« お食事処 たちばな | トップページ | 私も図書館に救われた… »

2015.10.24

ツタヤ図書館

435pxtakeo_cl_00_2

ツタヤ図書館、割れる賛否 来館者増加も選書で物議

図書館に対するイメージは、人それぞれだろう。
自分は、「本の専門家がいる場所」という信頼感を寄せている。

ここ何年か、その「専門性」が怪しくなっている図書館が増えているのではないか。
武雄市の図書館へは、知人(全盲)が訪れて絶望して帰ってきた。


図書館に限らず、l行政が請け負ってきた分野を、次々と指定管理にして行っている。
この「図書館騒動」にしても、こうしたことが引き起こしたのではないか。


文化というのは、一見無駄に見えても後に活きてくることが多いのではなかろうか。

関連したニュースとしては、

「ツタヤ図書館」に人気も不安も 初導入した佐賀では…

愛知・小牧のツタヤ図書館は白紙化 反対多数の住民投票受け契約解消

といったものがある。

|

« お食事処 たちばな | トップページ | 私も図書館に救われた… »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お食事処 たちばな | トップページ | 私も図書館に救われた… »