« 同じ言葉でもまったく意味の異なる関西弁と標準語 | トップページ | 備蓄と現金 »

2018.09.11

今野敏【任侠書房】

任侠書房

任侠書房今野 敏 著
税込価格: 734円
出版 : 中央公論新社
ISBN : 978-4-12-206174-3
発行年月 : 2015/09/16
利用対象 : 一般

日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、今時珍しく任俠道をわきまえたヤクザ。その阿岐本組長が、倒産寸前の出版社経営を引き受けることになった。日村は半ば呆れながら、組長とともに問題の梅之木書房に出向くが…。【「TRC MARC」の商品解説】より

何というか、メチャクチャ面白かった。

この組長というのは、文化的なものに憧れを持っているのだろうか。
潰れかけた出版社を、引き受ける。

二番手の日村は、そちらへ出勤せざるを得ない。
古手の社員に鬱陶しがられたりしながらも、「真面目」に仕事をしていく。

少ない組員も出入りするようになる。

その一人は、入社記念に社員から貰った万年筆を後生大事に持っている。
彼もまた、「普通の暮らし」に憧れているのだ。

出版社の近くには他の縄張りもあり、少々ややこしいことに発展しそうだ。

ところが、事を構えさせようとするのは、何と警察だった。
その縄張りの「組」の方が、仁義をわきまえていたという話。


荒唐無稽な話だが、もしかしたら少しは本当のこともあるのかな?


任侠書房
Kindle版価格:680円


|

« 同じ言葉でもまったく意味の異なる関西弁と標準語 | トップページ | 備蓄と現金 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同じ言葉でもまったく意味の異なる関西弁と標準語 | トップページ | 備蓄と現金 »