« 廃業 | トップページ | 徒労 »

2014.09.19

天藤真【遠きに目ありて】

遠きに目ありて

遠きに目ありて天藤 真 著
税込価格:778円
出版:東京創元社
ISBN:4-488-40801-X
発行年月:1997.9
利用対象:一般

成城署の真名部警部は、とある縁で知り合った岩井信一少年の聡明さに驚嘆し、目下の難事件“多すぎる証言の問題”の経緯を話して聞かせたところ……!?


究極の、安楽椅子探偵もの。
探偵である信一は、動けない。ひたすら真名部警部の話を聞いて、謎を解く。
その謎解きも面白いが、著者の弱者に対する視点がいい。
と思っていたら、やはり仁木悦子さんの影響を受けていた。

障害児のための施設を、遺産から残そうとした資産家。
田舎の学校の子どもたちに、本を送った刑事。

言葉に気になるところがあるものの、当時からすれば仕方ないか。
この警部が、山口百恵と桜田淳子の区別もつかないと言っている時代だ。


遠きに目ありて
1992年12月25日初版
1994年6月10日4刷
リンク先は、1997年発行の草原推理文庫


|

« 廃業 | トップページ | 徒労 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 廃業 | トップページ | 徒労 »