« いま目の前にある本 | トップページ | 茨木のり子【詩のこころを読む】 »

2015.12.31

八つの挨拶と、12月の検索語

20141227_100922


昨日書いた【春に散る】で、主人公の広岡が現役時代を思い出しての一つに、会長に共同生活をする上で口を酸っぱくして言われたという「八つの挨拶」がる。

「おはよう」「おやすみ」「行ってきます」「ただ今」「ありがとう」「ごめんなさい」「頂きます」「ごちそうさま」
これらは特に自分がしつけた覚えはなかったのだが、息子たちには習慣になっているなと感じたことだった。


今年最後の「検索語」は【幽霊刑事】から紹介

◆有栖川有栖「幽霊刑事」(04.08.27)
本年最後の検索語に相応しい

もしかしたら、最後に読んだのかもしれない本

森博嗣「今はもうない」に寄せて(これも毎月ヒットしてくる懐かしい記事)

【わたしの整理術】(14.09.01)
「エッセイのようで楽しかった」といったことを書いている

新型新幹線に喫煙ルーム(07.04.04)
今では当たり前の喫煙ルームだが

「メモ帳」が保存できなくなって焦る(15.04.02)
今年のものだが 時々思い出すために

西村京太郎【鉄路に咲く物語】(08.05.25)
この本の表紙絵が好きだ

京のぶぶづけ(09.12.10)
「新幹線?そんなん、待たしといたら よろしがな」
これは、「座敷ぼうきが逆さに立ててありました」が検索語。

高校野球:清沢忠彦選手(04.08.10)
真冬になっても 登場

仁木悦子【銅の魚】(05.02.28)
これはまた、懐かしい本が。

サービスエリアのトイレ(11.12.21)
これは、東海北陸自動車道のトイレ。
最近は、どこへ行ってもトイレで(註)評価している。
(註)敢えて「トイレを」ではなく「トイレで」(と、わざわざ書くアホ)

図書館が「福袋」、本との出会い演出 2~3冊セットで(14.12.25)
グッドタイミングなヒット(12月22日)

貴志祐介【青の炎】(05.08.19)
ニノの演技が評価されたのだったっけ?

原尞【そして夜は甦る】(10.07.14)

斎藤明美【高峰秀子の捨てられない荷物】(07.04.26)

ポロンというお菓子(05.04.08)

長崎快宏【仕事で差がつく手帳の技術】(05.09.15)

石井桃子【三月ひなのつき】(04.12.16)

樋口一葉【十三夜】から(11.09.05)

西村京太郎【十津川警部 裏切りの街 東京】(12.01.09)

落花の雪に踏み迷う(06.04.11)

ルブラン「怪人対巨人」(04.08.03)

ごんおばちゃま【すっきり!幸せ簡単片づけ術】(12.09.18)

◆高田崇史【QED 竹取伝説】(07.03.18)

数詞の読み方(07.01.10)

【犬と話をつけるには】(06.07.26)

江利チエミ「テネシーワルツ」(09.05.17)

加賀不室屋のお吸い物最中(04.09.03)

七江亜紀【暮らしに役立つ色の事典】(14.04.05)

来年の手帳:ビソプランとプレーン(11.10.10)


模様替えと11月の検索語(15.11.30)


|

« いま目の前にある本 | トップページ | 茨木のり子【詩のこころを読む】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いま目の前にある本 | トップページ | 茨木のり子【詩のこころを読む】 »