをしているのだが、ちょっと考えてもいいか。
元々、ドコモのiPhone導入が遅かったせいなのだ。


恐らく余命が少ないと思われる方にお目にかかるのは、辛いものがある。
定期的に入院して個別撃破の治療をしてこられていた。単にその治療だけでなく、あり得ることを見越してもう少し丁寧に診て貰えていたらと、ご家族と泣き合ったのだった。

「人を診ずに、数値を信用する医療(?)」

新しい病院は、施設だけでなく医師や看護師の対応も好ましいように見受けられたが。


しつこく桜の画像。
やはり、消化不良である(苦笑)。


| | コメント (0)

2014.04.08

七江亜紀【大人の魔法コーディネート】

大人の魔法コーディネート

大人の魔法コーディネート七江 亜紀 著
税込価格:1,728円
出版:宝島社
ISBN:978-4-8002-2400-2
発行年月:2014/03/15
利用対象:一般

おしゃれをしてもなぜか冴えないのは、「色」選びが間違っているから。カラーコンシェルジュが自分を輝かせる色の見つけ方や、コーディネート例、なじむ色の7色クローゼットのつくり方を紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】より

この方の提唱する色は、「季節毎の4色」とは違って、4つの組に分けている。
「菜の花組」「紫陽花組」「薔薇組」「金木犀組」の4グループだ。しかし何となく、これらも季節の4色に当てはまるような気がするのだが。

本書も類書と同じく、「服はたくさんあるのに着るものがない」と悩む女性たちへのアドバイスから始まって、「財布の中」の整理、「クローゼットの中の処分」へと進んでいく。

少し違うのは、「定番色への依存」をやめようとの提案。思い切って冒険することを勧める。


そのために、着るものの色だけでなく、「一番綺麗に見える」飲み物・スイーツ・お酒や過去に撮った写真の中で一番きれいに見えたシチュエーションを思い出せと。

好きな色に縛られないことを提唱したいようだ。

着るものやインテリアはともかく、飲み物やスイーツをこれに合わせるのは、ちょっと辛いような気がする。


取り入れるかどうかはともかく、眺めていて楽しい本である。


著者の個人コンサルティングには、全国から予約希望者が殺到しているという。


大人の魔法コーディネート
2014年4月2日第1刷発行


| | コメント (0)

2014.04.07

去るものと 来るものと

井手町の桜


三陸鉄道、3年ぶり全線再開 「あまちゃん」駅長も祝福

地元の人たちの言葉は、「お帰りなさい」だった。
そうだよね、待ちわびて待ちわびて……。
列車は「ただいま」と汽笛を鳴らしながら、島越駅を通過していったとか。

「今年は絶対に乗りに行く」と宣言しているのだが……。


一方で、

交通科学博物館、52年の歴史に幕 1万人が名残惜しむというニュースも。

ここについては、一度書いている(と思う)。
実物車両など6万点を超える収蔵資料は、16年オープンの京都鉄道博物館に移される。


春は新陳代謝が激しく、精神的について行けないことも多い。
しかし、意外とあっさりと受け入れられることもあり、人の気持ちは不変ではないと実感する。
「来るを拒まず 去るを追わず」


今年はショボい桜(の写真)ばかりだったので、去年の一枚を。といってもiPhoneだから大したことはないが。


最近買った本:富手淳【線路はつながった】

関連記事
吉本浩二【さんてつ】(13,09,05)


| | コメント (0)

2014.04.06

咲き誇るスミレ 宝塚歌劇100周年、歴代トップスター集結

枚方カントリー


咲き誇るスミレ 宝塚歌劇100周年、歴代トップスター集結

別の記事では、殿堂入りした内重のぼるさんや那智わたるさんは、体調が思わしくなく記念式典には欠席だとか。確実に、月日は流れた。

そんなに遠くないし、この展示施設、落ち着く頃に行ってみようかな。


画像は、4日夜。昼間と同じところ(だと思う)。
長男とも『ここの桜、しょぼくなったね』と話したのだが、ひと頃あんなに多かった夜桜見物の客も、この夜はあまりいなかった。近所のものが車を出しても、近場の渋滞という事態だったのに。
迷惑だったが、少々淋しくもある。

今年の桜は、これで終わりかな。



| | コメント (0)

2014.04.05

七江亜紀【暮らしに役立つ色の事典】

暮らしに役立つ色の事典

暮らしに役立つ色の事典七江 亜紀 監修
税込価格:1,008円
出版:宝島社
ISBN:978-4-8002-2147-6
発行年月:2014/01/07
利用対象:一般

「色」はあなたの強い味方であり、最高のパートナー。「色」で何気ない日常を、特別な毎日にしましょう。「色」がもつ魔法の効果と、ファッションやテーブルコーディネート、インテリアなどの組み合わせ実例を紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

綺麗な色が好きだ。「500色の色鉛筆」は、全部集めた。

その「色」に惚れ込んだ著者が、色の持つ魔法の効果と組み合わせの実例について記した本。
最初に「色の基礎知識」として三原色や色相環、配色の基本について述べている。
続いて「色とファッション」「色とテーブルコーディネート」「色とインテリア」と定番的に進み、最後に「色の雑学」へと進む。

取り上げているのは、
ピンク・赤・黄・茶・オレンジ・紫・緑・青・白・黒の十色。
それぞれの色が持つ雰囲気の説明がある。

そしてお馴染み「4シーズン」の色についても述べている。しかし本書ではそこに深入りするのではなく、サラッと触れているにとどまっている。「4つの色」については、別にファッション系の本がある。


「面白雑学」の中では、「年齢と色」というのが面白かった。色の意味合いは変化していくのだとか。


写真やイラストが豊富で、見ているだけで楽しい本だ。
著者の七江さんは、「お買い物同行」もしていらっしゃるようだ。


暮らしに役立つ色の事典
2014年2月4日発行


| | コメント (0)

2014.04.04

縦型洗濯機、根強い人気 新作、次々発売

カントリーの桜


縦型洗濯機、根強い人気 新作、次々発売

これは、我が意を得た思い。

ドラム式が出て、「乾燥まで一台で行ける」とばかりに使ってみた。
確かに、窓部分が乾燥機でふさがれないのはいい。
しかし、節水能力が高いなどあまりにも「やさしい」作りの故か、最後のすすぎにも石けん分が残っていたり、一連の作業に時間がかかったり。

結局、以前の脱水付き洗濯機と乾燥機の組み合わせに落ち着いている。

そこへ、この記事である。
従来型はなくなって全てドラム式になっていくのではと心配していたので、これで一安心だ。

しかし、各社とも色々付加価値をつけて機能を競っているようだが、その分価格に反映されるだろう。
「洗濯機」にせよ「電子レンジ」にせよ、単純機能でもっと安くならないのだろうか?


夜来の雨は止んだが、風が出てきて何だか肌寒い。
明日はもっと、気温が下がるようだ。


| | コメント (0)

2014.04.03

世の中に……

カントリーの桜 カントリーの桜

所用があって出かけたところからの帰路、最寄りのバス停で降りず、終点まで乗った。
そこから下りつつ、観桜。まだ七分咲きくらいだ。

昨年はさくら情報と題して、ほぼ同じところで撮している。ただし、4月も8日。


カントリーの桜


昨年も書いたかと思うのだが、ここ数年、枝が切られるようになった。

カントリーの桜

左右の枝が触れあうくらいになっていたのに、惜しいことだ。


世の中に絶えて桜のなかりせば
春の心はのどけからまし在原業平

やはり日本人は、桜が好きだ。


さくら関係過去記事

さくら さくら(07.04.06)
さくら情報(08.04.02)





| | コメント (0)

2014.04.02

さくら





| | コメント (0)

【ポメラ×クラウド活用術】

ポメラ×クラウド活用術

 スタンドアローンゆえの強みを持つポメラと、ネット接続機能を持つiPhoneの組み合わせこそ、最強の知的生産ツールです。


iPadミニにブルートゥースで接続したキーボードを使ってメモ帳に書けば、ポメラは要らないかと考え初めていた。タイミングを見計らったように、本書の紹介を読んでしまった(苦笑)。

さっそく導入してみる。
これまで「QRコードなど、使ったこともなかった。こんなもの、どうして要るのだろうと思っていた。

手順は、こうだ。
まず、iPhoneとポメラを、ブルートゥースで繋いでおく。
次に、ポメラで作ったファイルを、QRコードにする。これは、ポメラの「QRコード」というボタン(?)を押すだけ。
それを、iPhoneのアプリで写真撮影(つまりQRコードの読み込みを)する。

今度はそれを、「全文コピー」メール作成」「Evernoteクリップ」から選択して保存する。「全文コピー」をした場合は、iPhoneの「メモ帳」などに貼り付ける。
「タイトル編集」も出来る。これはまぁ、転記したところでも出来るが。


メモの内容が多い場合は、読み取られたQRコードが複数になる。ここの処理が、最初はちょっと解らなかった。


QRコードって、どれ位の情報を保存できるのだろう?

しばらく使っていなかったので、ポメラの「プレビュー表示」がどうすれば出てくるのか、忘れてしまっている。


ポメラ×クラウド活用術
KindleBq版のみ


| | コメント (2)

2014.04.01

ブログのゆくえ

ユキヤナギ


記事数:4668 あれ??
開設当初と最近は毎日更新しているが、途中途切れていた時期がある。だから3652記事には届くまいと思ったのだが、日に二回以上書いたときもあったのか?もっとも、東京帰りの時のように、ただただ写真を二回ほど投稿という日もあったが……。

そこで、「下書き」を思い切って削除することにした。レビューなど、途中まで書いて放置しているものが多いのだが、これもエイヤッと削除。

断捨離ですねぇ。

それでも4540記事とあるのには、ビックリ。そんなにあったかなぁ。
コメントは4875。少ないなぁ、半分は自分(のお応え)だものね。


実は2年前と4年前にも同じタイトルで書いている。
ブログの行方(10.04.01)
ブログの行方(12.04.01)
4年前の時はまだ、同じ誕生日のお二人に、トラックバックしている。


5年前には、↓のようなことも書いている。
花咲けど……(09.04.01)

これには後日談があって……
感謝して 五周年(09.04.03)


今年は、どうだろう?


半年前から半年後くらいに10周年の方たち(あなたとあなたとあなたたちお二人ですよー)と、記念オフ会出来たらなぁ。と書いても、ここ 見て下さっているかなぁ。
お江戸オフで繋がっている方たちのブログは、更新は少なくてもいつも賑やかだ。

やはり、人はリアルで出会ってないと、ダメになっていくものらしい。


4月1日の過去記事
だんだんしぼんでいくのがよく判って、ちょっと切ない。

10年目突入のエイプリルフール(13.04.01)
ブログの行方(12.04.01)
八度目の 春(11.04.01)
ブログの行方(10.04.01)
花咲けど……(09.04.01)

3周年に寄せて(07.04.1)
おかげさまで、3周年(07.04.1)
ココログ2周年(06.04.01)
ココログ1周年(05.04.01)


| | コメント (7)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »