« 2018年8月 | トップページ

2018.09.19

原田マハ【たゆたえども沈まず】

たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず原田 マハ 著
税込価格: 1,728円
出版 : 幻冬舎
ISBN : 978-4-344-03194-4
発行年月 : 2017/10/25
利用対象 : 一般

売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、パリにいる画商の弟テオドルスの家に転がり込んでいた。そんな二人の前に、浮世絵を売りさばく日本人、林忠正が現れ…。【「TRC MARC」の商品解説】

フィクションではあるが、ほぼ史実をなぞっていると思われる。

途中、何故こんなにたくさんの人がゴッホを応援しているのに、市場で認められなかったんだろうと思うところもあった。
しかし、時代が早すぎたのだろう。

ゴッホの弟テオの、痛々しいまでの献身。
所詮芸術家同士は相容れないのだろうと思われる、ゴーギャンとの確執。

何となく知ってはいたことも、生き生きした会話で語られると、妙に納得する。


たゆたえども沈まず
Kindle版価格:1,382円


| | コメント (0)

2018.09.18

安室奈美恵とイチローの共通点

20150912_085302

安室奈美恵とイチローの共通点 新世代ヒーローは粛々と

安室奈美恵が、25年の活動に終始を打った。

特段ファンというわけではなかったが、イチローとの共通点ということで読んでみた。

 ステージ以外、スタジアム以外の言動が伝わらないことも共通する。本人はただ音楽を、ただ野球をやり続ける。周囲は節目、節目で盛り上がる。2人の存在感は近い。

そんな姿勢に、共感を抱くことは多い。


| | コメント (0)

2018.09.17

Evernoteクリッパー:Opera

20140917_121805_2

どこかのサイトを保存するのに便利な、Evernoteクリッパー。

Chromeではうまく出来るのだが、IEでは時々写真が取り込めない。
Edgeの拡張機能は、よく判らない。

そこでOperaに導入してみた。

「ホーム 拡張機能 効率アップツール 」から検索すると、簡単にインストールできた。

ひとまず安心?!


| | コメント (0)

2018.09.16

樹木希林さんが死去

20180401_171739

樹木希林さんが死去 最後は自宅で家族に看取られて

ずっと闘病中なのは、存じ上げていた。

それでも、カンヌ最高賞を得た「万引き家族」の授賞式(5月13日)では、お元気な姿を見せておられたのに。

かなりショックである。


| | コメント (0)

高額iPhone広まるか

Photo_2

高額iPhone広まるか 「実質0円」終わった日本で

新しいiPhoneが発売されたが、8Sはないんだ。
8Sも9もぶっ飛んで、Xからしか選べない。

たしかにXはいい(と思う)けれど、高過ぎ!


さて、どうするかな!


| | コメント (0)

2018.09.15

塩分摂取過多

Roku

ひょんなことから、「ろく助」という塩の存在を知って、お取り寄せしてみた。
これが実においしいのだ。

暑い日が続いていたので、塩入の麦茶を飲む。
炊きたての白米を、「塩むすび」にする。

何にでも、チョイチョイと振りかけて頂く。

この夏の猛暑では、塩分も摂るようにという異例のアドバイスがあったのをいいことに、どうも塩分過剰摂取気味である。

少し自制しないといけないなぁ。


| | コメント (0)

2018.09.14

新聞ならぬ…「鉄聞」人気 色鉛筆使い、全て1人で描く

20180913_092532

新聞ならぬ…「鉄聞」人気 色鉛筆使い、全て1人で描く

こういうのを見ると、すぐ手に取ってみたくなる。
「鉄聞は「鉄分」に通じる??


画像は、バスの窓から見えた自販機。
光があたって見づらいが、「冷えてます」というポップ(?)が風にはためいて、寒そうだった。
それでも、室内はかなり蒸し暑かったが。


| | コメント (0)

2018.09.13

門井慶喜【若桜鉄道うぐいす駅】

若桜鉄道うぐいす駅

若桜鉄道うぐいす駅門井 慶喜 著
税込価格: 724円
出版 : 徳間書店
ISBN : 978-4-19-893895-6
発行年月 : 2014/10/03
利用対象 : 一般

保存か、建て替えか!? 鳥取県の東のはしっこの山間部を走るローカル線・若桜鉄道のおんぼろ駅舎「うぐいす駅」をめぐって、村をあげての大騒動が勃発する。おまけに村長選挙まで…。【「TRC MARC」の商品解説】

「うぐいす駅」の駅舎はオンボロだが、フランク・ロイド・ライトの設計だと言われている。

村長の孫 涼太の視点で、物語が展開していく。
この村長と反対派の大学教授とは、幼なじみで、二人で武勇伝をものしたこともある。

その双方から、涼太は頼まれごとをされる。
祖父である村長からは、うぐいす駅の成り立ちの汚点を見つける、いやデッチ上げろと。
かたや元大学教授からは、うぐいす駅がいかに歴史的価値があるかを探し出せと。

血のつながりがある祖父の頼みに弱いのは仕方ないとしても、元大学教授を敵に回すと、これからの仕事に差し障りがあるのだ。

優柔不断に逃げている涼太だが、恋人に裏切られ、祖父も激務で亡くなってしまう。

その追悼選挙があり……。

で、結局涼太が選んだのは、歴史学者としての道だった。


若桜線(わかさせん)は、鳥取県に実際に存在する鉄道だ。郡家駅というのもある。
さすがに「うぐいす駅」はないが、第三セクターとして今も健在(?)である。


若桜鉄道うぐいす駅
Kindle版価格:362円


| | コメント (0)

2018.09.12

備蓄と現金

20160912_113549

思いがけない天災に逢うと、(ストックを持たないのではなく)やはり食料や日用品の備蓄は必要だという話になる。

同じような発想かどうかはさておき、「停電すると現金が一番」とも言われる。

このうち備蓄はその通りだと思うし、「ローリングストック」で何日間かは持ちこたえるだけのものは用意しておきたい。

しかし現金(特に小銭)が必要かどうかという話は、どうなのだろう?


2020年の東京オリンピックを機に、キャッシュレスが広がることが望まれているという。
コンビニでも、小銭を探さなくていいのは、たしかに便利だ。

東京ではタクシーも、多くICカードで支払える。


そんなこんなも、停電すれば駄目じゃないと言われそうだが……。


停電でも対応できる設備の開発は、可能だろうか?


| | コメント (0)

2018.09.11

今野敏【任侠書房】

任侠書房

任侠書房今野 敏 著
税込価格: 734円
出版 : 中央公論新社
ISBN : 978-4-12-206174-3
発行年月 : 2015/09/16
利用対象 : 一般

日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、今時珍しく任俠道をわきまえたヤクザ。その阿岐本組長が、倒産寸前の出版社経営を引き受けることになった。日村は半ば呆れながら、組長とともに問題の梅之木書房に出向くが…。【「TRC MARC」の商品解説】より

何というか、メチャクチャ面白かった。

この組長というのは、文化的なものに憧れを持っているのだろうか。
潰れかけた出版社を、引き受ける。

二番手の日村は、そちらへ出勤せざるを得ない。
古手の社員に鬱陶しがられたりしながらも、「真面目」に仕事をしていく。

少ない組員も出入りするようになる。

その一人は、入社記念に社員から貰った万年筆を後生大事に持っている。
彼もまた、「普通の暮らし」に憧れているのだ。

出版社の近くには他の縄張りもあり、少々ややこしいことに発展しそうだ。

ところが、事を構えさせようとするのは、何と警察だった。
その縄張りの「組」の方が、仁義をわきまえていたという話。


荒唐無稽な話だが、もしかしたら少しは本当のこともあるのかな?


任侠書房
Kindle版価格:680円


| | コメント (0)

2018.09.10

同じ言葉でもまったく意味の異なる関西弁と標準語

20150909_131139

同じ言葉でもまったく意味の異なる関西弁と標準語

比較されているのは、
次の10個。

1. 「なおす」
2. 「ほる」
3. 「さら」
4. 「カッター」
5. 「つぶれる」
6. 「モータープール」
7. 「つきだし」
8. 「ばば」
9. 「遠慮のかたまり」
10. 「さし」


えーっ!?というのもある


ま、「なおす」や「ほる」が関西独特の言葉だというのは承知しているが、
「つきだし」や「カッター」「さし」も限定語なの?

関東では、トランプの「ババ抜き」というのはしないのかなぁ?


| | コメント (2)

2018.09.09

瀬尾幸子【みそ汁はおかずです】

みそ汁はおかずです

みそ汁はおかずです瀬尾 幸子 著
税込価格: 1,404円
出版 : 学研プラス
ISBN :978-4-05-800806-5
発行年月 : 2017/09/199
利用対象 : 一般

切る、煮る、みそを溶く。ワザ・コツ不要。誰でも作れて、野菜がたくさん食べられる。みそ汁をこよなく愛する瀬尾さんが、おなじみの食材で作るみそ汁レシピを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

今更感は拭えないが、何かマンネリにならないコツでもあるかなというのが一つ。
下のチビさんに、お味噌汁でも一品になるということを教えてやりたいのが一つ。

特段目新しいことが載っているわけではないが、基本的なおいしい家庭料理を楽しみたい向きにはいいだろう。

男性を意識した編集でもあるようだ。
お味噌汁は、女性より男性の方が好きなのだとか??


みそ汁はおかずです
Kindle版価格:1264円


| | コメント (0)

2018.09.08

鉄道マンになりたすぎる30年

Moji

鉄道マンになりたすぎる30年 マニア→コック→記念館

7月に下関へ行った帰途は、関門海峡を渡って門司港に着いた。
ここ、行けたらよかったのだけど。

門司港駅も改装中だったなぁ。


関連記事
下関へ行ってきた(18.07.15)


| | コメント (0)

2018.09.07

川原泉【甲子園の空に笑え!】

甲子園の空に笑え!

甲子園の空に笑え!川原 泉 著
税込価格: 1,365円
出版 : PHP研究所
ISBN : 978-4-569-70039-7
発行年月 : 2008.9
利用対象 : 一般

女監督率いる弱小野球部が甲子園へ。気のいい弱小野球部の新感覚スポーツドラマの表題作ほか、『ゲートボール殺人事件』を含む2編を収録。

新任の生物教師が、なんと野球部の監督に。
野球のことはまるで知らない、広岡真理子。


部員たちは農繁期には、家の手伝いをする。
ところがそれで足腰を鍛えている彼らは、「鉄壁の」守備を誇るようになる。
フラフラした監督のノックも冴えるようになって……。

あれよあれよという間に県大会を勝ち抜き、気がつけば(?)甲子園へ。

そこでも何故か勝ち続け、決勝まで進出した。
相手は昨年の勇者。

失礼な話だが、今年の決勝戦を想像する向きも多いかも。


この著者は、こうした緩やかな少女漫画を描く方らしい。
続編の野球漫画もあるらしいので、読んでみようかな。


甲子園の空に笑え!
Kindle版価格:677円


| | コメント (0)

2018.09.06

近畿の鉄道 一部地下鉄除きほぼ全線で運休

20130905_103055

近畿の鉄道 一部地下鉄除きほぼ全線で運休

これは4日の話だが、JRが早々と運休予定を決めたので、大阪のデパートも多くが休店したし、企業も休業にしたところが多かったようだ。


台風一過の青空とは違って、余波は昨日も続いていて、運転再開したところも大幅に間引き運転をしていた。

当地でも、駅前の信号機が大きくひん曲がり、看板が散らばっていた。
バスは国道をまともに通れず遅れていたし、台風の傷跡は大きかった。

今日も未だ完全に復旧したわけではないらしい。
電車は大丈夫かな?


| | コメント (0)

2018.09.05

全国9843駅を「降りつぶし」

20120906_143153

全国9843駅を「降りつぶし」 鉄道に人生を捧げた男

スゴイなぁ!


昨日は台風で、早くから鉄道関係は動いておらず、都心も静かなはずだった。
しかし第二室戸以来という強い風は、多くの被害をもたらした。

二階ごとごそっともぎ取られたり、大きなトラックが転がされたり。
この夏渡った渡月橋も、欄干が壊れた。

近畿はここ何年か台風の襲来を免れていたが、やはり自然は恐ろしい。


| | コメント (0)

2018.09.04

スクラップレス21【収納するより捨てなさい】

収納するより捨てなさい

収納するより捨てなさいスクラップレス21 編
税込価格: 1,365円
出版 : PHP研究所
ISBN : 978-4-569-70039-7
発行年月 : 2008.9
利用対象 : 一般

「収納」をしていては片づけなど永遠にできない。快適に暮らしたいなら捨てることから始めましょう。捨てるための意識改革から諸準備、実際に捨てるまで、とっておきの「捨て」テクニック集。

本を、せっせと処分している。
本書も、いつ買ったのだろう?もう18年も前の本だ。
VALUE BOOKSに送る前に、ザッと見てみる。

サブタイトルに、
生活スペース&時間が2倍になる とっておきの「捨て」テクニック集!
とある。

所々あるイラストが楽しい。
また、チェックリストがあって、点数化出来る。

まずは意識改革をして、次に諸準備に取りかかる。
そのあと実際に捨てていく。
どこに捨てるとか、友人同士で使い回すとか、色々解決策はあるだろうが。
単純に捨てる以外に焦点がいってしまうと、面倒さが先に立って結局そのまま放置になりかねないと思うが。

そのあとの、「捨てて開ける新たな世界」というのがキモなんだろうな。


大体この手の本は、20年も前から同じようなことを言ってて、しかも尚現在も色々新刊が出ているし、雑誌の特集記事にもある。


永遠の課題!?

ジックリ眺めていても解決には繋がらないので、サッサと箱に詰めよう。


収納するより捨てなさい
2000年11月1日初版第1刷発行


| | コメント (0)

サザエさんの元フネ役、麻生美代子さん死去

Photo_2

サザエさんの元フネ役、麻生美代子さん死去

多分、「サザエさん」での声が有名なのだろうが、自分にとっては「アルプスの少女ハイジ」の方が懐かしい。

クララの執事(原作では家政婦?)であるロッテンマイヤーの声。
クララを大事に思うあまり、ハイジに厳しくあたる役だった。

それにしても、今年は既に多くの方を喪った。


| | コメント (0)

2018.09.03

本多孝好【dele】

dele

Dele本多 孝好 著
税込価格: 691円
出版 : 角川書店
ISBN : 978-4-04-106805-2
発行年月 : 2018/05/25
利用対象 : 一般

依頼人の死後、その人が使っていたデジタルデバイスから指定されたデータを削除する。そんな仕事をする祐太郎と圭司は、様々な事件に遭遇する。残された秘密のデータの謎、そこにある真実とは…。【「TRC MARC」の商品解説】より

祐太郎は、何故か持っていた紹介カードから圭司の仕事のことを知って雇われる。
圭司は車椅子生活のため、動き回る仕事は祐太郎が担う。

この圭司が安楽椅子探偵で、祐太郎がワトソンか?

5つの連作短編集
・ファースト・ハグ
・シークレット・ガーデン
・ストーカー・ブルーズ
・ドールズ・ドリーム
・ロスト・メモリーズ

【シークレット・ガーデン】が良かった。

ある企業の会長が亡くなった。
圭司の妹、弁護士の舞からの依頼だったため、祐太郎は通夜に赴く。
そこで財産目当てと思われる女性と遭遇するが、会長のヘルパーだった宇野は、長男の彼女への対応に異議を申し立てる。

こんな形の愛もあったのだなと、読了後しんみりする話だった。


祐太郎は、妹を亡くしている。
その後家庭は崩壊して、父母は離婚。彼は祖母と暮らし始める。
この祖母との暮らしが、祐太郎にいい影響を与えている。


【dele2】では、この妹の死の真相に迫るようだ。


dele
Kindle版価格:622円


| | コメント (0)

2018.09.02

手帳販売はじまる

Photo

9月に入った。
来年の手帳が売り出されるようになる。

ほぼ日手帳は、3日に分けてネット販売を始めた。

今年の「9月1日」のところには、「手帳購入」と書いた付箋が貼ってある。


来年も、ここのところ使っているマークスのダイアリーにする。
Amazonでもあったので、さっそくポチった。
昨日、もう届いた。

カバーは、もう1年使おう。


| | コメント (0)

2018.09.01

吉田太一【孤立死】

孤立死

孤立死吉田 太一 著
税込価格:1,404円
出版 : 扶桑社
ISBN : 978-4-594-06343-6
発行年月 : 2010.12
利用対象 : 一般

遺品整理専門会社を設立した著者が、9000件に上る遺品整理の現場から得た体験をもとに、深刻な社会問題となりつつある孤立死の実態や孤立死現場で起こるさまざまな問題を、漫画を交えてわかりやすく紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

きっかけは、
「孤立死した人の部屋に共通点」遺品整理業者が見た現実
を読んだこと。

本書は最初の方で、孤立死した老人を描いた漫画をまず掲載している。
息子や娘が「一緒にご飯を食べよう」「これからそっちへ行くよ」と言っても、かたくなに拒んでいた父親。
近所の人とも殆ど交流することなく、食事はコンビニで調達している。

たしかにそれでも暮らせるが、あげく孤立死し、死後の整理で息子や近所の人に迷惑をかけることになる。

【方丈記】の時代は、たとえ孤立死しても、そのまま静かに朽ちていくことが可能だった。
しかし、現在は周りとの交流がまったくない状態では、生きていけない。

特に都会暮らしだと、便利すぎて自分一人で生きていっているように勘違いしがちだ。


五木寛之【孤独のすすめ】(18.08.24)と、比較して読んでみるのもいい。
ま、暮らし方の次元が違うような気もするが。


孤立死
Kindle版価格:480円


| | コメント (0)

8月の読書メーター

8月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:3454
ナイス数:183

棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様 (コバルト文庫)棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様 (コバルト文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/08/post-84ae-1.html
読了日:08月28日 著者:白川 紺子
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/08/post-cafe.html
読了日:08月26日 著者:羽海野 チカ
孤独のすすめ - 人生後半の生き方 (中公新書ラクレ)孤独のすすめ - 人生後半の生き方 (中公新書ラクレ)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/08/post-d419.html
読了日:08月23日 著者:五木 寛之
猫のハローワーク (講談社文庫)猫のハローワーク (講談社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/08/post-343b-1.html
読了日:08月21日 著者:新美 敬子
しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)感想
https://honto.jp/netstore/pd-book_00023749.html
読了日:08月19日 著者:佐藤 多佳子
万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/08/q-ii-f87c.html
読了日:08月17日 著者:松岡 圭祐
万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/08/q-i-0929-1.html
読了日:08月13日 著者:松岡 圭祐
通い猫アルフィーの奇跡 (ハーパーBOOKS)通い猫アルフィーの奇跡 (ハーパーBOOKS)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/08/post-fda7-1.html
読了日:08月12日 著者:レイチェル ウェルズ
ファーストラヴファーストラヴ感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/08/post-3e1c.html
読了日:08月09日 著者:島本 理生
すらすら読める徒然草 (講談社文庫)すらすら読める徒然草 (講談社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/08/post-8457-1.html
読了日:08月06日 著者:中野 孝次
どんまいっ! (幻冬舎文庫)どんまいっ! (幻冬舎文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/08/post-5be8-1.html
読了日:08月04日 著者:椰月 美智子
「萩原朔太郎」の亡霊 (角川文庫)「萩原朔太郎」の亡霊 (角川文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/08/post-c3a8.html
読了日:08月01日 著者:内田 康夫

読書メーター

7月の読書メーター(18.08.01)


| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ