« カラテカ矢部さん「大家さんのことをもっと知りたい」 | トップページ | ゆうちょダイレクト »

2018.06.09

米澤穂信【ふたりの距離の概算】

ふたりの距離の概算

ふたりの距離の概算米澤 穂信 著
税込価格: 596円
出版 : 角川書店
ISBN : 978-4-04-100325-1
発行年月 : 2012/06/20
利用対象 : 一般

2年生となった奉太郎たちの古典部に仮入部した新入生・大日向友子。だが彼女は、突然部を辞めてしまう。奉太郎は、入部締め切り日のマラソン大会を走りながら、心変わりの真相を推理する! 【「TRC MARC」の商品解説】

20kmのコースを走りながら、それ以前のことを思い出しつつ、大日向が辞めた原因を探り出すという趣向。
それぞれ思い出した時点で章立てされており、その章ごとに小さな謎解きがある。

2年生になって、福部里志と伊原摩耶花は交際を始めたようだ。また折木奉太郎と千反田えるの仲も、前作の最後で少し縮まったような気もするが……。


終章前の【ふたりの距離の概算】で、ほぼ謎は解けたものの、実際の解決には結びつかない。

それにしても、千反田というのは、本当に純なんだなぁ。
「内面夜叉」ではない、本当の「菩薩さま」だと思う。


関連記事
【遠まわりする雛】(18.04.11)


ふたりの距離の概算
Kindle版価格:525円


|

« カラテカ矢部さん「大家さんのことをもっと知りたい」 | トップページ | ゆうちょダイレクト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カラテカ矢部さん「大家さんのことをもっと知りたい」 | トップページ | ゆうちょダイレクト »