« 2017年2月 | トップページ

2017.03.29

宅配便の再配達減らし温暖化対策を推進へ

20170328_131423

宅配便の再配達減らし温暖化対策を推進へ 環境省

これなんだけど、いつ来るか判らない宅配を待っているわけにはいかない時もある。
注文するときに、日にちと時間を必ず選ぶことが出来たら、その時は在宅するようにするのに。

難しいことなのだろうか?


| | コメント (0)

2017.03.28

桜の木




咲いたら きれいでしょうね


| | コメント (0)

淀川




今日は 川向こうへ行きます


| | コメント (0)

2017.03.27

宇都宮にて

20170323_183231

もう4日も前のことになったが、23日宇都宮での夕食を貼っていく。
ちょうど宿泊したところに「日本海 庄や」が入っていたので、ここで担当者お二人と食事をしようということになった。

20170323_18354320170323_184353

いつも以上に(?)うまく撮れず、しかも抜かしたものもあり、ただただ並べていくだけになっている

20170323_185755_220170323_191300

予定していたお一人の都合が悪くなって、二人ではじめた。しかし着いてからのキャンセルは当然出来ず、3人分が運ばれてくる。

20170323_19375120170323_203251

思いついた彼女が電話をして、電車を使う同僚を呼び出した。

すぐではなかったが運良く連絡が取れ、元気印の女性が合流。こちらはほぼ終わっている頃で申し訳なかったが、彼女が来てからの方が一層会話が弾んだ。


| | コメント (2)

2017.03.26

モバイルSuica失敗談

Suica

Apple Watchで、Suicaの機能が使えるようになった。
それなら、特急券の予約は出来ないだろうか?

Suicaが付いたクレジットカードでは、JR東日本の予約が出来る。ただし、JR東管内でないと発券できない。東京駅では一旦改札を出て、みどりの窓口で特急券を受け取り、改札を入る必要があった。


iPhoneのSuicaアプリでも同様のことが出来るようなので、使ってみることにした。


先週、宇都宮へ行ってきた。上記のことを踏まえて、東京駅での乗り換え時間にゆとりを持たせて予約したのだったが……。

やはり東海道新幹線・東北新幹線の乗り換え口を使うことは出来ず、一旦改札を出てみどりの窓口へ行く。
しかし、モバイルSuicaなので発券するわけではないので、このまま改札に行くように言われる。
改札の前にいる係員に念のため確認してみると、これには乗車券も入っているとのことだった。つまり、京都・宇都宮間の乗車券の内、東京・宇都宮間は無駄になったのだ。

ま、これも勉強だと思って、そのままApple Watchで改札通過。宇都宮駅で降りるときも、本当に便利ではある。
東北新幹線の駅駅には、「モバイルSuicaで新幹線に乗ろう」だったかの看板が、大きく踊っていた。

帰途も同じように使った。東京駅で東海道新幹線に入るときも、京都駅で出るときも、有人改札を通る必要はあったが。


だが、これで終わりではなかった。
京都駅で近鉄に乗るとき、Apple Watchが使えなかったのだ。
何と表示されていたかなぁ、とにかく駅を出ていないからダメ(東北新幹線分が残っているということ)だというのだ。

別のSuicaで切り抜けてから、あらためてiPhoneから東北新幹線分を「預ける」(だったと思う)ことにして、Apple Watchには表示されなくなった。
これで、次から使えるかなぁ?


| | コメント (0)

2017.03.25

内田康夫さんが休筆宣言

平城山を越えた女

内田康夫さんが休筆宣言 未完の小説、完結編は公募で

特に好きな作家というわけではないが、読みやすいので結構読んできた。でも、麻美光彦の正義感は面白い。
やはり映像からの記憶の方が勝っていて、特に浅見ファミリーについてはその感が強い。
しかし、その時々のマドンナを誰が演じていたかについては、まったく覚えていないのだった。


振り返って、索引を作ってみよう。

内田康夫索引

【十三の墓標】(08.10.13)

【薔薇の殺人】(08.12.10)

佐渡伝説殺人事件(08.12.19)


終幕のない殺人(87年)(12..01.24)

喪われた道(91年)(09.01.27)

怪談の道(94年)

皇女の霊柩(97年)(12.11.26)

鯨の哭く海(01年)

地の日 天の海(08年)

後鳥羽伝説殺人事件(13.0131)

「萩原朔太郎」の亡霊

明日香の皇子

天河伝説殺人事件

江田島殺人事件(14.02.26)

華の下にて

箸墓幻想(14.09.03)


画像は、【平城山を越えた女】。
まだレビューなし。


| | コメント (0)

2017.03.24

宇都宮の朝




いいお天気です
外は 寒いのかなぁ


| | コメント (0)

2017.03.23

多摩川




こんにちは 東京
でも、今日は通過するだけです。


| | コメント (0)

本日のランチ




だんだん内容がかわってきているような気がします
お番菜ではないようなのも入っていて
味付けも濃くなってないかな?


| | コメント (0)

2017.03.22

作家コリン・デクスター氏死去 「モース警部」シリーズ

27533277_1tl

作家コリン・デクスター氏死去 「モース警部」シリーズ

好きで随分読んだが、なぜかレビューは二冊だけ。
Kindle版で、読み直そう!

関連記事

コリン・デクスター【死はわが隣人】(13.01.09)
コリン・デクスター【モース警部、最大の事件】(04.11.14)
私の好きな作家たち(05.06.30)


| | コメント (0)

2017.03.21

雨時々止む

20170315_102554


「雨時々止む」というのは、「雨時々曇り」のことらしい。「曇りのほうの時間が長く、雨の時間のほうが短い場合」を表現しているのだとか。

たしかに、「晴れ時々曇り」だと、晴れていても時々曇るだ。けれど雨が降っていた場合は、止んだら「曇り」とは言わない。


しかしこの表現での違和感は、「雨が続いていて、それが時々止む天気」というより、「雨、時々止む」という情景描写のように取れてしまうから。
「同じことだぞ」と言われれば、その通りなのだが……。もっと、短時間の表現のように感じるのは、自分だけだろうか?


春の選抜は、全日中止になった。


| | コメント (0)

2017.03.20

パソリ再開

20140327_092102

Suicaへのチャージは、Apple Watchから出来るし、残高も判る。

しかし他のカード類については、毎回レシートを控えておく必要がある。改札口を通った場合は、チラと見た金額を覚えておかねばならない。

パソリがあると、残高照会や履歴が判る。
Suicaのカードを使っていたときは、チャージも出来た。
Edyの受け取りも出来た便利だな。

そこで、再びパソリ登場なのだが、以前使っていたものが行方不明になっている。
仕方ないから、再購入という羽目に。


注文した翌日に、やってきたパソリ。
しかし、何度試みても、接続できない。

ようやく気づいたのだが、以前のパソリアプリを一旦削除する必要があるのだった。


だが、せっかく繋がっても、申し込みをしたEdyやポイントなどで獲得したEdyの受け取りは、出来ないのだった。
それには、フェルカポート内蔵のパソコンか、USB接続のパソリが必要とのこと。

楽天Edyというのを使うと出来そうだが、またものが増えるのもうっとうしい。
やはり、ファミマまで行って受け取るしかないのかなぁ。


今日は、彼岸の中日。あったかい一日になりそうだ。


| | コメント (0)

2017.03.19

【春に散る】に想う

20160330_092947

今朝の朝日新聞書評欄に、『春に散る』(上・下) 沢木耕太郎〈著〉 『大鮃』 藤原新也〈著〉があった。

2015年4月から16年8月末までの連載を、夢中になって読んでいた。

翔吾に出会うまでが少々長すぎた感があり、単行本になってみれば、上下巻それぞれ1,728円の大部なものになっていた。

書評によれば、世代交代の物語であるということだ。まさにチャンピオンになれなかった4人のボクサーと、夢を託された若者との、世代交代の話と言える。

同時に、時折出てくる主人公の挫折からこれまでの暮らしや考え方も、興味深かった。


チャンプの家や、残された老人三人は、どうなるのだろう?


今日から、高校野球か!
まさに、世代交代の世界。


関連記事

沢木耕太郎【春に散る】(15.04.15)
「春に散る」四人の行く先は(16.03.12)


| | コメント (0)

2017.03.18

打ち上げ

20170317_174121_220170317_175147_2

江戸堀だが、お店の名前を忘れてしまった。

20170317_175244_220170317_175309_2

ひたすら、写真を貼っていく。

20170317_175552_220170317_175914_2

麻婆豆腐は、誰かの手が写っている(苦笑)。

20170317_182238_220170317_182342_2

この間、一品撮し忘れた。

20170317_183611_220170317_193205_2

よく騒いだ。


| | コメント (0)

2017.03.17

ブログの整理

20170315_102554

断捨離の中に、人間関係の断捨離というのがある。

このところ「断捨離」だとか「ミニマリズム」だとかにかなり傾倒していて、気になるブログを片っ端からRSSリーダーに登録していた。
しかし、だんだん飽きてきた。

そこで、本当に頷ける所を除いて、RSSリーダーからこれらのブログを外した。
なんだか、とてもスッキリした。


結局、ずっと読みたいのは、長くお付き合いのある以前からのブログだなぁと、改めて思う。
お目にかかった方や、コメントでのやりとり。そしてブログ記事を拝読して想像することなど。


そのブログたちの更新が少ないのは寂しいが……。


| | コメント (0)

2017.03.16

本日のランチ






だんだん 混んできました


| | コメント (0)

AirPods

Mmef2_av2

先日、不思議なことで書いたイヤホンというのは AirPodsで、随分前に注文していたのだった。

例の、「耳の横から垂れているようでかっこ悪い」あれである。
でも、これまで持ったコードレスのイヤホンの中では、群を抜いて使いやすい。本体も耳から外れることはないし、快適である。

ケースもコンパクトだ。

ただ、ケースから出すのが少々難儀で、何かコツがあるのだろうか?


| | コメント (0)

2017.03.15

小松左京【アメリカの壁】

アメリカの壁小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】

アメリカの壁小松 左京 著
税込価格: 円
出版 : 文藝春秋
文春e-book
発行年月 : :2017/03/10
利用対象 : 一般

アメリカにトランプ大統領が誕生して以来、「いま読むべき作品」「現実がSFに近づいた」と改めて注目を浴びている作品。

35年も前に書かれたSFが、もしかしたら現実になるかもしれない。

大統領がデスクに向かっている。その周りには、いくつもの「壁」「壁」「壁」(ついたてのようなもの)が張り巡らされている。新聞の政治風刺漫画に、こんなのがあった。


本書に出てくる壁は、白い霧のようなもの。その中へ突っ込んで行ったものは、二度と戻って来なかった。

この現象に不審を抱いた日本人の記者が、あれこれ調べ始める。
友人であるアメリカ人は、これらは偶然だという。

そして最後、マッハ級の飛行機で脱出する計画に、乗せてくれた。その友人からは、時間がなかったので飛行機の中で聞けと言われたテープを預かった。

そしてそのテープの内容は……。


怖いなぁ。


アメリカの壁


| | コメント (0)

2017.03.14

不思議なこと

Airpodcase201609_8昨夜は、イヤホンをしたまま眠ってしまった。
夜中に目覚めたら、イヤホンは外れている。「ヤバい」と思って探したが、見つからない。好きな曲まではまだ間があるから付けたまま床についたのだから、その曲を聴いていないということは、外していないはずだ。

困ったなぁと思いながら、もしかしたらとケースを開けると、何とそこに(イヤホンが)鎮座しているのだった。


不思議なことではあった。


ま、世の中「ふしぎ」は色々あるから、いいとしよう。

でも、これを読んで下さった方は、きっと無意識に外してケースに収納してから眠ったと思われるだろう。そして、「ボケたな」とも……。


そちらの方が、正解かもしれないな。


| | コメント (0)

2017.03.13

ホーリー祭:今日のグーグル

Photo_3

なぜかIEでは出てこなくて、ChromeやOperaでは出てくる。
どうしてかな?


| | コメント (0)

北陸新幹線、延伸の裏事情 南回り決着、京都府への配慮

Photo_2

北陸新幹線、延伸の裏事情 南回り決着、京都府への配慮

ふーん!
この辺の住民にとっては、確かに便利になる。
しかし、自分にはもう関係ない話だな。

それより、おおさか東線の新大阪駅延伸は、いつだったっけ?

これは、赤川鉄橋(のあった場所)を渡るのではなかったかな。

おおさか東線は、昔よく知っていた場所を通るので、たとえ町並みは変わっていてもなつかしい。
同じように、北へ延びたところも、知っているところを通るので少々待ち遠しい。

だからといって、久宝寺方面へも淀川訪問へも、そんなに行く機会が出来るわけではないが。


| | コメント (2)

2017.03.12

Apple Watchが来た:Suicaを使う 2

S142alurosesportmidnightbluegrid_ge



さてApple WatchでSuicaを使う、もう一つの用途。
それが、お買い物である。

試してみたくて、一昨日、クリニックの帰途ローソンに寄ってみた。
何点か買って、さぁお勘定!

Walletではなく「カード決済」というよう、先輩ブログには書いてあった。

しかし、店員も初めてらしく、「カードならお預かりしなきゃ」と言う。
幾つか「ゴメンね」「いいですよ」を繰り返しながら試してみて、
「Suica支払いでは?」ということに。

一応Apple Watch側からSuicaを出しておいてかざすと、「ピピッ」。
お、行けた。

無事、お買い物終了。お客の少ない時間帯でよかった。


その後もあれこれ検索していると、どうやら「id」マークのあるところでは使えるようだ。でも、判らない。


昨日も、JRと大阪地下鉄で、「ピピッ」決済。
どうやら、この機能を使うと、バッテリーの消耗が少し早くなるようだ。

そうそう、昨日はお隣に座った方も、42mmを使っていらっしゃった。
その向こうの方は、「7」でSuicaを使っていらっしゃるとか。
やっと、使っている方とお話出来た!

待ち受け画面(でいいのかな?)は花にしている。時刻表示の際に、花が浮かび出てくるのが美しい。
でも、↑もいいな。


| | コメント (0)

2017.03.11

本日のランチ




午後の部が 始まりました


| | コメント (0)

2017.03.10

Apple Watchが来た Suicaを使う 1

20170305_225128_4設定の段階では、例によって色々あったのだが、まずは主な目的であったApple WatchでのSuica初体験をば。

3月5日に届いて、7日は東京行きだった。

まずは、チャージ。何となく心配なので、とりあえず1,000だけ。でもそれも心配なので、もう1,000円。

それが、←の画像。


JR関係は事前に切符と特急券を受け取っていたが、私鉄は交通系カード(ICOCA又はSuica)を使う。
でも今回は、Apple Watchで通ってみたかった。
しかし、もし通らなかったらどうしよう。後ろに待っている人がいたら、パニックになるだろうな。


などと考えて、Suicaのカードを右手に握りしめて、左手のApple Watchを改札口にかざしてみる

「ピピッ」

20170307_095537_2やったー、通ったー!とガッツポーズなどしたいところだが、グッと我慢。


これなら東京メトロでも使えるだろうと、車中で更に1,000円チャージ。
400円分引き去られて1,000円分チャージしたのが、→の画像。


京都駅で降りるときも、東京での往復も、「ピピッ」で大丈夫だった。


単純に嬉しかった、東京行き。


| | コメント (0)

2017.03.09

AppleWatchが来た 2

20150306_130931

元々、Apple Watchにはあまり関心がなかった。

時計というのは、ちゃんとしたのを長く持つものだ、みたいな気持ちがあったから。
しかし、20年近く使っていた時計が壊れたとき、ひょっとしたらApple Watchでもいいかなという気持ちが少し沸いた。

だが結局は、使っていたのとよく似たのを探し出して購入した。前のよりすこしばかり厚みのあるのが少々気になるが、大事に使っていこうと思っていた。


それとは別に、IPhoneにSuica機能のついたのが、気になっていた。9月になったら、(おそらく出るであろう)7Sに機種変しようと。

だが、Apple Watchがあるとwalletが使えると知って、少し心動いた。
そんな矢先、「実際に使ってみて便利だと思った機能やApplePayの設定方法を紹介」しているブログを見て、「即買い!」ということになった。

上記記事を読んだのが、3月1日。若干あれやこれやあったのだが、5日には我が家に到着していた。


| | コメント (0)

2017.03.08

国際女性デー

20170307_11043720170214_110718

今日は国際女性デーということで、朝日新聞では2週間ほど前から■インタビュー 「女の子たちへ」というのを掲載している。

「女の子たちへ」というタイトルはどうかと思うが、興味深い記事もある。

夢描くことを親に許されず、私は… 山口智子さん
山口智子は好きで、デビュー作の「なっちゃんの応援歌」以来、これで共演した夫君の唐沢寿明も応援している。
旅館の一人娘でいずれ女将になる運命(?)だったという話も聞いていた。
その運命が強烈だったのか、「子どもを持たない」とはっきり言い切っている。潔いと思う。

女の子へ「寿司と指輪は自分で買おう」 西原理恵子さんこの人の「何とかかあさん」は好きではないが、この主張も面白かった。

息子が心臓に持病、社会の壁の厚さ知った 野田聖子さん
山口智子とは逆に、子どもが欲しかった野田さん。何か執念のようなものを感じていたが、ここに至ってごく普通の母親になられたなぁという気もしている。

「主人」や「嫁」という言葉は賞味期限 川上未映子さん
この話はブログで拝見していて、同感である。

元夫がリセットしてくれた、私の固定観念 伊達公子さん
色んな意味で、すごいなぁと思う方。

「かわいいね」言われる時こそ甘えずに 小池百合子さん
この方も、知事になられてから、こちらの認識を変えさせて貰った。素敵な女性だ。

女の子を拘束する「呪い」、親が解かねば 駒崎弘樹さん
仰るとおり、もっともっと活躍していただきたい。

人を愛する気持ち、男とか女とか関係ない 桐谷健太さん
どこかで見たと思ったら、浦島太郎だった。

女性自ら性別に縛られすぎでは 春香クリスティーンさん

「女子力」もそうですが、大人になっても自分のことを「女子」って呼んだり、呼ばれたり。「○○女子」「女子的には」と「女子」を連呼するのは、不思議な感じです。

その通り、その通り。


画像は、昨日(左)と2月14日(右)の富士山。
どちらも雲がかかっていて残念だったが、こうしてみると一ヶ月前の方が空は綺麗だったなぁ。


| | コメント (0)

2017.03.07

多摩川




こんにちは 東京


| | コメント (0)

今日の富士山




綺麗だけど 雲が多いなぁ


| | コメント (0)

北海道 星の和名 鼓(つづみ)星

Starchart_myth

北海道 星の和名 鼓(つづみ)星

オリオン座が鼓星だというのは、聞いたことがある。
こうしてみてみると、ほんとに鼓のようだ。

同じように、さそり座は「魚釣り星」というそうだ。

冬の夜を彩るオリオン座(鼓星)。
そのオリオンを避けて夏現れる「さそり座」。
画像を探していたら、まったく逆の物語(オリオンがさそりを避けている)が出てきた。本当はどっちだろう?どっちでもいいか。

和名だと、両者の因縁は関係なくなってしまうから。


子どもの頃、夏休みを過ごした郡上の夜。満天の星を眺めながら、ギリシャ神話のことなどに思いを馳せていたのだった。


| | コメント (0)

2017.03.06

AppleWatchが来た

Applewatch

欲しかったのは「ローズゴールドアルミニウムケースとライトピンク/ミッドナイトブルーウーブンナイロン」だったのだが、無情にも「売り切れ」だった。

そのあとも色々と例によって「奮戦記」があるのだが、追々と書いていくことにして……。


とりあえず、楽しいとだけは記しておこう。


| | コメント (0)

2017.03.05

免許は居心地のいい所で ココハツ

Menu01_2免許は居心地のいい所で ココハツ


あー、これいいなぁ。貧乏学生にはもってこいだ。

でも、それだけ若者の車離れが進んでいるということだろうな。


この記事を読んだせいか、ケーキバイキングの夢を見た。でも、一切れも食べなかった。

夢の中で出てきた食べ物は、食べてはいけないとどこかで聞いた(読んだ?)ことがある。
そういうことが無意識に作用するのか、これまでも夢で出てきたおいしい(だろう)ものを食したことはないような。


カテゴリーに「グルメ」を追加したので、「魚の理想的な調理法」を追記しておく。
一度試してみよう!

「湯煮」ってナニ?/魚の理想的な調理法


| | コメント (0)

2017.03.04

ヤマト、時間帯指定の配達を見直しへ

20170228_115657_2


ヤマト、時間帯指定の配達を見直しへ 運転手の負担軽減

この中に、「再配達の有料化」とあるが、これはおかしいのではないか。受け取る方は荷物が来ることが判らない。
再配達防止のためには、送る側が時間指定だけでなく、日にち指定もいつも出来るようにすることが先決では。商品を注文する際に、時間指定は出来ても日にち指定は出来ないところが多い。


この関連では、以下のような記事もあった。

ヤマト、サービス残業常態化 パンク寸前、疲弊する現場

ヤマト、巨額の未払い残業代 7.6万人調べ支給へ


| | コメント (0)

2017.03.03

パンダの赤ちゃんにひな祭りプレゼント 木製の遊具

Photo

パンダの赤ちゃんにひな祭りプレゼント 木製の遊具

知人もこの赤ちゃん「結浜」の名付け親(のひとり)で、名前を付けた理由を書くのに苦労したという話をしてくれた。
「自分の子どもと同じ名前」というのはダメだそうで、しかし、どう書いたかは教えて貰えなかった。

一度だけ名付け親として招待されたらしい。
「一回だけなの、パスポートとかないの?」と、同席していたものたちは聞いたのだが。


前回白浜へ行ったときは、ここへは寄らなかったなぁ。
あれは、何年前になるのかなぁ。随分昔のような気がするが。結構いいホテルを奮発したのだった。
そうそう、iPhoneを忘れて、ホテルへ取りに帰ってもらったっけ。

一緒に行った内のひとりは、部署が変わってなかなか会えなくなった。今月17日には、久しぶりに邂逅できる。今から楽しみである。


| | コメント (0)

2017.03.02

パントリーチャレンジ

20120303_122903

パントリーチャレンジという言葉を知った。

パントリー(食品庫)にある食料を、使い倒そうという趣旨でいいのかな?
まとめ買いをすると、ついついあれこれ買ってしまう。家にまだ食材があるのに。その結果、賞味期限切れになったりして、もったいないことになる。

それを、あるものは使ってしまってから補充するようにすれば、無駄がないというわけだ。


と決心したものの、コープでの注文時には、ついついあれこれポイポイとチェックを入れてしまう。

なかなか、難しい


| | コメント (0)

2017.03.01

「してあげる」

20170228_123723

「アサイチ」をチラッと見たら、洗濯したタオルのゴワゴワしない干し方について放映していた。
タオルを両手で持って振るといいのだという。
出演者一同、感心していた。繊維の立ち方に関係あるのだとか。


我が家の場合は乾燥機使用なので、柔軟剤も使わない。でも、旅先などでは覚えておけばいいかもしれない。


感じのいい説明だったが、気になったのが「振ってあげる」という言い方。最近、この手の丁寧な言葉遣いが多いよう
な気がする。


自分の子どもに「何々してあげる」も気になるが、「犬やネコにえさをあげる」のは「全然オーケー」だったりする。

何とも身勝手な、意地悪な話だなぁ。


| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ