« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019.03.31

毎日のランチと、3月の検索語

ココログリニューアルによる不具合のせいで、このところうまく投稿出来ていない。 毎日ランチを頂けるだけでも、良しとしよう。

 

ココログ不具合(04.12.10)

 

電気ケトルと卓上ポット(15.06.01)

【ある機関助士 「常磐線 急行みちのく」】(14.07.20)

JAWBONE MINI JAMBOX →BLUETOOTHが繋がらない(15.01.26)

 

ほぼ日手帳の使い方(18.01.08)

パスワード定期的変更は「不要」 国が方針変更、根拠は(18.04.19)

 

長尾幹也さんの歌(04.08.02) 今月もヒットしてきた。今どうしておられるだろう?

西村晃「ポスト・イット」知的生産術(04.09.01)

南極の石 持ち帰り(08.03.16)

松本清張【水の肌】(14.06.14)

佐野洋子【おじさんのかさ】(0.09.29)

久世光彦【触れもせで】(06.02.22)

森村誠一【海の斜光】(09.12.24)

 

堂場瞬一【孤狼】(11.09.27)

ルブラン「怪人対巨人」(04.08.03)

補聴器、おしゃれに変身中 カラフルで使いやすく(14.09.16)

JAWBONE MINI JAMBOX →BLUETOOTHが繋がらない(15.01.26) 何故か毎月ヒットしてくる

佐藤恒雄【大人のための算数練習帳】(0.05.06)

超ひらパー兄さんと、2月の検索語(19.02.28)

 

| | コメント (0)

2019.03.30

加藤 実秋【モップガール】

 

モップガール加藤 実秋 著
税込価格: 669円
出版 : 小学館
ISBN : 978-4-09-408360-6
発行年月 : 2009.3
利用対象 : 一般

 

なんなのこの人たち?!なんなのこの会社?!フリーターの桃子が就職した先は、事件・事故現場の後始末が専門のスペシャルな掃除会社だった。

 

まずは、【おわりの町】で清掃会社と社員たちの紹介

 

その後色々あって(ありすぎ)、桃子は同僚翔と一緒に、さまざまな事件に関わることになる。
この翔だが、遅刻・無断欠勤・早退と少々態度が変だが、仕事ぶりは丁寧だ。そして、どうもわけありの様子。

 

冒頭作では、殺された女性が好きだった風景がフラッシュバックして、桃子を苦しめる。

 

 

【赤い衝撃】

 

持病の難聴症状が出てくるとき、他の器官が鋭敏になるとは翔の見立てだが、今回は味覚に現れた。

 

 

そう言えば、「赤いきつね」のあの歌人は、どうしていらっしゃるだろう。

 

 

【ファンハウス】

 

今回は、嗅覚。
元華族で、身内全員に先立たれた老人の遺体が見つかった。
彼が最後に嗅いだ香りが原因らしい。

 

 

最後の【ブラッシュボーイ】では、翔の過去とそれに繋がった事件が浮かび上がる。

 

 

桃子の趣味は、時代劇。
本書が書かれたのは10年ほど前のようだが、当時に比べると時代劇の放映は随分減ってしまった。

 

 

この辺はいいのだが、毎回同じような、しかし微妙に変えている(つもりの)表現は、やや飽きてくる。
これは【メゾン・ド・ポリス】(19.03.08)でも、同じように感じた。
また、踵をアップした靴を履いている人への言及が、あまり感心したものとは言えない。

 

事件は面白いのだけど、シリーズとして続けて読むと、うんざりするかもしれない。

 

 

Kindle版価格:658円

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019.03.29

ドラマ【砂の器】

【砂の器】と言えば、仲代達矢の刑事を思い出す。

あの時の相棒は、山本圭だった。

 

「車窓から散る紙きれ」を探して、線路沿いに歩いていたっけ。

りえこ役は、仲代の弟子のフルート奏者だった。

 

今回、亀嵩に到達するまでが早すぎた感があったような気がするが、概ねヒガシの刑事はよかったのではないか。

和賀英良役は、ジャニーズの一人らしいが、知らない人だ。

仲代の時の和賀英良は、田村正和ではなかったか?いや、これは次のドラマだったかな?

 

ココログ、相変わらず使いづらい。

 

| | コメント (0)

2019.03.28

本日のランチ 28日

14ba08a0bb3943f38df870f27dec2324なかなか上手くいかない

| | コメント (0)

2019.03.27

朱野帰子【わたし、定時で帰ります。】

わたし、定時で帰ります。朱野 帰子 著
税込価格: 637円
出版 : 新潮社
ISBN : 978-4-10-100461-7
発行年月 : 2019/01/29
利用対象 : 一般
絶対に残業しないと心に決めている結衣。彼女にはどうしても残業したくない理由があった。そんな彼女の前に、無茶な仕事を振って部下を潰すというブラック上司が現れて…。【「TRC MARC」の商品解説】
ハラハラしながら細切れで読むのが辛く。一気に読むのがおすすめ。
最後は判るような展開だったが、面白かった。
ヒロインの結衣に「ガンバレ!」と、エールを送りたくなる。
最近女性の働き方についての記事をよく目にするが、結衣たちの努力も報われますように。



Kindle版価格:590円


| | コメント (0)

2019.03.26

本日のランチ

C6d6f4ce90334af3bcdae12fb1a13ac7

| | コメント (0)

2019.03.25

のんさん「思い出深い」 リアス線開業でサプライズ登場



リアス線開業の記念式典で、特別ゲストととして登場。式辞には名前がなくて、まったくのサプライズだったらしい。
彼女は、ずっと東北と関わってきていたし、とても相応しいゲストだったと思う。



| | コメント (0)

2019.03.24

8年ぶりの線路



ドラマ「あまちゃん」でも見た線路が、ようやく全通した。
いつかではなく、絶対乗りに行かなきゃ!



| | コメント (0)

ごみたこずえ【どうか幸せになって】

どうか幸せになって

ごみた こずえ 

税込価格: 1,382円
出版 : ごきげんビジネス出版
ISBN : 978-4-908355-39-4
発行年月 : 2018/10/26
利用対象 : 一般

その本は、90年前にある作家が娘への願いを込めて描いた本だった。

図書館の書庫の中で、ある若い職員が一冊のボロボロの本を見つけ捨てようとしたところ、高齢の職員に止められる。
「昔、この言葉に助けられたんだ。」と言って、高齢の職員が開いたその本の最後のページには手書きで『どうか幸せになって』と書かれていた。

またある時、その本を持って若い職員が図書館の中を歩いていると、一人の女性に声をかけられる。彼女もまた、その本に助けられた一人だった。

絵がかわいい。
キチンと整理して、いつまでも読んで欲しい本。

こんな本との出会いがあると、色んな場面で勇気づけられるだろうな。

Kindle版価格:unlimited


| | コメント (0)

2019.03.23

iPhoneカバー

61vsmzv0tl_sx522_

iPhoneカバーの背中側が引っかかるようになって、カバーを変える必要が出てきたのかと思った。

背面のロゴを見せたいので、選択肢は透明なものになる。
手帳型は大きくなるから、ピッタリ装着できるモノをと、Amazonで探してポチった。

翌日来たので取り替えようとしたら、何とカバーの上に張ったフィルムがずれていたのだった。
そのフィルムだけ変えればよかったのだ。

今のカバーは気に入っているのでそのまま使って、購入したのは誰かにあげよう。
これも、グラデーションがなかなか綺麗なのだ。


| | コメント (0)

2019.03.22

内館牧子【女の不作法】


Photo内館 牧子 著
税込価格: 864円
出版 : 幻冬舎
ISBN : 978-4-344-98524-7
発行年月 : 2018/11/30
利用対象 : 一般
紹介文不作法の多くは本人が無自覚である。著者の失敗や経験、多くの男女から聞き集めた話をもとに、人生で損をしない為にも気づいておきたい女性ならではの不作法の数々を紹介する。

目次を見ただけで、笑えてくる。

・他人の趣味をバカにする
・飛び入りを連れてくる
・「バタバタしてまして」
・本当のケチ
・ナチュラル至上
・自信満々すぎる
・ちゃんと聞いていない
・「私って」と言う
・汚れに気づかない
・木で鼻をくくる
・「お金がない」と言う
・自然体至上主義
・挨拶ができない
・気を遣いすぎる
・若い人の輪に入りたがる
・「私にはできない」と言う
・ピヨピヨしゃべる
・横文字ばかり使う
・紹介者を飛ばす
・「私はハッキリ羽衣から言うから」
・酒のすすめ方、断り方がまずい
・子供の幸せより女の幸せを求める
・何でも電車でやる
・財布を出さない
・型通りの反応しかできない
・みんなにいい顔をする

と、これでもかこれでもかと出てくる。
もうお腹いっぱいである。

【男の不作法】というのもある。最初、これのあと読んでみようかと思ったが、もういいや。

著者自身の体験も多い。
当然該当者はあるわけで、そういう人のことをペンの力でバッサリと一刀両断することは、不作法ではないのだろうか?


Kindle版価格:800円


| | コメント (0)

「最も特別な日」「神が降りた」言葉研ぎ澄ますイチロー

20190318-175721

「最も特別な日」「神が降りた」言葉研ぎ澄ますイチロー

長い間、ありがとう!
やはり、涙が出てくる。
色んな思いがあるけど、まだ整理出来ないな。


| | コメント (0)

2019.03.21

JR西の新たな長距離列車は「銀河」

Large_ginga_01


楽しそうだけど、若者向け仕様なのかな?
でも、一度乗ってみたい。


| | コメント (0)

2019.03.20

ココログメンテナンス


20190319-100924_3

ようやく、メンテナンスが終わったようだ。
リニューアルしたから使いやすくなるのかと思ったが、却って使いにくくなった。
記事の一覧もシンプルでなくなったし、追記もし難い。
ま、これも慣れ(慣らされ)かな?

追記 画像を入れたのだが、それを移動できない。 どうすればいいのだろう?

更に追記(書き直し)
画像の移動は出来ないが、表示されている画像の削除は出来るようになった。


| | コメント (0)

佐野洋【不可解な使者】

不可解な使者佐野 洋 著
税込価格: 535円
出版 : PHP研究所
ISBN : 978-4-569-70039-7
発行年月 : 2008.9
利用対象 : 一般
巧みなプロット、鮮やかなラスト! 短編の名手の会心作!


発した者にとっては「ほんの【軽い意味】でしかなかった」のだが、一人の死を招いた冒頭作。

不用意な言葉は、怖い。

これに限らず、今回すべてちょっとひねりすぎの、怖い話が多かった。
そこへの持って行き方もやや強引なものが多く、あまり楽しめたとは言えなかった。



Kindle版価格:432円

| | コメント (0)

2019.03.19

ドラマ【いだてん】

Photo_2
この日曜日、はじめて大河の【いだてん】を観た。
視聴率の低迷にあえいでいるというが、面白かった。さすが、クドカン。
なぜ、視聴率が低いのか?
多分、「大河ドラマというのは……」という何かがあって、それから逸脱しているのだろう。
思い込みというのは、こういうところにも現れるのかなぁ。


| | コメント (0)

2019.03.18

阿波の朝






| | コメント (0)

2019.03.17

こんなところにいます









| | コメント (0)

おおさか東線「全線」開業! 新幹線ターミナルと大阪東部・奈良が直結

Large_190316_osakaeastopen_01

おおさか東線「全線」開業! 新幹線ターミナルと大阪東部・奈良が直結

城東貨物船と呼ばれていた頃から、幾星霜(おおげさ)。

実際に使うのは、5月からかな?


隣の駅から尼崎経由で新大阪へ出て、奈良を回って戻ってくるというのはありだと思うが……。


| | コメント (0)

2019.03.16

新快速「脱・痛勤」へ出発進行 JR西

Img01
新快速「脱・痛勤」へ出発進行 JR西、朝夕に有料座席

今日から、JRの新ダイヤが始まる。

おおさか東線の全通など、自分にも関係ある路線もあるが、まずは有料シートネタから。

これ、昼間も運行してくれたらいいのに。
姫路・野洲間なら、かなり乗りでがあるのになぁ。


| | コメント (0)

2019.03.15

立川こしら【その落語家、住所不定。】

その落語家、住所不定。

その落語家、住所不定。立川 こしら 著
税込価格: 821円
出版 : 光文社
ISBN : 978-4-334-04394-0
発行年月 : 2019/01/19
利用対象 : 一般

次に泊まるホテルに、アマゾンから衣服が届く。今日までの服はそこに脱ぎ捨て、新たなシャツで次の仕事場に向かう…。【「TRC MARC」の商品解説】より

朝日新聞書評の「著者に会いたい」で知った本。

本当に、著者は家を持っていない。定住ではなく、イベント等がある場所が、居場所だ。

Amazonで買ったものを、次に行く場所のホテルに届けさせるというのは、面白い発想だ。
また、爆買いしたものをAmazonに置いておき(その仕組みが今ひとつ判りにくいが)、必要なときに自分で買い戻すという仕組みも。他の方が買ってくれてもいいのだとか。


落語は究極のバーチャルリアリティで、お客の想像力に頼るという話には、非常にうなずけた。
実物よりもリアル感があるもの。

聞き手それぞれが、話し手の内容から想像を巡らしているって、考えてみれば素敵なことだ。


どれもに賛同できるわけではないが、興味深い生き方だと思う。
守りに徹していないのは、潔いと言えようか。


その落語家、住所不定。
Kindle版価格:820円


| | コメント (0)

藤岡陽子【トライアウト】

Photo_14価格:756円

発売日:2015/03/12
出版社: 光文社
レーベル: 光文社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-334-76883-6

 

新聞社に勤めるシングルマザーと、元プロ野球選手の再生までの道のり。女性の生き方を、真摯に見つめて描いた感動長編。【本の内容】

加奈子は、息子を故郷の両親に預けて東京で働いている。

校閲の仕事から運動部に回されたことで、入社当時に見た高校球児深澤翔介と知り合う。

深澤は、何故か加奈子の息子考太の父親を知っているような素振りをする。

 

このそれぞれに困難を抱えた二人がだんだん親しくなっていく過程が、応援したくなる。

 

 

| | コメント (0)

2019.03.14

車内販売縮小のなか…山陽新幹線では駅弁お届けサービス拡充 「駅弁デリ」スタート

Photo

車内販売縮小のなか…山陽新幹線では駅弁お届けサービス拡充 「駅弁デリ」スタート

またまた、山陽新幹線ネタ。
これは、駅弁を事前に申し込むと山陽新幹線の指定席まで届けてくれるというサービス。

車内販売を買うことは、めったにない。
しかし山陽新幹線では、オリジナルグッズを販売していたりするので、たまに呼び止めることもある。

このサービス、使えそうかなぁ。
でも、まずどこかへ出かけなくちゃ!

いいシーズンに入るんだけどなぁ。


| | コメント (0)

2019.03.13

気付けば3本だけの「ひかりレールスター」

Photo

気付けば3本だけの「ひかりレールスター」 山陽新幹線のエース、その栄枯盛衰

昨日、夏樹静子【77便に何が起きたか】で山陽新幹線のことが出てきたので、久しぶりにレールスターを思い出した。

ビジネスシートやサイレントシートがあり、何より座席が4列なのが嬉しかった。

新大阪や、博多へ行った折などに、たまに駅で停まっているのを見ることはあっても、もう乗ることはなくなってしまったなぁ。


| | コメント (0)

2019.03.12

夏樹静子【77便に何が起きたか】

77便に何が起きたか

77便に何が起きたか夏樹 静子 著
税込価格: 545円
出版 : 光文社
ISBN : 978-4-334-71538-0
発行年月 : 1992.6
利用対象 : 一般

東京発福岡行きの太平洋航空77便が、空中爆破された! 乗客の手荷物に時限爆弾が仕掛けられていたらしい。一方、爆死した乗客51名の中に、わずか人口5万のT住民が4人も含まれ、搭乗を取り止めた者の中にも1人、T市住民がいた。だが、5人の間には何の繋がりも見いだせなかった……?

収録作は表題作の他

【ハバロフスク号殺人事件】
【特急夕月】
【山陽新幹線殺人事件】
【ローマ急行殺人事件】

いずれも読んだことがあるような気がするが、忘れているものが多い。


【77便に何が起きたか】は、同じ市で共通するものを探していくという地味な捜査が実を結んだ。
当初、何の関係もないと思われた、事故の被害者たち。

最初の方でキーワードが出てきていて、それが実に見事に収束される。

遭難した人たちには、実は共通点があった。それが、そのキーワードなのだが。

偶然知ったことを利用して、ほぼ自殺的行為をした老女。
家族を巻き込まないための工作は、兄への感謝の表し方か。
それにしても、一生懸命伝えにいって事故死した会社員は憐れ。


【ハバロフスク号殺人事件】

まだソ連時代の話。
学生たちがソ連のハバロフスク号を使って大陸へ行く旅行をする。
その船内で、グループの一人佐紀子が殺されるという事件が起きる。

折しも北海道の高速道路計画があり、抑留されていた技師が登場し、と話は大きくなりそうだったが……。

解決してみれば、なんてこと無い話ではあったのだが。
諜報機関やら国家権力やらと、ありそうな話に引き込まれるが……。


【特急夕月】はunlimitedで、この一作だけ単独で読んだ。

列車時刻表のトリックというより、心理サスペンスのようで面白かった。


【山陽新幹線殺人事件】

山陽新幹線が開通した年の事件。
「ひかりは西へ」の頃で、使われる列車は「ひかり」。

お!列車トリックか!

と思わせて……。

このトリック、著者は他の本で使っておられた。自分でも確認してみたから覚えている。


【ローマ急行殺人事件】

有名な【オリエント急行殺人事件】の小型版?
パリからローマへ向かっている列車のコンパートメント内での殺人。
現場は、開かれた密室。

犯人は、コンパートメントにいた大人3人の内の誰かか?

事件の被害者は日本人で、その会社で働いていた男が、帰国して大学の恩師を訪ねてことの詳細を語る。
その話だけで、教授は真相を言い当てた。

途中重大なヒントがあるが、自分もアレッと思ったので嬉しかった。げに子どもは正直だ。


著者はトリックを考えるとき、必ず実験なさるとどこかで読んだことがある。これも、実際に乗ってみられたのかな?
と思っていたら、解説で触れておられた。

コンパートメントというのは、一緒に乗る乗客が誰か判らないから、不安になるような気がする。


この山陽新幹線では個室を備えた列車「レールスター」があって、いつか家族で乗ってみたかった。


画像は、中公文庫のもの。

77便に何が起きたか
Kindle版価格:864円


| | コメント (0)

2019.03.11

門司港駅、復元終え全面開業

Photo

門司港駅、復元終え全面開業 タモリさんもテープカット

昨年10月に下関へ行ったとき、帰路は船で開門海峡を渡った。

門司港に上陸したのだが、あいにく門司港駅は改修中だった。

もう一度行ってみたいなぁ。


5月以降、行きたいところが山ほど(?)ある。


| | コメント (0)

2019.03.10

早乙女勝元さんが語る東京大空襲「核並みの被害だった」

20150308_132438

早乙女勝元さんが語る東京大空襲「核並みの被害だった」

随分久しぶりにお名前を聞いた。86歳になられる。

【猫は生きている】 や【ベトナムのダーちゃん】など、なつかしい。
当時(っていつ頃だろう?)から、イクメンだった。

東京大空襲・戦災センター館長でもいらっしゃる。
この東京大空襲・戦災センターだが、アクセスにちょっと難ありだな。


| | コメント (0)

2019.03.09

銭湯名物、瓶の「フルーツ牛乳」終了へ

Photo_3

銭湯名物、瓶の「フルーツ牛乳」終了へ 次はペット入り

お風呂上がりには、腰に手を当ててフルーツ牛乳を飲む。

これは【 】にも登場したシーンだったが……。
自分では、まったく覚えがない。中学時代くらいまで、銭湯に通っていたはずだが。


しかし3月18日からは、ペットボトルで提供されるとか。

でも、やはり瓶から飲むのでなくっちゃ、という声も聞こえてきそう。


| | コメント (0)

2019.03.08

加藤実秋【メゾン・ド・ポリス】

メゾン・ド・ポリス

メゾン・ド・ポリス加藤 実秋 著
税込価格: 734円
出版 : 角川書店
ISBN : 978-4-04-105740-7
発行年月 : 2018/01/25
利用対象 : 一般

刑事・牧野ひよりが上司に言われて話を聞きに来たのは、なんと退職した元刑事たちが暮らすシェアハウスだった! 刑事魂が再燃したおじさん4人は…。【「TRC MARC」の商品解説】

せっかく刑事になれたものの、トンデモな意見を述べて失笑を買ったり、仕事はお茶くみだったり……。
そんなちょっと腐っていたひよりが訪れた「メゾン・ド・ポリス」とは。

ひよりが昔の事件のことを聞きにいったのは、惣一郎という、このハウスではまだ雑用をしている元刑事。

他にも、独り者の刑事たちが一緒に暮らしている。

家主の伊達。切れ者の迫田に、元科捜研の藤堂。
惣一郎は、なぜか50歳過ぎで退職している。何かわけがありそう。

人間だけで亡く、退職(?)警察犬も。


ひよりが持ち込んだというか、持ち込まされた事件を追っているうちに、現職時代を思い出してつい一生懸命になるおじさまたち。

そんなおじさまたちに囲まれて、ひよりも成長していく。


シリーズになっているようなので、もう少し読んでみよう。
と思いながら最後まで来たら、何だか事件が続いていく感じ。

さて、ひよりの失踪した父親はいずこに?


そうそう、カバー絵がまた面白い。
実際にはこんな穏やかな感じというよりは、もっと厳しい顔つきのような気もするが。


メゾン・ド・ポリス
Kindle版価格:


| | コメント (0)

2019.03.07

本日のランチ









| | コメント (0)

歌手の森山加代子さん死去「白い蝶のサンバ」などヒット

20180329_171018_hdr

歌手の森山加代子さん死去「白い蝶のサンバ」などヒット

他に「コーヒールンバ」とか「月影のナポリ」とか、あったなぁ。
又一人、昭和30年代に活躍した方が亡くなった。


| | コメント (0)

2019.03.06

和食レストラン梅の花、月2回の定休日

1

和食レストラン梅の花、月2回の定休日 働き方改革で

そう言えば、近場にお店が出来たのだった。


年に一度か二度、「梅の花のランチを食べる会」(?)がある。
メインはお喋りで、その際のランチに「梅の花」のお弁当を頼むというだけのことだが。


今年はいつ頃がいいかな?


| | コメント (0)

2019.03.05

奥田英朗【我が家のヒミツ】

我が家のヒミツ

我が家のヒミツ奥田 英朗 著
税込価格: 605円
出版 : 集英社
ISBN : 978-4-08-745749-0
発行年月 : 2018/06/21
利用対象 : 一般

結婚して数年が経ち不妊に悩み始めた夫婦、16歳の誕生日を機に初めて実の父親に会いにいくことを決意した女子高生…。平凡な家庭に訪れる、かけがえのない瞬間を描いた6編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

この紹介文は、少し違うなぁ。

冒頭作
【虫歯とピアニスト】は、歯医者の受付をしている敦美の話。
敦美がファンであるピアニスト大西がその歯医者に来るところから始まる。

敦美夫婦は子どもがいない。
それを咎める姑と対峙した、夫の孝明がカッコいい。
孝明の姉もいい人で、敦美は恵まれている。

姑の気持ちを知った敦美がやや落ち込んだとき、大西の言った言葉に励まされる。
大西は過去に一時期、ヨーロッパへ逃げていたときがあった。帰国後はそれ以前とはまったく違う演奏で、それで敦美もファンになったのだったが。

人生イロイロあるのだから。


【正雄の秋】
入社以来競い合ってきた同期に、最後のところで負けた正雄。
内心塞ぎ込むが、表には出せない。

しかしひょんなことから素直になれて……。
まぁ、こううまく心の切り替えが出来るとは、なかなか思えないが。


【アンナの十二月】は、本当の父に会いに行った高校生の話。
実父は、有名な演出家だった。
その暮らしぶりに憧れ、これまでの暮らしが急に色あせて見える。留学費用も出して貰えるかなとまで、思うようになる。

母親の、毅然とした態度が気持ちいい。
また、級友たちの父親の、これまたまっとうな助言も頼もしい。

いや何より、それを素直に聞く耳を持った彼女たちが、好ましかった。


【手紙に載せて】
定年近くになって妻に先立たれると、男はなかなか立ち直れない。
亮と遙の父も、そうだった。

亮の上司が同じ経験をしており、ある日父宛に手紙をくれる。
それを読んだ父は、少し元気になったようで、上司への返信を亮に託す。

ここでは、若い者ほど、他人のこうした不幸はまさしく「他人事」だということが描かれている。

近所の住む中学時代の同級生は、母の通夜に来てくれた。
彼は中学時代に父親を亡くしているが、亮はそのころはそれこそ「他人事」としてしか捉えていなかった。

年を重ねるほどに、こうした哀しみはいや増すものである。


【妊婦と隣人】
早めに産休に入った葉子は、毎日が暇である。
隣に引っ越してきた夫婦が気になって仕方ない。あまり親しくしたくない様子で、行動も何となく謎めいている。

葉子はコップを壁に付けて隣の音を聞こうとする始末。
夫からは、神経が疲れているのではと言われて傷つく。

しかし……
という、若干ミステリじみた展開だったが、やはり葉子の行動が少しやり過ぎのように感じた。


【妻と選挙】
康夫は、賞を取ったほどの作家だが、最近はややマンネリ気味で、出版社からのオファーも少なくなった。
そんな折、妻の里美が市会議員選挙に出ると言う。

市民活動からの手弁当選挙だったが、いざ始まってみると、思いと実際とのギャップに悩むことになる。
次回作が連載ではなく書き下ろしになったことで時間が出来た康夫は、里美の選挙を手伝うことに。

やや落ち目とは言え、賞作家。
地元にはファンもいて、思いがけずいい展開になっていく。
大学生になった双子の息子たちは、普段は自分勝手な行動をしているが、この時はかなり協力的だった。

結果、家族の絆が強くなったようだ。

この体験を書くというのも、康夫の脱マンネリに役立ちそうな気がする。
如何ですか、康夫さん。ファミリーものが人気だったのだから、ユーモア仕立ての小説は?


作家が作家のことを書いていらっしゃるのは、興味深いことが多い。

文芸誌に連載したものを単行本にするという流れが普通なのか。
とすると、書き下ろしというのは、連載の企画にならなかったということ?

年に何冊もの場合は殆どが書き下ろしだろうが、連載から書籍化が普通の流れ(?)というのがちょっと驚きだった。


我が家のヒミツ
Kindle版価格:562円


| | コメント (0)

2019.03.04

こんなところにいます









| | コメント (0)

2019.03.03

垣谷美雨【あなたの人生、片づけます】

あなたの人生、片づけます

あなたの人生、片づけます垣谷 美雨 著
税込価格: 700円
出版 : 双葉社
ISBN : 978-4-575-51945-7
発行年月 : 2016/11/10
利用対象 : 一般

「部屋を片づけられない人間は、心に問題がある」と考えている片づけ屋・大庭十萬里は、彼らの片づけられない原因を探りながら汚部屋を綺麗な部屋に甦らせる。気持ちスッキリ断捨離小説。【「TRC MARC」の商品解説】

【ケース1 清算】
春花の母は、娘の留守中に訪ねてきて、足の踏み場もない部屋にビックリして片づけコンサルタントの十萬里に依頼してしまう。

十萬里は、よくある依頼者と一緒に片づけるのではなく、部屋の様子を見てから、色々話をする。

一番の収穫が、春花の優柔不断な暮らしぶりに活を入れたことだろう。
最終部分では、重宝に使われていた同僚のパーティーへの出席も断り、これまた7年間も続いていた煮え切らない男と決別するのが気持ちよかった。

これも、十萬里が母親だと名乗って相手に電話をしてからだが。

ここまでするコンサルタントがいたら、面白いだろうな。


【ケース2 木魚堂】

高齢男性の一人暮らし。
娘が心配して、十萬里を寄越す。

木魚づくりというワザをもっている彼は、終盤孫にその技を伝達することで、コミュニケーションを取り戻す。

ドイツからのお客一家が面白かった。
孫は、現代の技術で、祖父の技を伝えていくことだろう。


【ケース3 豪商の館】

こちらは、女性の一人暮らし。
娘からの依頼で、十萬里が乗り込む。
どの部屋も綺麗に整頓していると自負している は、十萬里の態度が気にくわない。

しかし、あるわあるわ。いざというときのためのストックが出てくる、出てくる。

捨てることが出来ないし、もしもが心配な性格。将来不安型。

だが、描写がかなりくどくて、やや食傷気味になった。


【ケース4 きれいすぎる部屋】

今回は、十萬里が語り手になっている。
嫁があまりにも家を汚くしているのを見かねた姑からの依頼。

タイトルとは、どう結びつくのか?
と思ったが、なんとも悲しい理由があった。


あなたの人生、片づけます
Kindle版価格:562円


| | コメント (0)

2019.03.02

ラク~にはける靴下 はき心地グ~

Photo

ラク~にはける靴下 はき心地グ~ 高齢者や妊婦に好評

何だか面白い形をしているが、履いたら普通に見えるみたい。


| | コメント (0)

2019.03.01

2月の読書メーター

2月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:3346
ナイス数:418

羽生善治×AI羽生善治×AI感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-87a6.html
読了日:02月27日 著者:長岡 裕也
ミニマリストな暮らし方 ~ひとり暮らしから5人家族まで。人気インスタグラマー&ブロガー21人ミニマリストな暮らし方 ~ひとり暮らしから5人家族まで。人気インスタグラマー&ブロガー21人感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-b762.html
読了日:02月24日 著者:ミニマリストしぶ,おふみ
むかえびと (実業之日本社文庫)むかえびと (実業之日本社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-bbe3.html
読了日:02月22日 著者:藤岡 陽子
向田理髪店 (光文社文庫)向田理髪店 (光文社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-492b-1.html
読了日:02月20日 著者:奥田 英朗
羽生善治 (小学館版学習まんがスペシャル)羽生善治 (小学館版学習まんがスペシャル)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-4097.html
読了日:02月16日 著者:金田 達也,三条 和都
手のひらの音符 (新潮文庫)手のひらの音符 (新潮文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-8bb4.html
読了日:02月14日 著者:藤岡 陽子
雨の降る日は学校に行かない (集英社文庫)雨の降る日は学校に行かない (集英社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-63ef.html
読了日:02月12日 著者:相沢 沙呼
永遠の出口 (集英社文庫(日本))永遠の出口 (集英社文庫(日本))感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-d1e7-1.html
読了日:02月10日 著者:森 絵都
力士探偵シャーロック山 (実業之日本社文庫)力士探偵シャーロック山 (実業之日本社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-d630.html
読了日:02月07日 著者:田中 啓文
6  シックス6 シックス感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-50a2.html
読了日:02月06日 著者:早見 和真
おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん (富士見L文庫)おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん (富士見L文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-58d7-1.html
読了日:02月04日 著者:竹岡 葉月
廃校先生 (講談社文庫)廃校先生 (講談社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/02/post-5cc3.html
読了日:02月02日 著者:浜口 倫太郎

読書メーター


| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »