« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017.05.31

総会のお弁当と5月の検索語

20170531_11430320170531_114122

おいしいお弁当でした


今月も、「メモ帳が保存出来ない」がヒット

「メモ帳」が保存できなくなって焦る(05.04.02)

岩合光昭【ニッポンの猫】(04.11.13)

芋たこなんきん:食べること(06.11.26)
これ、非常に同意できるなぁ。

70代を想う(06.12.14)
今読むと、自分へのメッセージに思える。

【向田邦子を旅する】(06.11.13)

佐野洋子【おじさんのかさ】(04.09.29)
これも大好きな話

神戸インク物語:ゴッホとモネ(14.10.08)
偶然だけど、このゴッホが今 目の前にある。

奈義町 山の駅(12.09.05)
また行きたいなぁ

補聴器、おしゃれに変身中 カラフルで使いやすく(14.09.16)
6日
阿部絢子【モノ・人・お金 自分整理のすすめ】(16.04.13)

伊坂幸太郎【陽気なギャングが地球を回す】(06.10.30)

若竹七海【クール・キャンデー】(12.05.23)

【夜のピクニック 】(-6.10.31)

夏樹静子【足の裏】AUDIBLE(16.03.27)

上遠野浩平【ブギーポップは笑わない】(11.11.04)

東野圭吾【手紙】(07.03.10)

江利チエミ「テネシーワルツ」(09.05.17)
確かに、この時の雪村いずみは、人生の残酷な面を見る思いがした。

料理研究家の大原照子さん死去(15.02.02)

太宰治と美知子
(06.09.16)

ほぼ日手帳、販売開始(06.09.07)

ゆるりまい【わたしのウチには、なんにもない。 2】(13.09.12)

羽田綏子【首相公邸】(08.02.04)

ジップトレイ(15.11.28)

【人生はニャンとかなる!】(14.03.20)
ニャンとかならないかなぁ

永井路子【万葉恋歌】(05.01.01)

ロバート・グレイス【容疑者】(15.02.12)
犬好き必読の書

BUN2 10号(07.02.12)

サザエさんとフジ三太郎(12.10.11)
なつかしいなぁ

笹本恒子【97歳の幸福論。】(12.04.15)

青森へ行ってきた 2:七兵衛や(15.09.15)

TOKAGE 特殊遊撃捜査隊(14.06.22)

長尾幹也さんの歌(04.08.02)


読書メーターと、4月の検索語(07.04.30)


| | コメント (0)

2017.05.30

入院日記:手術の日

20170525_111952

5月14日(日)に入院して、翌15日(月)が手術日である。
予定は午後なので、朝から言われたとおりの準備をして待つ。

その後のことは、あまりよく覚えていない。部屋へ戻ってから先生の「血だらけ」という言葉だけが聞こえてきた。出血は、かなり多かったようである。


ちなみにこの病院は、ただ今新しく生まれ変わる途中で、5月から徐々に受付や診察室が移動している。
パンフレットによると綺麗な病室で期待していたのだが、病棟の引っ越しは6月からなのだった。
従って、一番古い状態で入っていたことになる。


画像の右側の建物の左端3階、木に隠れている部屋で個室ではあった。


入院日記:入院当日(17.05.28)

入院日記:入院まで(17.05.26)

入院日記:経緯3(17.05.24)

■入院日記:経緯 2(17.05.22)

入院日記:経緯(17.05.20)

| | コメント (0)

2017.05.29

帰ってきました








| | コメント (0)

退院

20170427_160955_2

お世話になりました


| | コメント (2)

2017.05.28

入院日記:入院当日

20170517_145247

5月14日、日曜日。母の日
この日の朝、入院した。

部屋が楽しみにしていた新館では無く、旧館(それも、今は一緒に旧館と呼ばれている以前の新館即ち東館の方では無く、当時からの旧館)、つまり一番古い建物だった。


後のことになるが、入院中にお引っ越し作業が始まり、退院後は壊される運命にある。


| | コメント (0)

2017.05.27

コリン・デクスター【オックスフォード運河の殺人】

オックスフォード運河の殺人

オックスフォード運河の殺人コリン・デクスター 著 大庭 忠男 訳
税込価格: 734円
出版 : 早川書房
ISBN : 4-15-077558-3
発行年月 : 1996.6
利用対象 : 一般

モース主任警部は不摂生がたたって入院生活を余儀なくされることになった。気晴らしに、彼はヴィクトリア朝時代の殺人事件を扱った研究書『オックスフォード運河の殺人』を手に取った。19世紀に一人旅の女性を殺した罪で二人の船員が死刑となったと書かれていたが、読み進むうちモースの頭にいくつもの疑問が浮かび……

もう20年近くか20年以上前に読んだもの。本書でデクスターファンになり、以後次々と踏破していったっけ?
最初の頃のものではなく、モースの胃潰瘍もかなり進んでからの話のようで、入院のつれづれに読んだ犯罪記録に疑問を感じたモースが、退院後事件再探訪をするという話。

哀れな女性殺人ということで記憶していて、再読は辛いかもと思っていた。
モースがたどり着く真相については、すっかり忘れていた。

それでも、墓碑銘の絵が重要なポイントだとは即思い出せたし、姉弟の身長の記録についても、うっすらと覚えていた。


オックスフォード運河の殺人
Kindle価格:


| | コメント (0)

2017.05.26

入院日記:入院まで

Photo

4月14日に診察して頂いたあと、4月17日と27日に「貯血」とその他の検査に行く。
「貯血」というのは自分の血を預けて置いて、輸血が必要な歳にその血を使うのらしい。
使わなかったら、術後すべて身体に戻すのだとか。


画像は、24日にお見舞いに来て下さった方から頂いたもの。
「いちご大福」の系統だが、色々な果物があって楽しい。画像はキウイだが、バナナやミカン・栗などさまざまな味が楽しめる。

わざわざ堺から来て下さった。ご自宅も泉州だ。
「せっかくだから帰りは京都廻りにしたら?」と提案して、苦笑される。アホ鉄は何を言い出すやら……。

彼女は、外部関係者で、今回ただお一人手術のことをお話した方だ。


| | コメント (0)

2017.05.25

川の手前に




| | コメント (0)

外泊日







一度家へ 帰ります


| | コメント (0)

2017.05.24

入院日記:経緯3

Img_1463

初診日:4月14日(金)

・レントゲン
・診察
・入院日・手術日決まる:5月14日(日)入院・15日(月)手術

・そのあとも色々検査


23日現在:痛み止めが処方されなくなり、あちこち痛い。


| | コメント (0)

2017.05.23

お見舞い ありがとうございました

Rose

昨日、この病院を紹介して頂いた『人生の先輩』が見舞いに来て下さった。
前回(昨年6月)お目にかかったときには、何となく歩くことを怖がっていらっしゃるように感じたのだが、今回はバスを乗り継いでの来院だ。

お互いの経過のことを中心とした四方山話は尽きることはなかったが、時間のこともある。
次はこちらからの訪問を約束して、別れたのだった。


画像は、お見舞いに頂いたプリザーブドの薔薇。夕方撮ったので少し暗いが、光量を充分にして撮り直そう。ただ今は、Wi-Fi使いすぎで、帰宅しないとうまく同期できないのだ。


| | コメント (0)

2017.05.22

入院日記:経緯 2

20170517_145247

入院日記:経緯 1(17.05.20)のつづき

その週は宇都宮への出張があったので、実際に先の先輩に電話をして相談したのは帰宅後だ。これが、3月20日の日曜日。

さっそく連絡を取って頂いて、直接やりとりするようになる。
その間の話で、現在掛かっているクリニックの紹介状を頂くようにとの話があり、その紹介状と保険証などを持参して、3月28日(火)に病院へ行く。「紹介患者」という扱いにして頂いていた。
この日は受診予約をして帰宅。


受診日は4月14日(金)であった。


関連記事

入院日記:経緯 1(17.05.20)


| | コメント (0)

2017.05.21

【「ステキだね」と言われる女性になれる本】

「ステキだね」と言われる女性になれる本

「ステキだね」と言われる女性になれる本西出 ひろ子 監修
税込価格: 1,296円
出版 : 学研パブリッシング
ISBN : 978-4-05-800440-1
発行年月 : 2015/02/10
利用対象 : 一般

ちょっとした言い回しやしぐさで、印象はぐっと変わる! 「あいさつで好感度をアップする」「楽しく話題を広げる」など、女性が「ステキ」になるために覚えておきたいオフィスやプライベートでのマナーと話し方をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

歌舞伎やコンサートに行く際のドレスコードの話がTwitterで出ていた時に、紹介されていたのだったか?
一般的な常識事項だったらテキスト化したいなとおもったのだが、如何せん、ビジュアル過ぎるので断念。

若い女性向けの本なので、ざっと読んだらチビさんに進呈しよう。


あるある、「歌舞伎やバレエなどを鑑賞する」という項目が。

Twitterでは、ドレスアップすべきだという意見と、コンサートなどは行って楽しむことが大切なのだから、カジュアルな格好でもいいのではという意見があったっけ。

学生向けのコンサートなど入場料を比較的抑えた催しで、まずは参加していい音楽を聴くことを主に考えるという意見には賛同できる。


「ステキだね」と言われる女性になれる本


| | コメント (0)

2017.05.20

入院日記:経緯

20170324_060053

今年になっていよいよ足の状態が悪くなっていった。
東京へ行くたびにひどくなっていくのを実感する。

そういう中、3月17日の研修会の打ち上げに行く途中で、友人が「うちの母は普通に歩いていますよ」と言う。彼女の母上のことは、以前から伺っていた。3週間入院なさっていたとも。

そしてまた思い出したのが、昨年の6月に伺った人生の先輩の話。彼女も、手術は嫌だ嫌だと逃げ回っていたのだが、息子さんたちに説得されてついに決心したのだとか。

病院はその息子さんのお嫁さんが努めていらっしゃるところの系統病院。


手術しようかなとは思ったものの、ハテ何処へ行けばいいのか?現在掛かっているクリニックに相談すれば、ちゃんと紹介して頂けるだろう。

だがこの、お二人の話がきっかけになって、この病院へ行ってみようという気になった。
さっそく彼女に相談してみる。色々説明を受けて、家族にも相談する。
状態が悪くなって行ってるのを一番身近で見ているのが彼らだから、話を聞いて即賛成してくれた。


| | コメント (0)

2017.05.19

多岐川恭【的の男】

的の男

的の男多岐川 恭 著
税込価格: 1,365円
出版 : PHP研究所
ISBN : 978-4-569-70039-7
発行年月 : 2008.9
利用対象 : 一般

極悪非道な強腰で成り上がった実業家・鯉淵丈夫は、過去買った恨みも数知れず。肚に据えかねた七人が鯉淵めを亡き者にしようと秘策を凝らすが、憎まれっ子世に憚るを地で行くこの男、そう簡単には死んでくれそうもない。連作倒叙ミステリ。


げに恐ろしいのは、「女の執念?」 (ネタバレに近いものあり)

一つ一つの短編のタイトルは「一文字」。そしてそれが、凶器になっている。

「網」「銃」「穴」「錠」「毒」「紐」「髪」「牙」と来て、最後が「女」。

8篇のいずれにも登場する彼女の、しかしそれと判りやすいのが惜しいかな。伏線らしき言動も、それはそれで「当たった-」となるが。

しかしその彼女も最後には……。だから、男なんて信じちゃダメだってば。


的の男
Kindle価格:486円
honto価格:486円


| | コメント (2)

2017.05.18

【角野栄子の毎日いろいろ】

角野栄子の毎日いろいろ『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし

角野栄子の毎日いろいろ角野 栄子 著
税込価格: 1,598円
出版 : KADOKAWA
ISBN : 978-4-04-104605-0
発行年月 : 2017/03/29
利用対象 : 一般

「魔女の宅急便」など、千冊以上の児童文学を生み出してきた作家、角野栄子。82歳の彼女から学ぶ、人生を明るく、色鮮やかに生きていくための「衣」「食」「住」のレシピ集。【「TRC MARC」の商品解説】


とれもステキな本を、見つけました。
「世界で一番おしゃれな魔女」の日々を描いたビジュアルな本です。

表紙は、ちょっとくすんだ赤い色を背景に、白にチューリップ模様のワンピースを着た角野さんが腰掛けています。テーブルの上には何葉かの写真があり微笑んでいる角野さん。
眼鏡は何とオレンジ色。本文で判るのですが、著書は洋服と合わせて眼鏡も着替えるのだとか。というか、洋服を買うときも、「この服に合う眼鏡があるか」を基準にしていらっしゃるようなのです。

出窓には、ミルやポットがあり、ちょっとおとぎの国のような雰囲気があります。


本文が、又ステキ。
洋服は、殆どワンピースのようです。そういえば、イギリスのちゃんとした老婦人は、ワンピースを召しているとか。

あれは何という本だったかなぁ。(こちらは日本の話)
病院へ行くのに、ワンピースを着ていくおばあちゃんという話がありました。孫からの視点での話でしたが……。


裏表紙は本棚で占められていて、ぎっしり本が詰まっています。
そうなのです、やはり本は一杯なければ。


角野栄子の毎日いろいろ


| | コメント (0)

2017.05.17

芦原すなお【わが身世にふる、じじわかし】

わが身世にふる、じじわかし(創元推理文庫 ミミズクとオリーブ)

わが身世にふる、じじわかし芦原 すなお 著
税込価格:596円
出版:東京創元社
ISBN:978-4-488-43005-4
発行年月:2007.1
利用対象:一般

ニューヨークから河田警部が帰ってきた。帰国早々、不思議な事件に遭遇した悪友は、見事な推理をみせるぼくの妻の知恵を借りようと、やってきたのだった。【「BOOK」データベースの商品解説】より

【ミミズクとオリーブ】シリーズ第3弾。その【ミミズクとオリーブ】をチラッと読み返したのだが、オリーブの木についての説明などあったのに、まったく覚えていなかった。

「ミミズクとオリーブ」シリーズの第3弾。
今回も、ぼくと同郷の河田が持ち込んでくる事件を、奥さんが解決するというもの。


本書も、(ワトソン役のぼくの)細君の料理の数々が楽しい。
【ミミズクとオリーブ】の時と比べ、この細君が嫌う嫌な事件が多い。

【ト・アペイロン】では、ぼくの大好きなチラシ寿司を始め、デビラという讃岐名物。エビデンは、浜田の赤てんのようなものかな。
「ぼく」が作る「田舎カレー」も、素朴で美味しそう!


さて肝心の事件は、殺人から始まる。
凄惨な場面が苦手な妻は、河田の話を聞いて座したまま解決の糸口を見つけ、「ぼく」が現場へ赴いてそれを確認してくる。

表題作
【わが身世にふる、じじわかし】は、「じじ」が「若い」のではなく、「かどわかし」をもじったタイトル。


【NY・アップル】
【わが身世にふる、じじわかし】
【いないいないばあ】
【薄命の王子】
【さみだれ】


わが身世にふる、じじわかし
honto価格:486円
Kindle価格:486円


| | コメント (0)

2017.05.16

道尾秀介【鬼の跫音】

鬼の跫音

鬼の跫音道尾 秀介 著
税込価格:555円
出版:角川書店
ISBN:978-4-04-100012-0
発行年月:2011.11
利用対象:一般

刑務所で作られた椅子に奇妙な文章が彫られていた。家族を惨殺した猟奇殺人犯が残した不可解な単語は哀しい事件の真相を示しており…(「〓(ケモノ)」)。同級生のひどい攻撃に怯えて毎日を送る僕は、ある女の人と出会う。彼女が持つ、何でも中に入れられる不思議なキャンバス。僕はその中に恐怖心を取って欲しいと頼むが…(「悪意の顔」)。心の「鬼」に捕らわれた男女が迎える予想外の終局とは。驚愕必至の衝撃作。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作は六つ
よくあるそれぞれが微妙にリンクしているのではなく、独立している。


冒頭の【鈴虫】
屍体を埋めた穴の中に自分の学生証を入れたのは、発見されたときに特定されるためにだろう。
だが、「ボク」の鈴虫に対する怯えが出た時も、警察に参考人として連れて行かれたときも、妻はどういう反応をしたのだろうか?

【けもの】(けものへんだけで出来ている字)は、まさに「後悔先に立たず」を地でいったような話。もっとも「ぼく」は、後悔などしていないだろう。

子どもがずっと認められないまま育ったらどうなるか、親や教師はチラッとでも考えてみればいい。

【】は、まさに谷崎の【春琴抄】だ。
現在から一日ずつ遡っていく日記形式で書かれている。
「じっと見慣れているのには慣れている」というのは、美しいからだと思わせておいて……。


最後の【悪意の顔】も、怖かった。
執拗ないじめの様子も怖いが、それ以上にこんな教師がいるのかと呆れてしまう。
宮部みゆき【負の方程式】(16.06.06)に出てきた教師もひどかったが、こちらも負けず劣らず(?)といったところ。


どの短編にも、ずっと大きなカラスが出てくる。
カラスは不気味なものの例えとしてよく使われるが、本書でも例外ではない。


鬼の跫音
Kindle価格:


| | コメント (0)

2017.05.15

堂場瞬一【八月からの手紙】

八月からの手紙

八月からの手紙堂場 瞬一 著
税込価格: 782円
出版 : 講談社
ISBN : 978-4-06-277545-8
発行年月 : 2013/05/09
利用対象 : 一般

1946年、戦後間もない東京で「日本リーグ」を立ち上げようと奔走する日系二世の元ピッチャー矢尾。戦時中、カリフォルニアの収容所で彼を支えたのは、ニグロリーグのスター選手ギブソンとの友情だった…。【「TRC MARC」の商品解説】

第一部では、矢尾が新チームの監督を引き受けるまで。彼は、選手補強のためにアメリカの選手を呼ぶことを、オーナーに提案する。

第二部は、そのアメリカ選手ギブソンとの出会いから、友情が育っていくまで。

そして圧巻が、第三部「1942年」の収容所生活。
矢尾とギブソンは、文通を続けている。ある日矢尾からの手紙に密かに埋め込まれていた「知人が撃たれて死んだ」というメッセージを読んだギブソンは、とにかく矢尾に会いに行こうとする。

収容所内にも、野球が判る人はいて、彼は矢尾に野球をするように言う。
ちょうどその頃到着したギブソンの放った一打は、中の矢尾に届いたのだった。

 矢尾はボールを両手で包み、胸に抱きしめた。何故だろう……涙が零れ落ちる。狂気の世界である収容所だが、外には正気の世界があると教えてくれる証拠のボール。  もう一度野球をやりたい、と矢尾は心の底から思った。

そして再び戦後の1946年第四部。

矢尾は、ギブソンに遭いに渡米する。苦労してやっと尋ね当てたとき、ギブソンは……。
矢尾とギブソン双方の「今」を交互に書きながら、やがて二人が遭遇するのだが。


著者の作品は、刑事物よりもこうしたスポーツものの方がいいような気がする。

息子からのお勧めだったが、野球好きのつれあいにも紙本を渡す。
感想はまだだ。


八月からの手紙
Kindle価格:782円
honto価格:782円


| | コメント (0)

2017.05.14

ふるさと納税返礼品、やめたら寄付ゼロ「でも良かった」

20170430_181142

ふるさと納税返礼品、やめたら寄付ゼロ「でも良かった」

その意気や良し!
「ふるさと納税」というのはしたことがないが、まだ受け付けているのだろうか?間に合うようなら、今からでもここにしてみよう。


| | コメント (0)

2017.05.13

フードハガーズ

Photo

「フードハガーズ」という、野菜保存のための道具(?)があるらしい。

ラップ不要で鮮度キープ!「フードハガーズ」を食材にはめるだけで賢く保存♩

でも、例えばトマト一個ずつ・タマネギ半分といった風に保存していると、たちまち野菜室満杯になってしまわないかなぁ。
レモンにはいいかもしれない。

「カラフルで綺麗」が売りのようだが、むしろ色は邪魔なような気がする。
また、かなり高い。

実際に使っている方の感想を知りたいものだ。


| | コメント (0)

2017.05.12

「行きたい」が募っている

Photo

この間行きたいところで書いた、岐阜美術館。(17.05.05)

今日Twitterに流れてきた漫画を見て、ますます行きたくなった。


| | コメント (0)

2017.05.11

ドクターイエローの進化形? JR西に新たな検査車両

Photo_2

ドクターイエローの進化形? JR西に新たな検査車両

ふーん、昔の電気機関車みたいな形をしている。後ろに見えるのは何かな?


画像は、検査者の一つ。東京メトロ。

| | コメント (0)

2017.05.10

インスタ投稿「より美しく」 自撮り対応カメラが続々

24971850483892

インスタ投稿「より美しく」 自撮り対応カメラが続々

この記事を読んで、ふとデジカメを使いたくなった。

色々なカメラが紹介してあったが、カシオ計算機の「EX―ZR70」を選んだ。
これまでSonyやパナソニックを多く使ってきたので、多分カシオは初めてだ。

選んだ理由は、スマホに即遅れるという機能があるから。

昨日届いたので、早速電源を入れてみる。
しかしまぁ、これまでと違って色々ややこしい。

ベアリングをしてWi-Fiの設定をしてと、めげそう。
そうそう、肝心の撮すのはどうすればいいのだろう?

分厚いマニュアルを少しずつ読んで、慣れていくしかないかな。


| | コメント (0)

2017.05.09

店内半分、店主の蔵書4千冊 厳選本「出会ってほしい」

Photo

店内半分、店主の蔵書4千冊 厳選本「出会ってほしい」

本は、『著作者名やテーマ、書かれた視点などから自分で目利きして取り寄せる。』とのことで、買い取りだから売れなければ残ってしまう。

更にすごいのが、店の半分ほどに、店主の蔵書が並ぶこと。「らむ読 室」という。
ここで本を読みながら店主とおしゃべりというのも、楽しそう(読んでたらしゃべれないか?)。


こんな本屋さん、絶対行ってみたーい!


「らむぶっくす」名古屋市天白区焼山1丁目のマンション1階


| | コメント (0)

2017.05.08

「妊活宣言、傷つく人も」 人気ドラマー、決断の裏側で

20170430_181145_hdr

「妊活宣言、傷つく人も」 人気ドラマー、決断の裏側で

全然知らないグループだが、非常に共感出来る話。
いつでもいいとは言えないから、タイミングを見つけるのに苦労する。しかも、短期間で終わることではないから。

これからは、子どもたちとどう向き合っていくかという問題も出てくるだろうな。


あまり関係のないゴールデンウイークは終わったが、今日も絶好の行楽日和。
今年は桜も躑躅も、殆ど見ていないなぁ。

6月からは、一杯遊びに行くぞ!!


| | コメント (0)

2017.05.07

新幹線「喫煙車廃止」へ、座席で一服不可能に

563a661c01998

新幹線「喫煙車廃止」へ、座席で一服不可能に

迂闊なこと(?)だが、新幹線に喫煙車があることを知らなかった。
「のぞみ」を予約するときは「E700」を使う。車内放送では「当列車は全席禁煙です。おタバコは喫煙ルームで云々」とアナウンスされる。

(古い)700系が次第に「N700Aタイプ」に置き換わっていくと、喫煙車がなくなっていく。

既にJR東日本などでは全面禁煙を打ち出しているのだから、東海道・山陽新幹線でもと思うのが普通だろうが、飛行機との競合だと聞いたことがある。しかし、

車両間のデッキに設けられた喫煙ルームでの「立ちたばこ」は引き続き可能だが、「車窓を楽しみながら座席で一服」はできなくなった。
ということのようだ。

画像は、「鉄道新聞」からお借りしました。


| | コメント (0)

2017.05.06

たかやま・いとい… 甲子園スコアボード、ひらがな表記

Goku


たかやま・いとい… 甲子園スコアボード、ひらがな表記

5月5日、こどもの日から始まった阪神・広島戦で阪神球団の「ゴールデンウィーク こどもまつり」の一つらしい。
阪神の選手は読めても、相手チームの選手名は読めない子が多いだろう。
楽しい企画だなぁ。

昨日は悟空も来たらしい。


| | コメント (0)

2017.05.05

行きたいところ

20170430_180258

連休中にしたいことが山ほどあったのだが、ことごとくダメになってしまった。
仕方ないので(?)、今行きたいなと思っているところを列挙する。

順番にチャレンジするぞ!

いすみ鉄道

何処へ泊まればいいのだろう?

岐阜県美術館

リアル監視員さんたちにお目に掛かりたい(目的がちがう?)

星のカフェ

チビさん推奨:若い人ばかりだそうだが……

人より猫が多い「猫島」、猫見たさに海外からも… 宮城

title="タイトル"



| | コメント (0)

2017.05.04

LINEとクロネコメンバーズとの連携は便利そう

Neko_2

クロネコメンバーズには入っているので、Web上からは色々な情報を見ることが出来るし、配達日時の変更も出来る。
これまでも、配達通知が来たら都合の悪い場合は変更してきた。

しかしこれが、LINE上でできるというので、連携してみた。

参考にしたサイト

もう再配達は不要!ヤマト宅急便の日時指定をLINEで驚くほど簡単に済ませる方法


再配達でヤマト君たちが疲弊しているのを、少しでも減らすことが出来ればいいな。


| | コメント (0)

2017.05.03

「僕、髪を伸ばします」 校則に1人反発

20170430_180251

「僕、髪を伸ばします」 校則に1人反発、孤独との戦い

最近、校則に関するTweetが多いような気がする。

この記事を読んで思い出したのが、高校1年生時のこと。
先輩たちのそれまでの動きがあったのかどうかは忘れたが、生徒会で男子の丸刈りを止めて自由な髪型にしてほしいということが決められた。

先生方の中にも応援して下さる方がいらっしゃって、これが通ったのだった。
「わたしのは参考になりませんが……」と仰った、たしか数学の先生は、クシャクシャの髪型だった。

「地毛証明書」、都立高の6割で 幼児期の写真を要求も


今日は、憲法記念日。


| | コメント (0)

2017.05.02

新幹線ひかり、なぜ岡山行き多い?

Hikari

新幹線ひかり、なぜ岡山行き多い? 関西の鉄道の謎調査

「ひかり」と言えば、子どもたちが大好きな歌にでてくるのも、「ひかり」だ。
言葉の響きもいいのだろうな。

『まるい ひかりの ボンネット』
そう、当初は頭が丸かったのだ。

で、肝心の「岡山行きが多いわけ」は、新大阪を一時停車駅にすることで、始発駅になるデメリット(車内の清掃など)が減るからだという。


この記事、
■「日本一怖い地下駅」の謎 とか、
■「普通」が通過する駅? とか、
色々面白い。


| | コメント (0)

2017.05.01

菜の花で堤防が崩れる…根腐れで空洞、植え替えへ

20170430_180501

菜の花で堤防が崩れる…根腐れで空洞、植え替えへ

「一面の菜の花」はいい景色だが、こんな副作用(?)があるとは!


園芸種の花の種を堤防にまき、在来種が危ない状態になっているところもあると聞く。生態系については、色々難しいことがあるようだ。


昨日はサプライズで、とても嬉しいことがあった。


| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »