« 徒労 | トップページ | 天藤真【遠きに目ありて】つづき »

2014.09.21

ネコ目線で自然観察

20110827_175154


ネコ目線で自然観察 大阪市立自然史博物館

「ネコと見つける都市の自然―家の中から公園さんぽ―」展という。
これは、楽しそう!

企画に合わせて生み出されたキャラクター「ニャンたろう」のイラスト付きボードがあちこちに掲示され、ネコの気持ちを代弁している。

「ニャンたろう」の、蝉に対する考察などもあるようだ。
大阪の街中でも探せば生き物はたくさんいるし、この展示が自然に目を向けるヒントになって貰いたいとの、主催者の願いがある。


また、「大阪のネコはしっぽが曲がってるか」といったことも調査の対象だとか。
そう言えば、しっぽの曲がったネコがいると思ったのは、大阪へ来てからだなぁ。

この辺も、以前はネコが結構いた。その内犬を飼う家が増えて、それとの因果関係は勿論無いと思うが、野良猫が減ったような気がする。
「どこそこ食堂」などと名付けていたが、ご近所の奥様がノラに餌を与えておられた。


ぞろぞろと、八匹も飼っていらっしゃるお宅は大変だろうが、楽しいだろうな。


画像は、ブックエンド。ニャムとそっくりだからと、購入したもの。チラリと見えている本の裏表紙は、【よつばと!】の何巻目か。


|

« 徒労 | トップページ | 天藤真【遠きに目ありて】つづき »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒労 | トップページ | 天藤真【遠きに目ありて】つづき »