« 猛暑で蚊も夏バテ? | トップページ | 六甲山はあの日も緑だった »

2018.08.19

佐藤多佳子【しゃべれどもしゃべれども】

しゃべれどもしゃべれども

しゃべれどもしゃべれども佐藤 多佳子 著
税込価格:724円
出版 : 新潮社
ISBN : 4-10-123731-X
発行年月 : 2000/06/01
利用対象 : 一般

俺は今昔亭三つ葉。当年二十六。三度のメシより落語が好きで、噺家になったはいいが、未だ前座よりちょい上の二ツ目。自慢じゃないが、頑固でめっぽう気が短い。女の気持ちにゃとんと疎い。そんな俺に、

再読

あれ?こんな話だったかな?
話し下手な女の子に、落語を教える話じゃなかったかな?

と思いながら読み始めたのだが、だんだんその話になっていった。
ただ、女の子は思っていたよりうんと癖のある、性格悪い女子、十河。

それに緊張すると吃音が出るいとこの良に、関西から転校してきていじめに遭っている生意気な小学生村林。

彼らに、話し方ではなく落語を教えることになってしまった、三葉。
そこに、元プロ野球選手で解説をしている湯河原も加わる。

彼らはすべて、話すことが苦手だ。

三葉の語りで進んでいくのだが、彼自身、なかなか殻が破れなくて悩んでいる。
型から入り、普段も着物で過ごしている三葉は、本職でも型どおり師匠の真似から抜け出せないのだ。


脇役に、いい感じの人物が出てくる。
三葉の祖母は、典型的な江戸っ子だ。車が好きでスピード狂でもある。
また、同門真打ちの「兄さん」も、いい。
そして、師匠とそのライバル師匠。


佐藤多佳子さんは大好きで、↓で紹介している以外にも読んでいるが、記録していないなぁ。


関連記事

【一瞬の風になれ】(08.04.08)
【サマータイム】
(09.04.18)
【一瞬の風になれ 3 ドン】(10.07.10)
【聖夜】
(11.05.26)


しゃべれどもしゃべれども
Kindle版価格:648円


|

« 猛暑で蚊も夏バテ? | トップページ | 六甲山はあの日も緑だった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猛暑で蚊も夏バテ? | トップページ | 六甲山はあの日も緑だった »