« 「software updater」のバージョンアップって? | トップページ | 補聴器、おしゃれに変身中 カラフルで使いやすく »

2014.09.15

今尾恵介【世界最速「車窓案内」】

世界最速「車窓案内」東海道新幹線開業50周年記念

世界最速「車窓案内」今尾 恵介 著
税込価格:2,160円
出版:新潮社
ISBN:978-4-10-336331-6
発行年月:2014/08/29
利用対象:一般

1日40万人が利用するという東海道新幹線。この沿線は日本で一番見られている風景でもある−。【「TRC MARC」の商品解説】より


今日、届いた本。
まんまと商戦に乗って(?)、買ってしまった。

新幹線なんて、自分が決めている見所以外は、本を読んでいるか資料を眺めている。
そこが、他の線とは違うのかなぁ。

それでも、東京からの帰りが夕方以降の時は、(当然富士山は望めないから)左側の座席をとったりする。海が見えるからだ。

ちなみに自分が決めている「見所」とは、まず京都を出てすぐの鴨川と琵琶湖。うかうかしていると、通り過ぎてしまう。続いて、伊吹山。

名古屋が近づいたところで、揖斐川・長良川は外せない。

次は浜名湖。

そして、ふじ川を渡る辺りからそわそわする。なかなか霊峰にはお目にかかれない。運がいいときは、じっと眺めて写真を撮って、最後は振り返ってまでも眺める。

多摩川が近づくと、「ああ、東京だな」と思う。
これは帰路も一緒で、多摩川を渡ると「さらば東京」となる。

途中は大概眠ってしまう。
遠く比叡山を見て東寺の五重塔が見え出すと、降りる支度に入る。


本書は、新幹線を真ん中に、両側の地図を配し見える風景の写真を添えている。
東京~新大阪なのが残念だが、仕方ないかな。

堪能するには「こだま」でのんびりと、それこそ車窓を楽しむための乗車をする必要がありそうだ。


世界最速「車窓案内」
2014年8月30日


|

« 「software updater」のバージョンアップって? | トップページ | 補聴器、おしゃれに変身中 カラフルで使いやすく »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「software updater」のバージョンアップって? | トップページ | 補聴器、おしゃれに変身中 カラフルで使いやすく »