« 買物スタイルの変化 | トップページ | コムケン【駅近小さな家に住むだけで年150万円貯まる】 »

2018.07.03

椰月美智子【しずかな日々】

しずかな日々

しずかな日々椰月 美智子著
税込価格: 535円
出版 : 講談社
ISBN : 978-4-06-276677-7
発行年月 : 2010.6
利用対象 : 一般

おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のことを丁寧に思い出す。ぼくはいつだって戻ることができる。あの、はじまりの夏に—。おとなになってゆく少年の姿をやさしくすこやかに描きあげ、野間児童文芸賞、坪田譲治文学賞をダブル受賞した感動作。【「BOOK」データベースの商品解説】

ああ、いいなぁ。懐かしいなぁ。
時代も違えば、男の子だという違いもある。

しかし、自分が過ごした夏休みのような、


まだ60%しか読んでいないのだが、読み切るのが惜しくて、とりあえず書いている。
「おじいさんの家で過ごした日々」とあるから、いずれ別れがやってくるのだろう。


この子の父親は?
何故母はこの子に自分の父(この子のおじいさん)のことを話していなかったのか?

色々疑問はわくし、読んでいる内に明かされるのかもしれないが、それはそれでいいとする。


周りの友だちや担任の先生。お寺の和尚さん、など、幸せな環境で育つことが出来たんだなぁ。


当日追記

結局最後まで読んでしまった。
幸いにも、辛い別れはほぼなく、今も僕はこの家に住んでいる。
あの小学5年生の頃に遊んだ友だちとは離ればなれになったが、いつもこの夏に帰ってくることが出来る。

僕の父親や祖母のことも、その中で少しずつ明かされていく。


このおじいさんの生き方、見事というか。こうありたいと願う。


目をつむれば、「あの頃の夏」が浮かんで来るのは、自分にとっても幸せなことだと思う。


しずかな日々
Kindle版価格:535円


|

« 買物スタイルの変化 | トップページ | コムケン【駅近小さな家に住むだけで年150万円貯まる】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 買物スタイルの変化 | トップページ | コムケン【駅近小さな家に住むだけで年150万円貯まる】 »