« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019.10.31

樋口 有介【少女の時間】

Photo_20191031221701

著者:樋口有介
価格:880円
カテゴリ:一般
発売日:2019/05/21
出版社: 東京創元社
レーベル: 創元推理文庫
サイズ:15cm/352p
利用対象:一般
ISBN:978-4-488-45917-8

未解決殺人事件を調べ始めた柚木。ところが調査を始めた途端に関係者が急死する事態に。美人刑事や美人依頼主など美女たちに囲まれて、柚木は真実にたどり着けるのか。柚木草平シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

柚木ものは、これまで
【探偵は今夜も憂鬱】と
【不良少女】を読んだ。

順番通りではないのだが、柚木はいつも同じ感じ。永遠の38歳?
今回は別居中の妻と暮らす、娘加奈子との夕食から始まる。
加奈子の方はどんどん成長していくのに、柚木は38歳のままなのか?

連続して読んでいないので、その辺りの人間関係もよく覚えていない。

さて本書では、その加奈子が持ちかけた奄美大島行きから、2年前の未解決事件へと入って行く。

しかしどうしてこう、個性的な女ばかりが登場するのだろう。

NPOが入っているビルの持ち主である山代千絵には、吐き気がする。
チチャなる酒は、気持ちが悪い。

 

唯一、柚木の娘加奈子の存在が救いだ。

最後に解った真相は、かなり辛い。

著者の自作解説によると、重い話でも笑ってもらえたらとのことだが、それは成功していると思う.
千絵の話以外は、けっこうユーモラスで楽しい。ちょっと過剰気味ではあるが。

 

柚木は実は几帳面な性格で、洗濯が趣味。

料理も得意で、「ジャガイモのピザ」はおいしそう。

薄切りにしたジャガイモとタマネギ、ベーコンとメルトチーズを加えてフライパンで焼く。
カマボコの生ウニ和え梅干し味
キウリの塩もみショウガ添え

 

| | コメント (0)

【3コマまんがですぐできる 10秒ゆるみストレッチ】と、10月の検索語

3-10

Twitterでフォローしている 柴 雅仁 さんの【3コマまんがですぐできる 10秒ゆるみストレッチ】を買った。
後日、「効果が出ました」という報告が出来ますように!

ボーっと生きてんじゃねーよ! チコちゃん好調のワケは(18.08.25)
赤い靴の女の子(14.03.15)


IPHONEアプリ:TEXTFORCE(14.10.02)
こんないいアプリを入れていたこと、まったく忘れていた。
実際には使い勝手がよくなかったのかな?また使ってみよう。

大阪駅前地下道:愛され半世紀、梅田の地下名店 月末退去(14.10.04)

コリン・デクスター【死者たちの礼拝】(17.07.12)
島崎今日子【この国で女であるということ】(06.12.18)
ボランティアの三原則(06.10.23)

パンネルは再び海を越えた(06.03.13)
JAWBONE MINI JAMBOX →BLUETOOTHが繋がらない(15.01.26)
落花の雪に踏み迷う(06.04.11)

ルブラン「怪人対巨人」(04.08.03)
「二の字点 ゆすりてん」と呼ばれる文字について(15.11.17)
ビブリオバトル(14.01.14)

荻原浩【月の上の観覧車】(12.08.31)
長尾幹也さんの歌(04.08.02)


志賀直哉と、9月の検索語

 

| | コメント (0)

2019.10.30

佐々成政、命がけの「さらさら越え」どの道をたどった?

300pxabotoge

佐々成政、命がけの「さらさら越え」どの道をたどった?

松本清張の短編で読んだのだったが、さてタイトルは何だったっけ?

あの時の家康との会見では、成果は得られなかったと書いてあったと思うが。
徒労に終わったという結末だったような。

今回の記事では、決死の行動は無駄ではなかったとあった。

 

| | コメント (0)

2019.10.29

iPHoneが反応しなくなった

20131018-161100

昨日(28日)の朝、iPhoneから電話をしたあともう一件電話しようとしたら、反応しない。

それどころか、LINEも中身が見えない。
PostEverから、投稿できない。
メールも、中身が読めない。

「設定」を見ても、まったく反応しない。

開けるときはスッと行くので、つまりパスコードもアウトということか。

ソフトバンクの回線不良か、それとも自宅のWi-Fi不調か?
自宅の環境なら、オフにすればどうか。

そのまま外出する時間になったので、外で見てみる。
4Gでも、つながらない。

ということは、いよいよiPhoneの不調だ。

困ったなぁ。

途中、LINEからの着信があった。どうやらネット接続は問題ないようだ

帰宅してから、家電から電話をしてみる。繋がったし、電話に出ることも出来る。

こんなときは、Google先生にお伺いをば。

対処法として、「再起動」というのがあった。

これ、他人様にはしょっちゅう言ってるんだよね。
自分のこととなると、うろたえてしまって脳が働かなかった。

はい、電源オフにして入れ直したら、使えるようになりました。

でも、どうしてこうなったのだろう?

まだ不安は残るが、とりあえず良しとしよう。

 

| | コメント (0)

2019.10.28

「スローカーブを、もう一球」モデルの川端俊介さん死去

20121020-102838

「スローカーブを、もう一球」モデルの川端俊介さん死去

この記事を読んで、【スローカーブを、もう一球】を読み始めた。

センバツ高校野球にも出場しておられたのだな。
随分お若い死だ。ご冥福をお祈りいたします。

画像は、大宮のではない。
7年前の、リニア・鉄道館にて。

 

| | コメント (0)

2019.10.27

ドラマ【シャーロック】第三話

20191005-102503

今回のは、非常に判りやすかった。

市川の態度。
若宮から市川への電話、など。

若宮君、いい感じになってきたなぁ。
今回、ベーカー街の少年探偵はスケボーを使っていなかった。

まだ捕まらない「守谷」とは。
そうか!「モリアーティ」のことだ!

 

| | コメント (0)

2019.10.26

佐藤多佳子【明るい夜に出かけて】

Photo_20191026092101

著者:佐藤多佳子
価格:737円
カテゴリ:一般
発売日:2019/04/26
出版社: 新潮社
レーベル: 新潮文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-10-123736-7

富山は、ある事件がもとで心を閉ざし、大学を休学して海の側の街でバイトをしながらひとり暮らしを始めた…。実在の深夜ラジオ番組を織り込み、夜の中で彷徨う若者たちの孤独と繫がりを暖かく描いた青春小説。【「TRC MARC」の商品解説】

第30回山本周五郎賞受賞

佐藤多佳子さんは好きだ。

接触障害の学生富山は、大学で当時の女友だちに触れられたのを機に学校へ行かなくなり、家を出てバイトで暮らしている。
バイト先のコンビニでの人間関係も、なかなかうまくいかない。

第一章の「青くない海を見てる」では、そんな富山の暮らしを描く。

第二章「ミス・サイコ」では、同じラジオのリスナーがコンビニにやって来る。
この子との関わりを描いていく。ミス・サイコとは、富山が彼女に奉った名称。

第三章「二つの名前」では、コンビニバイトの先輩・富山の高校時代からの友人永川、それにミス・サイコこと佐古田も加わってのSNS関係を。

第四章「ただの落書きなのに」
富山がバイト仲間である「だいちゃ」の出演したライブの感想を書き付けた「落書き」を当人に見られ、やがてそれが歌詞に昇華していく顛末を。

第五章「エンド・オブ・ザ・ワールド」では、好きで聞いていたラジオ番組がまさかの終了に。

本書では、深夜番組の二部から一部に昇格し、また二部になることで生き延びたアルコ&ペースという実在のコンビも登場していた。

休学中の一年間で、富山が成長していく様子が、彼のモノローグだけで描かれていく。

4人の関係も次第に深まっていき、彼らとのつきあいによって、気がつくと富山は少しずつ変化していたのだった。

解説の朝井リョウさんは深夜番組も持ってらして、実に丁寧な解説文を書いて下さっていた。

 

| | コメント (0)

穴あき靴下、新品に永久交換 1足2千円、強気の戦略

129649291_th

穴あき靴下、新品に永久交換 1足2千円、強気の戦略

これ、いいな。
1足2千円って、そんなに高いほうではないでしょ?
ある程度の価格を出した方が、丁寧に履くと思う。

冬用のがあれば買うのだけど。
今はアルパカ製を履いているのだが、割合早くモコモコになりすぎ。

これの関連記事として、

ぐるり逸品)靴下 奈良県広陵町、大和高田市 ずれない締めない、奈良ブランド

というのもあった。こちらのレディースも色々なデザインがあって履きやすそう。

和紙を使ったブラウスを、昔買ったことがある。涼しくて快適だった。

画像は、奈良産のもの。

 

| | コメント (0)

2019.10.25

ヤマトがアマゾン向け運賃を値下げ!

20131018-160110

ヤマトがアマゾン向け運賃を値下げ!2年前の値上げから一転の事情

読んでみると、「ふーん」という感じ。

Amazonからの荷物はヤマと君がほとんどだったのに、ヤマトが運賃値上げを言い出した頃から、『アマゾンです』という宅配業者による配達が増えた。
ヤマト君の場合、それまでは配達の人もほぼ決まっていて割合感じよかったのが、最近は色んな人が来る。
チャイムを鳴らしてすぐその場を離れて車の方へ行く(らしい)女の子がいた。返事をしても応答しない。こちらは誰が来ているのかわからないから、相手を確認したいのに。
その旨伝えても、一向に学習しない。きっと荷物が多くて焦っているのだろう。

そういえばあの子、最近来ないなぁ。

当地から市駅へ行く途中に、大きな建物が出来た。『あれは何ですか?』と、送ってくれる人から必ず聞かれる。
(アマゾンの)物流センターだという噂もあったが、何なのか、未だに知らない。

 

| | コメント (0)

2019.10.24

駅ぴかぴかにして待ってたんよ

600pxjrw_geibi_line_dc_kiha120_series

駅ぴかぴかにして待ってたんよ 91歳、芸備線に恩返し

よかったなぁ。

今、東北地方の第三セクターを舞台にした小説を読んでいる。
ちょうど大雨の被害を受けて運休にせざるを得ない状況に追い込まれたところへきた。
運休するということは、大変な損失になるようだ。

芸備線が再開して、本当によかった。
駅がきれいだと嬉しいね。

3月にやっと全線開通した三陸鉄道は、台風19号で再度被災。全線復旧のめどが立たないという。

 

| | コメント (0)

2019.10.23

志賀直哉【小僧の神様―他十篇】

2_20190930205201

著者:志賀直哉
価格:691円
カテゴリ:一般
発行年月:2002.10
出版社: 岩波書店
レーベル: 岩波文庫
サイズ:15cm/238p
利用対象:一般
ISBN:4-00-310462-5

志賀直哉は、他人の文章を褒める時「目に見えるようだ」と評したという。作者が見た、屋台のすし屋に小僧が入って来て一度持ったすしを価を言われて置いて出て行った、という情景から生まれた表題作のほか、「城の崎にて」「赤西蛎太」など我孫子時代の作品を中心に11篇を収めた、作者自選の短篇集

【城の崎にて】以外のものを幾つか読む。

【好人物の夫婦】

この夫が「好人物」なのかな?
奥さんの方は、夫を疑いながらも、口に出して言えるのがいい。
夫も、そういう意味では正直者なのだろう。

 

【流行感冒】

一人子どもを亡くすと、親は非常に神経質になる。特に父親に、その傾向が強い。

ある秋流感が流行って、怯えた父親(語り手)は女中に人混みへ行かないよう厳命する。

にもかかわらず芝居へ行った女中に対する感情と、自身流感に罹って家族にうつした中で、一人よく働いてくれたその女中への気持ちの変化が面白い。

【焚火】

関東のどこかに住んでいる人たちが、何となく語り合い、湖畔で焚火をするという話。
その話し合っている内容は、ああ聞いたことあるなといった話もある。

収録作は他に

【小僧の神様】

【正義派】

【赤西蠣太】

【母の死と新しい母】

【清兵衛と瓢箪】

【范の犯罪】

【真鶴】

 

【小僧の神様】と【清兵衛と瓢箪】は中学時代に読んだっけ。
引き続き少しずつ読んでいくが、ここでアップする。

 

| | コメント (0)

2019.10.22

マックデリバリーを頼んでみた

Delivery_mcdelivery_thumbnail01_pc

「マックデリバリー はじめました」というチラシが入っていた。

ちょうど娘たちが来るというので、頼んでみた。

ネットからしたかったのだが、いつも行くお店はデリバリーをやっていないようだ。
それに、カード決済が出来ないとかいうツィートもあったりして。


チラシを見ると電話番号があって、そこは注文専用電話のようだった。

しかし、繋がらない。始まって日が浅いのと土曜日のせいか?


ようやく繋がって、諸々頼んで時間指定をした。
時間指定なのに、30分ほど遅れるという連絡が入る。
きっと、てんてこ舞いなんだろうな。

1500円以上でないとダメなので、一人で注文はきびしいな。
デリバリー料が300円也で、こちらはしっかり消費税10%だった。

 

| | コメント (0)

2019.10.21

ドラマ【シャーロック】

20181020-121300

何となく視聴。

途中まで、キザであんまり面白くないと思いながら見ていた。バイオリンを弾くのも、如何にもの感あり。

しかし、結構面白かった。

事件の登場人物である若宮が、レギュラーになるとは。

この子(若宮役)、けっこういい感じ。

 

それにしても、何という悪女。

父親が母親に内緒だよと唇に指をあてたときの、子役の笑顔がとてもよかった。
この子(本当に子ども)、随分上手だなぁ。

あと、ベーカー街の子ども探偵も面白い。

 

| | コメント (0)

2019.10.20

中途半端な読書

20191017-113528

秋になると、途端に忙しくなった。
ほぼ毎週講習会があるので、その準備に追われている。

移動時間がある分本を読む時間はあるのだが、その時々で違う本を読んでいるため読了本が出てこないのだ。
↓ は、現在読んでいる本。

茂木健一郎・羽生善治【「ほら、あれだよ、あれ」がなくなる本】

堂場瞬一【凍結捜査】

志賀直哉【小僧の神様】

司馬遼太郎【街道を行く】

真保裕一【ローカル線で行こう】

佐藤多佳子【明るい夜に出かけて】

夏目漱石【明暗】

かなりひどい状態だ。

 

| | コメント (0)

2019.10.19

支援はモノよりお金で 「第2の災害」を生まないために

20191017-111650

支援はモノよりお金で 「第2の災害」を生まないために

その通りだと思う。

千羽鶴が一番困るとの報道もあった。

「第2の災害」を生まないために、という部分が気になったので読んでみた。

熊本市の大西市長は、物資を分けるマンパワーの不足などを挙げておられる。
ま、物資を運ぶ交通手段のことなどもあるだろう。

ふるさと納税で応援するという方法もあるんだな。

 

| | コメント (0)

2019.10.18

娘と新幹線、「誘拐犯」と通報された

20191016-124043

娘と新幹線、「誘拐犯」と通報された 大反響の先に思う

記事の中で、まだまだ男性の育児が珍しいからというのがあった。

怪しまれないために子どもとおそろいの服を着るとか、おとなしめの髪型にするとか、も。

劔さんの妻の犬山紙子さんは、「痴漢に遭わないために女性も目立つ服装をしない方がいい、と言われるのと同じ発想だ」と仰る。

お二人とも、「通報は大事だ」ということは強調していらっしゃった。

 

画像は、随分久しぶりに行った私鉄駅近くのお店。

お弁当だが、これにサラダとスープ、デザートとドリンクがつく。
美味しゅうございました。

 

| | コメント (0)

2019.10.17

大和川

B96c8129a7f74c2585ee9b3abecfd77e

阪和線です

 

| | コメント (0)

2019.10.16

貫井徳郎【明日の空】

Photo_20191016095301

著者:貫井徳郎
価格:704円
カテゴリ:一般
取扱開始日:2013/04/25
出版社: 東京創元社
レーベル: 創元推理文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-488-42505-0

日本で新たに高校生活を始めた帰国子女の栄美。クラスメイトは明るく親切で、栄美は新しい生活を楽しみ始める。だがひとつ奇妙なことが。気になる男子とデートの約束をするようになるが、なぜかいつも横槍が入り…。【「TRC MARC」の商品解説】

これ、ミステリーなのかな?

第二部でミスリードらしき描写になっているが、かなり違和感がある。

第一部で、すでに第三部で明らかになる伏線が張ってあるのだった。
言葉が色々な意味に取れるという例かもしれない。勿論登場人物たちは判ってしゃべっているのだが。

青春ミステリーということで期待したが、さほどでもなかった。
悪役が、高校生にしては悪辣すぎる。

大学生になった栄美の行動は、やはり見ていてハラハラさせられる。
でも現実にも、こういう女子大生は多いのだろう。
名門大学と言われているところで起きる不祥事のことが、何となく納得出来るような。

 

| | コメント (0)

2019.10.15

防災訓練

20191015-141149

地上へ出たら、防災訓練をしていました。

全然緊迫感がありませんね。

 

| | コメント (0)

つれあいのスマホ

20191005-102946

つれあいのスマホのLINEが出来なくなっていた。

結局店へ行ってもらったのだが、もしかしたらと思った処置で直ったみたい。

「あずさ」はしばらく走らないみたい。

 

| | コメント (0)

2019.10.14

柚月裕子【慈雨】

Photo_20191011001201

著者:柚月裕子
価格:836円
カテゴリ:一般
発売日:2019/04/19
出版社: 集英社
レーベル: 集英社文庫
ISBN:978-4-08-745858-9

16年前の幼女殺害と酷似した事件が発生。かつて刑事として捜査にあたった神場は、退職した身で現在の事件を追い始める。消せない罪悪感を抱えながら…。【「TRC MARC」の商品解説】より

表紙が、堂場俊一【ラストダンス】(12.09.17)と似ている。

神場が妻と四国遍路をしながら、立ち寄った先々で現職時代を思い出す。

その話が、結構辛いものが多い。

娘幸知の生い立ちも、途中で語られる。

また、神場が巡礼に出ようと思ったのは、過去の事件への悔恨があるからだ。
折しもその16年前と同じような事件が起き、捜査は難航している。
神場は元部下の緒方から連絡を受けながら、常に過去と向き合っている。

その事件については折に触れ語られるが、実際に具体的に出てきたのは、ほぼ半分ほど経ったところでだ。
任官中の出来事など細々と語りながら、何となく引っ張っているような印象も受けた。

また、16年前の事件に触れてからも、くどくどと同じところを繰り返し述べているのに、イライラする。
従って、読みはなかなか進まない。

そして、神場がたどり着いた推測は、読んでいるものにも容易に想像できるものだった。

結局神場の結論が正しかったのだが、もっとテンポよく進んで欲しいと思いながら読み進めたのだった。

 

登場人物たち

神場智則
妻 香代子
娘 幸知(さち)

緒方圭祐 :元部下で幸知の恋人

鷲尾調(さとし) 神場の2つ年下。今は群馬県警捜査一課長。

川瀬(53歳) 遍路ころがしで三度出会った逆打ち巡礼の男。暗く、深い闇に満ちた目。この男の話から神場はヒントを得る。

遠壬山(とおみやま)

ここに出てくる「宇和海展望タワー」には、ぜひ行ってみたい。

最終場面、何もかもが落ち着いて結願時へ向かうとき、「慈雨」が降る。
このシーンはよかった。

 

| | コメント (0)

2019.10.13

廃校の石碑、裏側は驚きの仕様 訪問者の質問、ヒントに

20191010-152216

廃校の石碑、裏側は驚きの仕様 訪問者の質問、ヒントに

こういうの、面白い!

設置したのは、「コカ・コーラ ボトラーズジャパン」 。
水族館の正面から見ると、「椎名小学校」というのが見え、その前にはプランターが置いてある。
側面には、校歌と学校の歴史が彫られている。

裏っかわ(実は正面)は、普通の自販機。コインで缶飲料が買える。

動画で、館長さん(かな?)が『感無量です、缶売ってますけど』と、手に飲料の缶を持って仰っていた。

 

| | コメント (0)

2019.10.12

高校のグラウンド隅にある家

20191005-121209

少し前になるが、高校のグラウンド隅にある家 校長先生が学校に住む理由という記事があった。

「校長公舎」というそうだが、「教員宿舎(?)」というのは無くなったのだろうか。

 

叔父は岐阜県郡上郡(現郡上市)で教師をしていたが、広い郡内での単身赴任もあった。
そんなとき、学校の敷地内に教員住宅があり、そこに住んでいた。

ある夏、叔父についてこの家に行ったことがある。
アパート式ではなく、一件ずつ分かれていたような。いや、入り口は一つだったかな?

雪深い土地で、冬はここから校舎までかなり時間がかかったのだとか。

近くに水の澄んだ川があり(郡上はどこも川がきれいだ)、そこから水を引いてプールのようにしてあったような。

はるか記憶の彼方に沈んでしまったが、懐かしい思い出である。

その叔父が亡くなって、はや5年が経つ。

 

| | コメント (0)

2019.10.11

原田マハ【旅屋おかえり】

Photo_20191007092401

著者:原田マハ
価格:660円
カテゴリ:一般
発売日:2014/09/19
出版社: 集英社
レーベル: 集英社文庫
ISBN:978-4-08-745225-9

あなたの旅、代行します! 売れない崖っぷちアラサータレント“おかえり”こと丘えりか。おかえりは行く先々で出会った人々を笑顔に変えていく。感涙必至の“旅”物語。

スポンサーの名前を間違えるという取り返しのつかないミスをして、たった一つ持っていたレギュラー番組は打ち切りに。

 

その後、番組を観ていたという親子から、娘の代理で旅をして欲しいという依頼を受ける。
その娘は難病で、自分で動くことが出来ない。
父母と一緒に訪れた角館は、雨だった。

青空の下、満開のしだれ桜を見てきて欲しいという依頼。

この旅がいい。
しだれ桜が満開の角館に、絶対に行きたい。

そして不器用な父親が、精一杯示した愛情も。

 

これがきっかけで、「代理旅屋」の仕事がスタート。

 

徐々に好調になってきた頃受けた依頼は……。

ここにも、家族のしがらみと優しさがある。
この悦子会長というのは、本当にデキた人だ。

「おかえり」を娘のように思っていた鉄壁社長も、今度は心から幸せを感じることが出来るだろう。

 

そして「おかえり」は、懐かしいふるさとへ帰る。

 

ああ、内子町へも礼文島へも、行ってみたいなぁ、自分で。

 

| | コメント (0)

2019.10.10

宇都宮行き

20191003-1830331_20191010162801

先週の水曜日から土曜日まで、宇都宮に行ってきた。
宇都宮は、今回で三回目だ。
これまで餃子を食したことはなかったが、今回は3個食べた。

懇親会で隣席の人が、『餃子がない、餃子がない』と騒いでいた。
いくら宇都宮でも、ホテルのディナーに餃子は出ないでしょう。

アトラクションが無い代わりに、バーテンダーによるカクテルサービスがあった。
これに、長蛇の列。
おいしかった。

で、終わってから近くの居酒屋へ行く羽目に。

 

| | コメント (2)

2019.10.09

歳月

20191005-143646

歳々年々人同じからず

月日は人を変えてしまう。懐かしくはあるが、さびしい。

 

| | コメント (0)

2019.10.08

イートイン防止でベンチ撤去 福岡の百貨店のデパ地下

20191005-103038

イートイン防止でベンチ撤去 福岡の百貨店のデパ地下

この手の対策(?)は、あちこちで聞く。
まったくヒドイ話だ。

 

| | コメント (0)

2019.10.07

伊坂幸太郎【サブマリン】

Photo_20191002211701

著者:伊坂幸太郎
価格:726円
カテゴリ:一般
発売日:2019/04/16
出版社: 講談社
レーベル: 講談社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-06-514595-1

無免許事故を起こした19歳は、近親者が皆、死亡事故に遭っていたと判明し…。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

【チルドレン】から何年か経って、はまた陣内と同じ職場になった。
永瀬は次の盲導犬をパートナーとし、武藤と知り合いになっている。

 

この武藤は、貧乏くじを引くタイプらしい。無免許事故を起こした19歳は、近親者が昔、死亡事故に遭っていたと判明。また15歳のパソコン少年は「ネットの犯行予告の真偽を見破れる」と言い出す。

これらの情報と陣内が過去に関わった少年たちとの接点が、物語を動かしていく。

思いがけないことがリンクして伊坂ワールドを繰り広げ、どんどんのめり込んでいける。

19歳が起こした事故は、果たして偶然だったのか?
それとも、復習のような(加害者から観れば)必然性のあったことなのか。
そして被害者の顔も、浮かび上がってくる。彼と、加害少年との関係は?

それにしても、陣内という人物。いい加減なようでいて、深い洞察を持っているようでもある。

 

本書を読んでいるときに、ながらスマホの女子高生の乗った自転車事故で、今も意識の戻らない方のことをテレビで観た。
ほんの一時報道された事故の影には、月日が経っても癒やされない関係者の思いがある。

 

| | コメント (0)

2019.10.06

「てっぱく」へ行ってきた

20191005-104242

歩き回って疲れた。

もう少し経ったら、また書くかも。

 

| | コメント (0)

2019.10.05

多摩川

183a1ab6948647cf9b7b85b83fec090c

さよなら東京

また来月

 

| | コメント (0)

こんなところにいます

0745f80fbb5e4442b89b848c8d6711e4

 

| | コメント (0)

軽減税率

20191003-1830331

10月からの消費税増税に伴って、キャッシュレスでのポイント還元というのが始まったようだ。

しかし、ただ単にキャッシュレスで支払うとポイントが付くのではなく、色々ややこしそうだ。

宇都宮駅で「JREポイント」(だったか?)に今すぐ登録しよう、というポスターが貼られていた。

ホテルで挑戦するも、うまくいったのかどうか、判らない。

しかし明くる日コンビニで買い物をすると、「キャッシュレス還元」とやらで支払額から18円引かれていた。
同じ店で前の日に買物をしたときにはそんなのはなかったから、うまく登録出来ていたのだろうか?

よくわからない。

 

宇都宮は、カクテルの街でもあるのだった。

 

| | コメント (0)

2019.10.04

奥田英朗【ナオミとカナコ】

Photo_20190929091401

著者:奥田英朗
価格:832円
カテゴリ:一般
発売日:2017/04/11
出版社: 幻冬舎
レーベル: 幻冬舎文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-344-42589-7

望まない職場で憂鬱な日々を送る直美。夫の暴力に耐える加奈子。追いつめられた2人が下した選択とは−。【「TRC MARC」の商品解説】

ドラマ化もされたらしい。

学芸員の資格をもち、その仕事をしたくてデパートに就職した直美。
おとなしくて、専業主婦になった加奈子。だが、夫のDVに悩んでいる。

以下ネタバレ

性格のまるで違う二人の女性が、最後には手に手を取って逃亡行をはかる話。
犯罪だけど、うまく逃げられればいいなと思う。

直美が万引きをした李朱美に惹かれていくあたりからが、俄然面白くなる。
李朱美のところで見た従業員が、加奈子の夫とそっくりだったのだ。
そこで浮かんだ「妙案」。

著者には、【インザプール】や【【我が家のヒミツ】といったほんわかとした著書もあるが、けっこう怖い話もある。

本書は後者の方かな。

 

| | コメント (0)

2019.10.03

宇都宮の朝

B41b8331f4b54e428699bc11f737572f


| | コメント (0)

駅員悩ますワイヤレスイヤホン、線路にポロッに苦肉の策

20121004-142636

駅員悩ますワイヤレスイヤホン、線路にポロッに苦肉の策

確かにコードのないのは快適だが、色々不具合もある。

iPhoneの場合、充電器が結構重たいこと。

それに、耳にちょうどよく入るとは限らないので、つけている間中違和感があること。

補聴器では、耳に入れなくても耳朶に掛けるだけのものもあるという。
そんなイヤホンが出来ればいいのに。

 

| | コメント (0)

2019.10.02

多摩川

43c84942255a4834a5fbb7e98e5f8622

こんにちは 東京

でも 今日も素通りです

 

| | コメント (0)

GoogleグループMLでの連番

20150930-093342

GoogleのMLは、どうも扱いにくい。
それでも悪戦苦闘しながら、幾つか登録している。

今回久しぶりに追加したら、連番の付け方を忘れていた。
ググって、教えていただく

参考サイト

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1701/13/news033.html

ありがとうございます。助かりました。

 

| | コメント (0)

志賀直哉【城の崎にて】

Photo_20190930184001

著者:志賀直哉
価格:562円
カテゴリ:一般
発行年月:2005.4
出版社: 新潮社
レーベル: 新潮文庫
利用対象:一般
ISBN:4-10-103005-7


円熟期の作品から厳選された短編集。交通事故の予後療養に赴いた折の実際の出来事を清澄な目で凝視した「城の崎にて」等18編。

この中の【城の崎にて】は、確か中学の教科書に出ていたのではなかったか。

湯治中に見聞きしたこと、感じたことが綴ってある。

屋根の上の蜂の死は、妙にハッキリと覚えている。

散歩中に見たネズミの、死の間際の闘い。

偶然投げた石に当たって死んでしまったイモリのこと。

つい、自身のことと重ね合わせて考える著者がいる。

 

今回は【城の崎にて】だけを読んだのだが、他の作品も読んでみよう。
こうした文章の達人の本は、折に触れ読み返すにふさわしい。

画像は新潮文庫のもの。

 

 

| | コメント (0)

2019.10.01

9月の読書メーター

9月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:3428
ナイス数:644

名馬を読む名馬を読む感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-aa17cc.html
読了日:09月28日 著者:江面 弘也
だいじょうぶだよ―ぼくのおばあちゃんだいじょうぶだよ―ぼくのおばあちゃん感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-ea2f6e.html
読了日:09月27日 著者:長谷川 和夫
退職刑事〈4〉 (創元推理文庫)退職刑事〈4〉 (創元推理文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-b82af1.html
読了日:09月26日 著者:都筑 道夫
クドリャフカの順番 (角川文庫)クドリャフカの順番 (角川文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-9d8fb9.html
読了日:09月23日 著者:米澤 穂信
チルドレン (講談社文庫)チルドレン (講談社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-6eb6f1.html
読了日:09月19日 著者:伊坂 幸太郎
不良少女 (創元推理文庫)不良少女 (創元推理文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-240ddd.html
読了日:09月17日 著者:樋口 有介
愚者のエンドロール (角川文庫)愚者のエンドロール (角川文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-a60aaf.html
読了日:09月14日 著者:米澤 穂信
追悼ディープインパクト (Gallop21世紀の名馬シリーズ)追悼ディープインパクト (Gallop21世紀の名馬シリーズ)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-846429.html
読了日:09月10日 著者:週刊Gallop
アンソロジー 捨てるアンソロジー 捨てる感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-9946a0.html
読了日:09月08日 著者:大崎 梢,篠田 真由美,松村 比呂美,光原 百合,柴田 よしき,新津 きよみ,永嶋 恵美,近藤 史恵,福田 和代
谷中びんづめカフェ竹善 猫とジャムとあなたの話 (集英社オレンジ文庫)谷中びんづめカフェ竹善 猫とジャムとあなたの話 (集英社オレンジ文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-6106af.html
読了日:09月06日 著者:竹岡 葉月
パレードの明暗: 座間味くんの推理 (光文社文庫)パレードの明暗: 座間味くんの推理 (光文社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-681d46.html
読了日:09月04日 著者:石持 浅海
リーチ先生 (集英社文庫)リーチ先生 (集英社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/09/post-23f929.html
読了日:09月02日 著者:原田 マハ

読書メーター

| | コメント (0)

明日から「大阪」付くで! 阪急が改称「大阪梅田」駅に

20121001-205301

明日から「大阪」付くで! 阪急が改称「大阪梅田」駅に

10月1日!

消費税増税の始まる日
衣替えの日 また暑さが戻ってきているが。

そして、阪急阪神梅田駅改名の日。

天声人語には、「変えなくてもいいのに」的ニュアンスでの一文が掲載されたこともあったが。

 

画像は、七年前の十六夜の月。

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »